便利になると面白くない。趣味は不便な方が楽しい。

趣味を楽しむために不便を受けいれよう 趣味
スポンサーリンク

最近は、技術の発展で「誰でも」「簡単に」出来るようになったことが多いですよね。何も知らないシロウトでも熟練のプロのようにできるようになった技術はすごい。でも、便利になると面白味がなくなってしまう

仕事だったら効率化を求めて便利な世の中の方が良いですが、趣味は不便だから面白いと思いませんか?

便利な世の中になると趣味の面白味がなくなる。

同じことをするにしても、わざわざ不便な方法で行うと面白いことが多い。例えば、炊飯器があるのに、わざわざ土鍋でご飯を炊くとかね。失敗もするけど成功したときの達成感が違います。

コンビニに行けば何でも揃っちゃう時代だけど、急須で淹れたお茶を飲むなんて無駄のようだけど、やっぱりカッコ良いよね。そう、趣味はカッコ良くないとダメなんだよ。きっと。

便利は良いもの?

私は仕事ではSEとして効率化なんてことを考えたり、便利になるようなシステムを構築したりしています。仕事だったり、毎日のタスクだったり、それなりで良いこと、誰もやりたくないことはコンピュータにやらせた方が良いですよ。

私も全自動洗濯機なら洗濯をする気になるけど、洗濯板と石けんを渡されて「洗濯、よろしく」なんて言われたら「ムリ」って即答しちゃう。炊飯器だってお米を洗ってセットするだけでご飯が炊けるから良いですが、いくら美味しいと言っても毎日、土鍋でご飯を炊くなんて面倒くさくなります。

便利になること、効率を求めることは悪いことではありません。でも、不便だから楽しいことってありますよね。不便なことをどうやって攻略するかを考えることって面白くありませんか?

失敗もないけど成功もない

誰でも同じように出来るようになると失敗が少なくなりますよね。失敗をしたくないときは技術の発展はプラスに働きます。でも、みんなと一緒になるだけで達成感と言うか、成功を感じることがない。できて当たり前。

趣味として楽しむなら、やっぱり少しくらい不便な方が良い

さっきの話じゃないけど、ご飯も炊飯器で炊くのと土鍋

同じ写真を撮るにしても、フィルムカメラで露出やシャッタースピードを計算して撮るとか趣味だったら、時間的な余裕と言うか、ねえ、分かります? 不便だけど、その行為に楽しさを見つけたい。

クルマの運転をそうですよね。オートマで誰でもソコソコ快適に運転できるようになると面白味が少なくなってしまう。もちろん快適に移動することも必要なことですよ。でも最近のクルマは運転が楽しいと思うことが少ない。趣味としてドライブをするなら運転が楽しい方が良いですよね。楽しめるクルマはやっぱり、少し不便なクルマではないでしょうか。

何でも効率を求める必要はない

生活をするときに「面倒くさい」と思うことは、人それぞれだと思います。でも何でも便利になってしまうと生活が面白くなくなってしまいます。特に楽しむことに関しては不便な方が良い。

周りからみると「なんて余計なことをしているんだ?!」と思うことを真剣にやっているのって、カッコ良いと思いませんか。私は「何で?わざわざ?」なんてと言う行動をしている人をカッコ良いと思ってしまいます。

例えば、自動運転がどうのこうのと話題になっている時代にマニュアルで重ステのミニに乗っているとかね。無駄だよね。普通の生活なら。でもカッコ良い。

遊びがないと人生つまらない

何でもそうですが、楽しむためには『不便』が必要。不便なこと、面倒くさいことをどうやって解決をするかが面白いと思いませんか? 仕事や家事のようにやらなければいけないタスクは便利にボタンひとつでできた方が良いですが、趣味は便利になる必要はありません。

きっちり合理的に目的を持って生きていくことは、面白くありません。人生にも趣味の時間を持ち、息抜きをしなければ、息が詰まってしまいます。

遠回りや失敗をするから成功したときの感動が大きくなると思います。遊びがないとつまらない。便利な世の中になると遊びが減り、生きるのが辛くなってしまいます。趣味だから余裕を持ち、不便も受け入れられます。

いつまでも楽しんで生きるためには、少々の不便を受け入れましょう。

最後までお読みくださりありがとうございます。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

ひらめをフォローする
スポンサーリンク
第18研究室

コメント

タイトルとURLをコピーしました