残念だけど少年サッカーで終わってしまう子どもの特徴

少年サッカー
スポンサーリンク

少年サッカーではヒーローだったのにその先にサッカーを辞めてしまう子どもがいます。

本当にコレは残念。指導者としては。

好きではじめたサッカーを続けてもらいたい。そんな子をひとりでも減らすために指導者、保護者が変わらないといけません。

少年サッカーで活躍してたのに辞めてしまう選手は

早熟の子ども

かつ、子どもに過度の期待をかける親がいると高い確率でサッカーを辞めてしまいます。そうならないためにどうすれば良いか考えましょう。

少年サッカーで活躍できる子ども

少年サッカーではどうしても成長のスピードで同じ学年でも20cmも体格差が出てきてしまいます。まあ中学生のジュニアユースでもそうですが。。。

低学年だと110cmの子供と130cmが同じピッチに入ります。高学年だと第二次成長期で一気に伸びる子がいるので同じ学年でも140cmと170cmの差があります。

サッカーは身体能力が高いと活躍できるスポーツです。この差って凄いアドバンテージですよね。

少年サッカーでは身長の高い子どもは活躍できる

早熟な子どもは小学5年生のはじめ頃から第二次成長期に入り、一気に身長が伸びます。また精神的にも思春期に入り不安定な心理状態になります。

早熟な子ども

少年サッカーのどのチームでもそうだと思いますが同じ学年でトレーニングをすることが多いと。そうすると同じトレーニングをしても早熟な子どもは周りより、できる。

過度な期待をかける親

子どもの成長は個人差があります。そして成長の過程です。なので早熟な子どももいるし、そうでない子どももいます。

成長が早いだけで「周りより、できている」と勘違いをして、そこに過度な期待をかける親がつくと目も当てられません。変な期待を掛けちゃうんですよね。たぶん。

指導者や他の保護者がいくら言っても解らない保護者がいるとその選手は潰れてしまいます

その保護者の気持ちも解りますよ。「今、出来てるのに何言ってんの?」っていうのも。そうすると子どもも勘違いをしてしまう。

早熟な子どもが潰れちゃう原因

早熟な子どもがサッカーを辞めちゃう理由は、周りに成長が追いつかれたとき、なかなか思い通りにプレーができなくなって面白くなくなってしまうから。

サッカーで必要な判断の訓練が足りない

サッカーは判断を伴ったオープンスキルの比重が大きいスポーツです。野球や陸上よりも全然。

早熟な子どもが同じ学年でプレーすると圧倒的に判断の訓練が足りません

第二次成長期で身長が伸びるピークは平均で13歳です。早熟な子は約11歳から身長が伸びるピークを迎えます。この年代の約2歳の差って凄い

試しに6年生を4年生の試合に出して観てください。1年生に3年生を入れて観てください。同じ学年では、あまり目立たない子供でも、下の学年と一緒にプレーをすると出来る子どもが多いですよね?

早熟な子どもは、そのくらい楽なところでプレーをしている。伸びると思いますか?

厳しく指導する必要がある

さらに一生懸命やって何になる?と思春期の独特な情緒不安定になってサボっているのがカッコ良いと間違った感情を抱いてしまいます。

大人になる段階でそんな経験がありますよね?

そうならないためには中学生のように早熟な子どもには厳しく指導をしなければなりません。

解らない保護者

理解がない保護者は、指導者がしっかりと子どもの成長に合わせて指導をしているのに「うちの子はコーチにいじめられている」等、勘違いをしてしまう。これは何も知らない指導者が多いのも原因だけどね。

そんな保護者が自ら、自分の子どもを潰してしまいます。

少年サッカーで終わってしまう子どもの特徴

成長の遅い子どもは、自分より身体能力が高い選手に揉まれてテクニックを磨いてきます。判断をする訓練を続けてきている訳です。

成長の遅い子の身体能力が追いつかれたとき、早熟な子どもはプレーが出来なくなり面白くなくなってしまうようです。

今のままでは残念ながらサッカーは他のスポーツと比べ早熟な子どもが潰れてしまう確率が高いスポーツ。本来なら成長が早い子どもでも一生懸命、トレーニングをする必要があるのですが、ソコに勘違いをしている保護者がついていると努力なんてしなくなります。

ただ、そこまで考えて指導しているコーチも少ないのも問題。そんな身体能力が高い子どもを喜んで使って褒めているアホな指導も多い。

子どもの成長には保護者も指導者も、周りの大人たちの接し方が大切。もし、少しでも心当たりがあったら変わって欲しいね。この記事を読んで、一人でも子どもが救われると良いなあ。

最後までお読みくださりありがとうございます。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

スポンサーリンク
ひらめをフォローする
第18研究室

コメント

タイトルとURLをコピーしました