二日酔いのにおい対策!!口臭や体臭、酒くさい原因を消す方法

スポンサーリンク

二日酔いの予防や対策もそうですが、お酒を飲んだ後に気になるのが『酒くささ』。

お酒を飲んだ後や翌日の二日酔いのとき、本人はなかなか気づかないけど、周りの人は完璧に気づいています。なぜなら、酒くさいから。

お酒を飲んだ翌日の朝、起きたときに部屋中に漂う酒の匂い。

僕の場合、飲み過ぎた翌日は、身体もヌルヌルするし、オヤジとしての加齢臭に加えて、二日酔い独特のにおいが気になります。

朝からシャワーを浴びて、完璧だと思っても、飲み過ぎた日はやっぱり酒くさいですよね。

二日酔いのときの口臭や体臭はどうすれば良いのでしょうか。

二日酔いの口臭、体臭

お酒を飲むと、なぜ、ひどい口臭や体臭を発するのでしょうか。

二日酔いの口臭や体臭の原因はアルコールが分解されたアセトアルデヒド。アセトアルデヒドはネズミ臭とか生ごみ臭と言われる悪臭があります。

このアセトアルデヒドは、二日酔いの原因です。本来はさらに分解され酢酸、水と二酸化炭素になって体外に排出されます。

でも飲み過ぎで、分解されずに体内の残っているのアセトアルデヒドが二日酔い、口臭や体臭の原因です。

さらにアルコールには利尿作用があり、体内の水分が奪われます。そうすると口が乾燥して唾液が分泌されなくなります。口が乾くと口臭の原因になります。

『酒くささ』対策

自分のにおいは、なかなか気づきにくいですよね。特にお酒を飲み過ぎて二日酔いのときは、気にする元気もない(笑)

適度な酒量であれば、肝臓で分解され、次の日には体内にアルコールやアセトアルデヒドは、残っていません。でも、飲み過ぎて肝臓で分解されなかったアルコールやアセトアルデヒドは血中に残留してしまいます。

そうなるとにおい成分となり、酒くさい口臭や汗といっしょに体臭として匂うようになります。

この『酒くさい』状態を改善するためには

  • 肝機能の能力を高めて体内のアセトアルデヒドを分解する。
  • アルコールそのものを体外に排出する。
  • においの原因のアセトアルデヒドの消臭

酒くさい対策としては、アルコール、アセトアルデヒドを早く分解することが大切です。

アセトアルデヒドの分解を促進

肝機能の能力を高めるためにはどうすれば良いのでしょうか。肝臓や肝臓内で働く酵素はタンパク質で構成されているため、肝機能の回復にはタンパク質が欠かせません。

お酒を飲むときの『つまみ』としてタンパク質を積極的に取りましょう。

豆腐や肉、魚、乳製品などタンパク質が多い食べ物を『つまみ』として食べながらお酒を飲む。また、海産物に多く含まれるタウリンもアセトアルデヒドの分解を促進します。

タコやイカは高タンパク質だし、タウリンを多く含んでいるので『つまみ』には最適です。

また、しじみも肝臓の働きを良くすることが知られています。そのしじみは良質なタンパク質やビタミンB12など肝臓の働きを助ける栄養素が含まれています。

居酒屋のしめに「しじみの味噌汁」も口臭、体臭対策に強い味方です。

しっかりと水分を補給

また、アルコールの利尿作用により排出された水分をしっかりと補給しておくことは、口臭対策に効果があります。

お酒を飲むとトイレが近くなりますよね。それはアルコールの利尿作用によるもの。お酒を飲み過ぎると必要な水分を排出してしまいます。そうすると口内が乾燥してしまいます。

口内が乾くと唾液が分泌されなくなり、口内で雑菌が繁殖します。口臭の原因のひとつは口内の雑菌によります。

飲んで寝る前に水分を取ることは、お酒により脱水症状の緩和だけでなく、口臭予防にも効果的です。

寝る前に水分を取り、体内に必要な水分を補給しましょう。

二日酔いの朝に『フルーツ』

飲みすぎの翌日にアルコール臭がしてしまうのは、飲んだアルコールの量が肝機能の許容量を超えてしまっているからです。

分解しきれなかったアルコール成分やアセトアルデヒドが、口臭や体臭の原因です。

リンゴやグレープフルーツ、柿などのフルーツにはポリフェノールが含まれています。このポリフェノールは、消臭効果があります。

また、フルーツにはアセトアルデヒドの分解を促進する成分が含まれてるし、二日酔いの水分にも効果があります。

フルーツが摂れない場合は果汁100%のジュースなどでも同様の効果が望めそうです。

フルーツと同じ理由で、ポリフェノールが含まれているガムや緑茶も消臭に効果があります。

シャワー、お風呂

二日酔いの朝は熱めのシャワーやお風呂に入るのもおすすめです。

汗臭い体臭対策だけでなく、お風呂に入ることで血行が促進され、アルコールの分解を高めてくれます。また、汗をかくことでアルコールやアセトアルデヒドを体外に排出することができます。

気をつけて欲しいのは、二日酔いのときは脱水症状になりやすいので水分補給をしてからシャワーやお風呂に入ってください。

ガム、タブレットで誤魔化す

ここまで頑張ってもどうしても、アルデヒドの甘い匂いが残ってしまうときは、ミント系のガムを噛んでごまかしましょう。

ガムが噛めない場合は、フリスクなどのタブレットを食べながら、体内のアルデヒドが分解されるまで誤魔化す。

僕もフリスクを常備していますよ。二日酔いの口臭対策と言うわけではありませんが、オヤジの身嗜み(?)としてフリスクやミンティアなどのタブレットを食べています。

口臭、体臭対策まとめ

二日酔いの口臭、体臭対策は以下を意識する必要があります。

  • 肝機能の能力を高めて体内のアセトアルデヒドを分解する。
  • アルコールそのものを体外に排出する。
  • においの原因のアセトアルデヒドの消臭

そのためには、良質なタンパク質、タウリンを含む『つまみ』と一緒にお酒を飲み、お酒を飲んだ後は水分を補給する。

そして、朝起きたらフルーツを食べ、熱いシャワーやお風呂で汗を流しましょう。

それでも、飲んだ翌日の臭いが気になるのであれば、飲み方、飲む量を変えることを考えてみてましょう。

最後までお読みくださりありがとうございます。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

ひらめをフォローする
スポンサーリンク
第18研究室

コメント

タイトルとURLをコピーしました