安い自動車保険を選ぶ唯一の方法。結局、どこが安いのか

お金の話

「少しでも安い自動車保険を選びたい」と思い検索をしているのに「自動車保険の基礎知識」や「安いプランの選び方」などなど、一番安い自動車保険を知りたいだけなのに、自動車保険の知識や情報ばかり・・・。

テル
テル

どこが安いのかを知りたいのにウンザリする・・・

そげまる
そげまる

そう思う・・・

あちこちのサイトを検索して、彷徨った挙句、最後は「おすすめ検索サイトはこちら」みたいなサイトが多くないですか?

一番安い自動車保険はどこなんだ

初めに言っておきますが、あなたにとって一番安い、得する自動車保険というのは調べても出てきません。元も子もない話ですが、自動車保険は「見積もりを取ってみないと分からない」というのが正解です。

テル
テル

一番安い保険はどこだっ?

そげまる
そげまる

一括見積を取るのが手っ取り早い

テル
テル

そうなのか?

そげまる
そげまる

保険会社で条件が違うから比べるのが一番早い

このページでは、あなたにとって「一番安い自動車保険は一括見積もりを取ってみないと分からない理由」について解説していきます。

「理由なんて必要ない」と僕を信じてくれるのであれば、この先を読む必要はありません。一括見積もりをしてください。

\一括見積はコチラ/

一番安い自動車保険は人それぞれ違う

自動車保険は、年齢や条件などなど色々な要素で金額が変わります。同じ製品でお店によって金額が違うスマホのように最安値を見つけられるのであれば「この保険会社が一番安い」とおすすめできるのですが、自動車保険は、そんな風におすすめができません。

おそらく、この記事に辿り着くまで、色々なサイトをご覧になったと思いますが、保険会社を比較するサイトばかりでおすすめの自動車保険は「どの会社、どのプラン」なのかが、はっきり書かれているサイトはありませよね。

誰かにとって安くておすすめの保険でも、あなたにとって、安い自動車保険であるということはありません。

僕も友達に「〇〇の保険は安いよ」なんて、言われて契約をした経験があるのですが、更新時に再検討(一括見積)をした結果、年間で数万円安くなりました

他人におすすめされた自動車保険より、一括見積をした方が安くなったのです。

一括見積しないと分からない理由

自動車保険の会社はターゲットとしている客層が違います。保険会社のターゲットと一致した条件だと安く契約ができます。というのも「こういう人と契約をしたい」と思う客層に対して、金額を下げることでその客層を集めることができるからです。

つまり、保険会社が求めているターゲットに一致すれば安くなるし、反対にターゲット層から外れてしまうと高い保険料がかかってしまいます。

例えば、以下の二人で考えてみましょう。

  • 免許を取り、スポーツカーを買ったばかりの18歳(カイト君)
  • 運転歴30年のベテランドライバーで、無事故無違反のミニバンユーザーのお父さん(佐々木さん)

保険会社は、事故を起こすと保険金の支払いをしなければなりません。なので、普通に考えれば、18歳の免許を取ったばかりで、やんちゃなカイト君は保険料が高く、無事故無違反のミニバンに乗っている佐々木さんは保険料が安くなります。

そこに「若くてスポーツカーに乗っているけど、安全運転をする」とか「今までは無事故無違反だけど、ガンガン飛ばして運よく無事故無違反だった」なんて個人的な性格や環境などは保険会社は考慮していません。

なので「同じ保険会社なら」カイト君は保険料は高く、佐々木さんは保険料が安くなります。

間違いなく、同じ保険会社なら若くて、事故を起こしそうなクルマを乗っている人の方が保険料は高くなります。この「同じ保険会社なら」という条件が大切なんです。

佐々木さんが無事故無違反なので当然「ゴールド免許」そして「ゴールド免許割引」がある保険会社が多いので、保険料の割引が適用されます。しかし、その割引率は保険会社によって違います。

例えば、戦略や考え方が違うA社とB社がある場合、以下のようなことが起きます。

※ あくまでも例なので、実際の金額とは違います。

 一般的なA社チャレンジのB社
カイト君15万円12万円
佐々木さん2万円4万円

同じ保険会社であれば、カイト君より佐々木さんの方が安いです。ですが、佐々木さんからするとA社の方が安い(A社2万円、B社4万円)。でも、カイト君にとってはA社の方が高い(A社15万円、B社12万円)

テル
テル

なんでそんなことが起こるんだ?

そげまる
そげまる

保険会社の考え方が違うからなんだ

テル
テル

どういうことだ?

この現象は、保険会社によって考え方やターゲットとしている客層が違うから起きます。

A社は、事故が起きた時、保険金を支払うリスクを抑えたい。保険料収入は少ないけど、支払額を減らそう。という考え方なので、若い人、やんちゃなクルマに乗っている人より、事故率が低いベテランドライバーに多く加入して欲しい。

それに対してB社は、事故が起きた時は、多額の保険金を支払うのはしょうがない。その分、保険料収入を増やせば良い。という考え方なので、事故率が高い若い人、やんちゃなクルマに乗っている人でも、多く加入して欲しい。ゴールド免許割引も少しにしよう。

保険会社によって、考え方の違いがあるのでどちらがお得なのかは、人それぞれの条件によるのです。だから、一括見積をしてみないと、あなたに取って「一番安い自動車保険」なのかは分からないのです。

例えば、サンデードライバー(平日はクルマを使用しない人)の割引があったり、走った分だけのような割引があったりします。そんな割引も同じで、クルマに乗る時間が短ければ、事故を起こす確率が低い、だから割引をしようという考え方の保険会社もあるし、走行距離は関係なく一律で保険料を設定している保険会社もあるのです。

テル
テル

そもそもの保険料と割引率が違うのか

そげまる
そげまる

そんな違いは見積を取らないと分からないんだよ

テル
テル

確かに色々な保険会社で見積を取らないと分からないな

そげまる
そげまる

そう言ってるじゃん・・・

あなたのカーライフに合った自動車保険が一番安い保険になるのです。だから、一括見積をすることが安い自動車保険を選ぶ唯一の方法なんです。

\一括見積はコチラ/

一括見積をしても電話はかかってきません

なんとなく、一括見積をした方が、安い自動車保険を見つけられることは分かって頂けたでしょうか。

テル
テル

一括見積をすると電話とかバンバン掛かってきそうだよな・・・

そげまる
そげまる

そんなイメージはある。でも掛かってこないよ

一括見積をすると保険会社から電話が掛かってきそうなイメージがありますよね。中古車の査定とかだとバンバン電話が掛かってきます。ちなみに僕は中古車の査定、引っ越し屋の一括見積サイトを利用した時は、申し込んで直ぐに電話が鳴りまくりました。

でも、自動車保険の場合は、基本的に電話は掛かってきません

自動車保険の場合は、一括見積サイトで入力した内容を見るだけで、保険料を見積もることができます。なので電話をして確認する必要がありません。

中古車の査定だと「一度、現車を確認させて頂けませんか?」とか「今から見積に伺って良いですか?」なんて、競合他社に現車を取られないように我先にと連絡をしてくるんです。

自動車保険の一括見積は、各保険会社からの見積メールが届くだけ。見積メールが来たら、比較をして一番安い自動車保険を選ぶだけです。煩わしさは、ほとんどありません。

安い自動車保険を選ぶ唯一の方法

あなたにとって一番安い自動車保険を選ぶ唯一の方法は、出来るだけたくさんの保険会社から見積を取ることでしか分かりません。「この保険会社が安い」なんて友達に言われても、あなたにとっては高くなるなんてことも起きてしまいます。

ただ、現実的には多くの保険会社から見積を取るのは難しいですよね。でも適当に決めてしまうと保険会社、プランによって年間数万円の差になります。

数万円あったら、ガソリン代や、駐車場代、自動車のカスタマイズに回したいですよね。

インスウェブの自動車保険一括見積なら最大20社から見積を取ることができます。

インスウェブの自動車保険一括見積は、多数のの保険会社が参加しており、あなたに合った自動車保険が見つかります。1,000万人超えのドライバーが利用しているので安心です。

CMでお馴染みの保険会社も一括で見積もることができます。

安い自動車保険を探しているなら、一括見積をしてみてください。きっと納得する自動車保険を見つけられると思います。

事故にあわないのが理想ですが、万が一に備えてきちんと自動車保険に加入しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました