アンチエイジングの最大の敵は『活性酸素』!! 身体のサビを抑えましょう

アンチエイジング
スポンサーリンク

年齢を重ねても、いつまでも健康的な生活を送りたい。

どうしても年齢を重ねると新陳代謝の低下やホルモンバランスの崩れなどにより、若かったときと比べると体型や肌の状態など身体的に変化が起こってしまいます。

その変化を少しでも遅らせようとアンチエイジングという考え方が出てきました。

最近注目されているのが、身体の酸化、つまり身体の『サビ』。

病気や老化は、身体のサビの原因である活性酸素によるものです。その活性酸素を無効化する『抗酸化』が注目されています。

この記事では、アンチエイジングを目指すあなたに知って欲しい『抗酸化作用』についてお話します。

抗酸化作用について知り、アンチエイジングに役に立ててくださいね。

アンチエイジング の敵『活性酸素』とは

活性酸素という言葉を聞いたことがありますか?

活性酸素とは、肌のシミやシワなどの老化現象、動脈硬化やガンといった重大な病気の原因として注目されているのが活性酸素です。

活性酸素とは、他の物質を酸化させる(サビさせる)チカラが強い酸素で、呼吸によって体内に入る酸素のうち、約2%が活性酸素になると言われています。

活性酸素は殺菌力が強く、体内では細菌やウィルスを撃退する役目をしています。でも、活性酸素が増えすぎると正常な細胞を酸化させてしまいます。

活性酸素は、体内で細胞を傷つけ、病気や老化の原因となります。活性酸素は老化、肌のシミやシワ、糖尿病や動脈硬化やガンなどの原因と言われています。

体内の活性酸素は年齢を重ねるとともに増えると言われていますが、ストレスやタバコ、激しい運動や多量の飲酒、紫外線なども活性酸素の増加の原因になっています。

その身体で悪さをする活性酸素を無効化することが『抗酸化作用』です。

年齢とともに減少する抗酸化作用

人間の体内には元々、尿酸、アスコルビン酸、メラトニンといった抗酸化物質が存在しています。私たちの身体には、元々抗酸化作用が備わっています。

しかし、年齢を重ね、20代を過ぎると徐々に抗酸化作用は低下してしまいます。つまり、年齢を重ねると体内の活性酸素が無効化されずに増えてしまいます。

先ほどもお話したように活性酸素は老化や病気の原因となる物質です。

その活性酸素を無効化する『抗酸化』について詳しく見ていきましょう。

抗酸化作用って何?

私たちは呼吸をして酸素を吸い、エネルギーを作り出し生活をしています。酸素を取り込むと同時に活性酸素が体内で生成されます。体内に取り込まれた酸素の約2%が活性酸素になると言われます。

体内で増えた活性酸素によって、細胞の酸化を抑制することを『抗酸化』と言い、活性酸素から身体を守ることが抗酸化作用と呼ばれています。

抗酸化とは身体の中をサビつかせない(酸化を抑える)ことですが、活性酸素は元々、人間の体内で無毒化されています。しかし、活性酸素が多過ぎると無効化できずにダメージを受けてしまいます。

年齢を重ねると活性酸素を無効化することが低下してしまいます。なので、食事などで外部から抗酸化作用の強い成分、抗酸化物質を摂ることがアンチエイジングにつながっていきます。

抗酸化物質とは

そんな活性酸素の減少が見込める物質を抗酸化物質と呼びます。抗酸化物質とは酸化しやすい物質のことで活性酸素などによって私たちの細胞が酸化される前に優先的に酸化され、活性酸素を無効化してくれます。

この抗酸化物質は、食事で摂取することができます。

20代をピークに体内で活性酸素の無効化の能力が減少してくるのは、お話した通りです。なので、普段の食事で抗酸化作用の高い成分、抗酸化物質を摂ることが大切になってきます。

抗酸化作用の成分や成分が多く含まれている食品については以下の記事でまとめています。

活性酸素を減らしアンチエイジング

活性酸素を上手くコントロールするのは食事だけではありません。普段の生活を見直すことで活性酸素の増加を防ぐことがきます。

ストレスや睡眠不足、タバコ、多量の飲酒などは活性酸素の増加につながってしまいます。どうしても現代人はストレスフリーで生活することは難しいですよね。

活性酸素を増やしてしまう原因を知り、少しでも活性酸素を減らすことがアンチエイジングにつながるのではないでしょうか。

活性酸素を増やしてしまう生活習慣
  • 過度の飲酒
  • 喫煙
  • 激しい運動
  • 紫外線
  • ストレス
  • 睡眠不足

アンチエイジングのために生活習慣を変えて、それがストレスになってしまっては本末転倒です。

普段から規則正しい生活にすることが、アンチエイジングに一番良いのではないでしょうか?

最後までお読みくださりありがとうございます。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

ひらめをフォローする
スポンサーリンク
第18研究室

コメント

タイトルとURLをコピーしました