【二日酔いのメカニズム】飲み過ぎが原因であることは間違えない

スポンサーリンク

『二日酔い』の原因は飲み過ぎだとは分かっているんです。だってお酒を飲まなければツラい二日酔いになんてならないんだから。

原因が分かっているのに飲み過ぎてツラい二日酔い。。。

二日酔いになると「もう絶対、酒なんて飲まない」なんて思ってもお酒が辞められない。本当にダメなオヤジですよね。

そもそも、二日酔いってどんなメカニズムで起こるのでしょう。

気持ちよくお酒を飲んでいたつもりなのに朝起きて二日酔いだと気分が落ちてしまいますよね。

二日酔いのメカニズム

ビールにハイボール、レモンサワー、日本酒に焼酎。どんなお酒を飲んでも飲み過ぎると二日酔いになってしまいますよね。

そもそも、アルコールを飲んで気分が良くなったり、気持ち悪くなったりするのは何故なんでしょうか。

そう言えば、僕は大学院で化学専攻だったんですよ。自分でも忘れていたけど工学修士工業化学専攻。

ちょっとアルコールも化学の分野じゃない。化学者らしく二日酔いのメカニズムについて分析をしてみよう。

酔うメカニズム

お酒に入っているアルコールは、エタノール。消毒液と一緒です。

口から取り込んだアルコールは胃と小腸から吸収されます。吸収されたアルコールは血の中に溶け込み、身体中を駆け巡ります。

血液内に溶け込んだアルコールが脳に到達すると、脳の神経細胞を麻痺させます。この状態が「酔った」状態です。

アルコールが脳細胞を麻痺させるなんて聞くと「俺の脳みそは大丈夫か?!」なんて思っちゃいますが、脳細胞が麻痺しているのが、デフォルト、平常状態だと、どうなんだろうね。

お酒を止めると実は、めちゃめちゃ賢かった。なんてこともあるかもしれないですよね(あるかいっ!!)

どのくらい酔っ払っているかは、脳みそがどれだけアルコールに麻痺させられているかで変わってきます。

個人差がありますが、血中アルコール濃度が0.02~0.04%が陽気になっている状態で「爽快期」と呼ばれます。乾杯したばかりの頃ですね。

ちょっと陽気になってへらへらしている状態(まだまだイケる)

そしてお替りをして「ほろ酔い期」。ほろ酔い期の血中アルコール濃度は0.05~0.1%くらい。このくらいで止めれば、次の日も爽やかに起きれるハズ。

「お酒って楽しい♪」

ちょっと理性が飛び始めて、周りから「そろそろ、面倒くさい」なんて思われているくらい。

そして「酩酊(めいてい)期」まっすぐ歩けないし、声も気持ちも大きくなってきます。僕の場合、普段からかつ舌が悪いのに、酔っ払って何を言っているか分からない状態ですね。

さらに飲んじゃうと「泥酔(でいすい)期」。ここまで飲んじゃうと記憶が飛びまくりで、下手をするとどうやって家に帰ったか、もう分からない(笑)

これだけ飲んじゃうと二日酔いはほぼ確定ですよね。

飲んだアルコールは無害化する

人間の凄いところは体内に取り込んだアルコールを無害化しようとするところですよね。

体内に吸収したアルコールは、肝臓で処理されます。

肝臓内でアルコール脱水酵素(ADH)などによりアセトアルデヒドに分解されます。

本来はアセトアルデヒドが、酢酸にまで分解され、血液中に溶け込み、水と二酸化炭素に分解され、体外に排出されます。

しかし、肝臓の処理能力を超えた量のアルコールが体内にあるとアセトアルデヒドを分解出来なくなり『二日酔い』になってしまいます。

本来は、飲んだアルコールは水と二酸化炭素にまで分解されるハズなんです。でも、飲み過ぎるとアセトアルデヒドのまま、体内に残る。

このアセトアルデヒドって物質が二日酔いの原因物質です。

二日酔いの予防に

自分のキャパシティを超えるアルコールを摂取するから、二日酔いになってしまいます。自分の肝臓がどれだけのスペックを持っているかを知っていれば、二日酔いにならないんじゃないでしょうか。

アルコールを飲む理由って、酔っ払いたいからなので、胃や小腸から吸収しないようにしてしまったら、酔えないのでアルコールを飲む必要がないですよね。

アセトアルデヒドの分解を早くすることが、二日酔い予防に必要な気がしませんか?

僕は寝る前に500mlの水を飲んでから寝るんですが、水を飲んでもアセトアルデヒドの分解には必要ないような気がします。

二日酔いのメカニズムを調べたらアセトアルデヒドを酢酸に分解することが最優先な気がしていました。

アセトアルデヒドの分解を行うためには何が必要なのかが分かれば、二日酔いの予防が行えますよね。

ちょっと調べてみよう。

最後までお読みくださりありがとうございます。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

ひらめをフォローする
スポンサーリンク
第18研究室

コメント

タイトルとURLをコピーしました