SEから転職するにはどの業界が良い?! しっかりとSEのスキルが身についていれば転職で潰しが効く。

SEの転職 仕事・働き方
スポンサーリンク

私はシステムエンジニア(SE)として20年以上、システム開発業界にどっぷりと浸かっていましたが、去年、商社に転職しました。

私は運良く、今の会社に誘われて何の苦労もなく転職ができました。本当はサラリーマンを辞めるつもり、カッコ良く言えば『フリーランス』になるつもりで前職を退職。

システム開発会社から、商社に転職をしたのですが、SEのスキルはどんな業種でも潰しが効く。私は商社に転職しましたが、営業としてバリバリ働いている訳ではありません。社内SE兼、経営企画として働いています。

SEとして、しっかりとお客様にシステムの提案や業務改善の提案を行ってきていれば転職後も、とても重宝されます。

なぜならば、どんな会社でも改善点があり、改善の提案できるヒトが少ないから。SEはどの業界でも活躍できます。でも、転職は慎重に考えてましょう。

転職は難しくない

ひと昔前までは、ひとつの会社に就職したら、定年まで勤めるのが当たり前。就職した会社に終身雇用してもらうのが当たり前の時代でした。その頃は転職のイメージは決して良くありませんでした。

しかし、現在は終身雇用神話も崩れ、一部上場の大企業であっても、経営不振で会社が潰れたり、潰れないとしてもリストラをする時代です。多くの若者は、会社に多くを求めていない。そうすると転職に対するイメージも悪くなくなってきます。実際にテレビCMでも転職サイトや転職エージェントが多く流れています。

少し前までは転職先を探すのも、ひと苦労でした。しかし、現在はネットでもサービスが発展しているので、転職サイトに登録したり、転職エージェントに相談したりして簡単になっています。

少しの勇気と判断力があれば、転職は難しくありません

自分のためにスキルを身につける

ただ転職をするためには、自分の武器が必要。厳しい意見に感じるかもしれませんが、自分の武器がなければ、転職は難しい

これはSEだけじゃなく、他の職種でも同じ。中途採用をしたヒトを教育する会社なんてある訳がない。転職を受け入れる企業は、新卒じゃなく、中途で採用するということは教育する必要がない、少なくとも新卒より教育にかける時間もコストも少ないと思っています。

何でも良いんです。ひとつでも武器を身につけるSEとしての武器を身につけていない場合は、システム開発業界に転職して、武器を身につけるという方法もあります。

プログラマは他の業界に転職しにくい

プログラマは他の業界に転職しても潰しが効きません。何故かというと、社内でシステム開発をするような会社はありません。ちょっとしたマクロを組んだり、今あるシステムの保守などは、あるかもしれませんが、大規模なシステム開発はアウトソーシングするのが当たり前になってきています。なので、他業界でプログラマは活躍する場が少ない。

プログラマは、他の業界での需要はありません

プログラマで転職を考えている場合は、システム開発業界で転職をしてSEのスキルを身につけた方が賢明です。SEのスキルを身につけた後、この記事に戻ってきて頂ければ幸いです。

SEの需要は多、できるSEは少

小売業、配送業、商社、製造業、農業。。。どの業界にもIT化、システム化を考えている企業が多い。ITの発展や少子高齢化での働き手の不足をシステムに任せたい。とか、導入したシステムのリプレースなどSEの需要は高い。でも、転職市場でSEはそれ程、多くありません。(プログラマは多いですが。。。)

これからもしばらく、この需要と供給のバランスは均衡することが、出来ないと思います。

私は、システム開発会社から、商社に転職をしました。元SEが商社で、何をしているかというと、システムの要件定義や設計をやりながら、経営企画として運用手順の見直しや将来に向けた経営戦略の提案などを行っています。

私は前職の最後は、ウェブデザインとサイトの構築をメインとしていましたが、本来の仕事はSE。派遣ベースのシステム開発会社で請負部隊のトップとして10年間、システムの提案や設計、構築をしていました。

転職後の会社から、私に求められているスキルは、業務改善の提案とシステム化です。営業としての能力は求められていません。

私が再就職した会社だけでなく、会社の業務改善やシステム化は、これから将来に向けて会社を継続するためには必要なこと。そして、業務のノウハウは社外秘にしたいことが多い。

社内にロジカルに考え、提案できるヒトがいれば問題ないのですが、あまり経験があるヒトがいません。なので、中途採用でも欲しい。

勘の良い人なら気づくと思いますが、この業務改善をロジカルに考えるスキルは、SEが持っているスキルと同じ。だからSEの需要が高い。

残念なSE

SEは本当に需要が多く、引く手数多(あまた)です。でも中途採用をする会社からすると残念なSEもいます。せっかく転職したのに三行半を叩きつけられてしまう。

残念なSEとは、SEと呼ばれていてもプログラマの仕事をしている場合

結構、システム開発をしているヒトでも、勘違いをしているヒトが多いのでお話しておきます。

設計をしているのでSEだ。との勘違いですね。プログラミングの設計をするのはプログラマです。SEはどんなシステムにするかを設計するヒト。どうやってプログラミングするかを考えるのは、プログラマなんですよ。

SEが活躍する工程は、プログラミングのライフサイクルで言えば、要件定義、基本設計、機能設計くらいまで。自分がプログラマかSEかの判断をする場合、要件定義や基本設計をしたことがあるか、しているのであればSE。機能設計しかしたことがないのであればプログラマ。

転職で求められるSE

SEのスキルで企業に求められているのは改善する能力。SEとして働いていると見についている能力です。

転職先が求めている人材は、業務分析、改善案の提案、客先でのプレゼンを行うスキルを持っているSE。

システム開発をしている現場からすると、SEの作業より、ちょっと上流工程のスキルだと感じますよね。でも、システム開発業界以外の人達が持つSEのイメージは、このような感じです。

そんなスキル、今の職場で求められて無いし、ハードル高いよ。

そんな意見が出るのも、わかリます。実際、日本のSEと名乗っている人のうち、上流工程をメインで行っている人は10%いません。

他業界の人が持つイメージに近いSE、すなわち、改善力があるSEが他業界で求められています

必要なスキルは”分析力”と”提案力”

この記事を読んでいるあなたが、私のように運良く、分析〜提案業務をしているSEであれば、即戦力で他業界に社内SEや経営企画として、歓迎され転職できます。

でも、経験があるSEは稀です。経験がないからと諦めないでください。SEとして働いているということは、スキルを身につけるチャンスがあるということ

現在、行っている業務の中で意識をすれば、身につけるコトができます。例え、経験がなくても「自分だったら、こうする」とか「こうした方が、もっとうまくいく」とロジカルに考えながら、仕事をする。

あなたにもSEとしての経験があるので、SEとしてロジカルに考えることはできるハズです。ロジカルに考えて、業務の改善点を考える。そして、どうすれば改善できるか、改善するための費用はどのくらいか、改善することによって業務がどう変わるかを考えるクセをつけましょう。

経験がなくても、分析をして、改善点を見つける、どうやって改善するかをロジカルに考え、下手でも提案することができれば、他業界に転職することができます。

業界や企業によって、システムや業務はバラバラです。すべての業務を経験して、経験値から分析~提案が行えれば、BESTですが実際の話、そんな人間なんていません。おそらく、クソ高いコンサルフィーを貰っているコンサル会社のコンサルタントだって、得意な業務はあるとしても、全業務をカバーしている人はいません。

わからない業務だったら業務を行っている人に聞けば、大抵教えてくれます。ヒヤリングをして改善点を見つけることが出来れば良い、改善方法を考え、提案できれば良い。

SEとして転職ができる業界

SEとして転職を考えているのであれば、システム開発業界だけでなく、他業界を選択肢に加えてみては如何でしょうか?

SEの経験で身につけたスキルは、現在、多くの企業で求められています。そのスキルとは、業務の改善力。現在の業務を分析し、業務の効率化、システム化を提案する能力。

改善力を求めている企業は、小売業、配送業、製造業、商社などなど、ほとんどの業界にあります。

SEから他業界に転職することをお勧めしている訳ではありません。SEの転職は、選択肢が多いという事実をお伝えできれば良いと思います。もちろん、社会に役に立つサービスを作りたいなど、SEじゃなければ出来ないこともたくさんあります。

このまま、SEを続けるのか、他業界でスキルアップをするのか慎重に考えて転職をしましょう。

最後までお読みくださりありがとうございます。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

ひらめをフォローする
スポンサーリンク
第18研究室

コメント

タイトルとURLをコピーしました