子育て

仕事・働き方

仕事の効率が悪い人の特徴。子育てを行うときに気をつけて欲しいこと

仕事の効率が悪い人は、並大抵の努力ではできるようにはなりません。何故なら子ども時代から考える訓練をしていないから。仕事の効率を上げるためには「やること」ではなくて「どうしてやるのか」の理由を考えて、どうすれば効率よく出来るかを考える必要があります。
子育て

晩熟と早熟ではどちらが良い?! 小学生の身長と思春期を迎える時期の関係

小学生のときは小さい子だったのに、しばらく見ない間に身長が越された。なんてことを経験したことはありませんか? 身長と思春期(第二次成長期)を迎える時期には関係があります。早熟な子どもより、思春期が遅く迎える晩熟の方が身長が伸びる確率が高い。
子育て

子どもの身長を伸ばしたい保護者に知って欲しい。身長を伸ばすための3大要素。

子どもの身長が決まるのは遺伝80%、環境因子20%と言われています。遺伝の割合が大きいと思いますが、実は環境因子の20%を改善することで約9cmも身長が高くなると言われています。成長期の子どものため、睡眠、運動、食事でサポートしてあげましょう。
子育て

子どもの自己肯定感を高めれば、自ら頑張れる人間になれる!!

子どもの自己肯定感を高めて、自分に自信を持たせましょう。自信があれば、自分で考え、行動することができる子どもになります。自己肯定感を高めるためには、自ら行動をして成功した体験をたくさん経験させること。大人にできることは子どもに寄り添いながらサポートすることです。
子育て

小学生の身長が伸びる仕組み!! 骨端線が閉じる原因は? いつまで伸びる?!

身長が伸びるのは身体が成長して子どもの体型から大人の体格に変わるまで。大人になると骨端線が閉じてしまい身長が伸びることはありません。骨端性が閉じるのは思春期を迎えて約5年。この大切な時期を過ぎると身長は伸びません。
子育て

身長の伸び悩み。小学生の身長が伸びない原因

小学生の我が子の身長が低い。本人はもちろん、親も悩んでしまします。年齢別の平均身長と身長が伸びない原因についてお話します。小学生の身長が伸びない原因のひとつは睡眠不足。生活習慣を見直しましょう。
子育て

小学生のうちに身長を伸ばしたい!!成長する時期

個人差はありますが、平均的に男子の身長が伸びる時期は12~15歳。女子は10~12歳。晩熟(おくて)の子供は約2年遅く、成長期を迎えます。焦らず、成長するための準備を行いましょう。
子育て

運動神経が良い子にしたい!!「コーディネーショントレーニング」の重要性

子どもの「運動神経が悪い」なんて、諦めないで。コーディネーショントレーニングを行うことで運動能力は伸ばすことが出来ます。運動神経を伸ばすコーディネーショントレーニングについてお話します。
子育て

間違った子育て。子どもの危険を取り除くだけでは子どもは成長しないよ!!自立した人間になるために親ができること

最近「子どものために」と言いながら、子どもの自立を妨げている大人が多すぎるような気がします。「子どもが自立して生きていける」ようにするのが大人としての責任。どうして危ないのか、どうすれば危なくないのかを教えるのが大人としての役割じゃないでしょうか。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました