ボジョレーヌーヴォーとは?! 今年もボジョレー解禁間近!! 2019年の解禁日は11月21日

買い物
スポンサーリンク

お酒好きじゃなくてもワインのボジョレー・ヌーヴォーは聞いたことがありますよね。

ボジョレー・ヌーヴォーとは、フランスのボジョレー地方でその年に収穫されたブドウを使った新酒のワインのこと。

ボジョレーヌーヴォーは、毎年11月の第3木曜日に解禁されます。解禁されるまでは売ってはいけないので、解禁日になると世界中の人が一気にボジョレー・ヌーヴォーを飲みはじめます。それこそ、お祭り騒ぎ。

日本でもテレビの影響もあり、毎年11月の第3木曜日。バブルの真っ只中の1988年に日本でもボジョレーの解禁祭りが始まったそうです。

ボジョレー・ヌーヴォーの解禁日は、ミーハーの人たちがボジョレー・ヌーヴォーを飲んで盛り上がるだけでしょなんて思っているかもしれませんが、それでも良いじゃない。

だってお酒って盛り上がってコミュニケーションを取るための飲み物じゃん?!

楽しめれば良いんですよ。難しいことは無し!!

ボジョレーヌーヴォーとは

多分、日本で一番有名なワインが「ボジョレー・ヌーヴォー」だと思います。ワインを普段飲まない人でも、知っている銘柄ですよね。

そもそもボジョレー・ヌーヴォーとは、原産地はどこなの? なんでこんなに人気になったの?

そんなウンチクを知っていれば、ちょっとだけ楽しく飲めるかも知れません。

最初の知識として知っておいて欲しいのですが、ボジョレー・ヌーヴォーは色々なメーカーから出ているんですよ。

僕も昔知らなくて、女性の先輩に笑われた恥ずかしい記憶があります。

ボジョレー地方でその年に取れたブドウで作ったワインをボジョレーヌーボーと呼ぶので、種類はたくさんあるんです。例えば

などなど飲み比べてみるのも楽しいかも知れませんね。

ボジョレー地方でその年に取れたブドウで作る

ボジョレー・ヌーヴォーの『ボジョレー』とはフランスのブルゴーニュ地方の南に位置する土地の名前で『ヌーヴォー』はフランス語で「新しい」と言う意味。

つまり、ボジョレー地方の新しいワインと言う意味なんですね。

ちょっと歴史的な話をするとボジョレーヌーヴォーは、元々、ボジョレー地方でブドウの収穫をお祝いするために作られていたそうです。

地元のブドウで作った出来たてのワインを飲む習慣から始まったそうですが、収穫したてのフレッシュなワインを飲めると人気になり、ボジョレーの近くのリヨンで大人気なったそうです。そしてパリにも広がりました。

それだけ人気になると先行利益を取ろうとする輩が出てくるのは、どの国でも一緒なんですね。他より早く出荷しようと考える人が出てきます。そうすると発酵が十分にされていない粗悪なボジョレーヌーボーが市場に出回ってしまうことになってしまいました。

そこでフランス政府は、粗悪品の流通を防ぐために解禁日を設けることにしました。解禁日を決めることで、粗悪品が流通することがなくなると考えたわけです。そして解禁日を決めた後のボジョレーヌーヴォーは粗悪品が減り、良質なワインだけが流通するようになったんです。

解禁日が11月第3木曜日になった理由

ボジョレーヌーヴォーの解禁日は最初11月11日だったそうです。この日はカトリックの「聖人の日」で縁起が良いと言うことでボジョレーヌーヴォーの解禁日として縁起が良いよねと決まったそうです。

その後11月15日に変更されたりしたそうですが、そもそも当時のフランスでは土日は定休日と言うお店が多くて解禁日を日付で決めてしまうとボジョレーヌーヴォーが解禁されても販売できないと言う問題が発生しました。

なので、解禁日は曜日固定にしようよってことで、1984年にフランス政府は『毎年11月の第3木曜日』をボジョレーヌーヴォーの解禁日に決めました。

人気の火付け役は「ジョルジュ デュブッフ」

元々、ボジョレー地方の人たちがブドウの収穫をお祝いするために飲んでいたワインだったボジョレーヌーヴォーですが、今では世界中で飲まれているワインになりました。

日本でもワイン好きじゃなくても、ボジョレーヌーヴォーと言うワインを知っているくらい有名ですよね。

ボジョレーヌーヴォーを世界に広めるキッカケになったのが「ジョルジュ デュブッフ」と言うワインを作っていた醸造家です。

今では、デュブッフさんが作ったワイナリーのボジョレーヌーボーが定番になっています。

その人がどうしてもボジョレーヌーヴォーの美味しさを広めたいと考え、1970年代にボジョレーヌーヴォーの解禁を祝うイベントを行ったそうです。そのイベントは大成功をしました。

そして気を良くしたデュブッフさんは世界各地でボジョレーヌーヴォーのイベントを開催しました。その結果、ボジョレーヌーヴォーは世界中でよく知られるワインになったそうです。

ちなみにデュブッフさんは『ボジョレーの帝王』なんて呼ばれているそうです。

2019年の解禁日は11月21日

2019年のボジョレーヌーヴォーの解禁日は、11月21日(木)です。

日本ではボジョレーヌーヴォーの解禁日はお祭り騒ぎ。ボジョレーヌーヴォーの生産量の半分が日本に輸入されています。

世界中で親しまれているボジョレーヌーヴォーの生産量の半分を日本に輸入されているなんて、ちょっとびっくりしてしまいますよね。

日本は日付変更線の関係で、ボジョレーヌーヴォーを飲む国で最も早く解禁日を迎えます。フランスよりも先に飲める国だし、何よりも日本人は初物が大好きな国民性もあってお祭り騒ぎをしているんですよね。

もちろん、美味しいワインなので大歓迎なのですが、日本人はちょっと騒ぎすぎのような気がします(笑)

僕もワインの味を覚えたのもボジョレーヌーヴォーだったので何とも言えませんが。。。

ボジョレーヌーヴォーってどうなの?

お祭り騒ぎになるくらいの有名なワインのボジョレーヌーヴォーですが、あまり美味しくないなんて話を聞いたりしますよね。

実際にワインをよく飲むようになってから飲むボジョレーヌーヴォーは、薄いと感じます。赤ワインは寝かせることが多く、どっしりとしたワインが多いのですが、ボジョレーヌーヴォーは軽い。

ボジョレーヌーヴォーは通常のワインと違った製法で短い期間で作られるため、渋みや苦味が少なくてフレッシュでフルーティな味わいで、赤ワインというよりは軽い、ロゼワインに近いイメージです。

軽くて比較的アルコール度数も低いのでワイン初心者にはおすすめできるワインなのですが、どっしりとした赤ワインを求めているワイン通の人からすると物足りないと感じてしまうのかも知れません。

僕の場合、ワインを飲む機会ってあまりなくて、会社のお姉様がたとお洒落なお店にお食事に行くときとボジョレーの解禁日くらいなのですが、ボジョレーヌーヴォーは赤ワインとしてじゃなくて、ボジョレーヌーヴォーとして飲むと美味しいですよ。

ボジョレーヌーヴォーの美味しい飲み方

赤ワインは常温で飲んだ方が美味しいと言われますが、ボジョレーヌーヴォーは冷やして飲んだ方がおいしいかも知れません。

と言うのは、赤ワインは常温で飲んだ方が良いと言われる理由は、赤ワインを冷やすとタンニンによる赤ワイン特有の渋みが強調されてしまうから。

ボジョレーヌーヴォーは元々渋みが出ないので冷やして飲んでも美味しく飲めます。

ワインを飲むときに重要なのがグラス。ワインはグラスで味が変わる飲み物です。ワイングラスと言っても赤ワインと白ワインでは形が全然違うんですよ。

ちょっとアマゾンでチェックすると

赤ワイングラス

白ワイングラス

ワインは香りを楽しむお酒でもあるので、飲み口が狭く、ワインが空気に触れる面積が少ないチューリップ型のワイングラスを用意しましょう。

ボジョレー用のグラスもありますが、頻繁にワインを飲まないのであれば上記の白ワイングラスがおすすめです。と言うのもこれくらいのワイングラスだと白ワイン、ロゼワイン、ボジョレーヌーヴォーをカバーできます。

赤ワインは流石に別のグラスを用意した方が良いけど、汎用性が高いのでワイン初心者は、白ワイングラスを用意しておいた方が良いと思います。

ボジョレーヌーヴォーは初心者におすすめ

ワインって色々な種類があるし、難しいと感じてしまうことが多いですが、ボジョレーヌーヴォーはお祭りのワインだし、日本人の口にも合うワインだと思います。

元々、ボジョレーヌーヴォーはカジュアルなワインだし、みんなでワイワイ飲むのがボジョレーヌーヴォーの魅力だと思います。

ちょっとミーハーぽくて「ボジョレーが苦手」なんて人も、「ワインは難しくて苦手」なんて人も今年の解禁日に仲間とワイワイグラスを傾けてはいかがでしょうか?

ではでは。

最後までお読みくださりありがとうございます。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

ひらめをフォローする
スポンサーリンク
第18研究室

コメント

タイトルとURLをコピーしました