どうしてそんなに必死なのか?満員電車で仕事に向かうサラリーマン

仕事・働き方
スポンサーリンク

僕は就職をして大都会・東京に出てきてから毎朝、満員電車に乗って通勤しています。経験をしたことがなくても、テレビで見たり、聞いたことがあると思う。

路線によるけど乗車率が180%とか定員オーバーじゃん。

経験したことがないヒトは幸せですよ。僕の知り合いは、通勤電車が嫌で会社を辞めて地元に帰ってしまったくらい。精神的にも肉体的にもツラい。

本当に日本のサラリーマンは偉いよね。尊敬するわっ。

僕は何年乗っていても慣れない。空いている反対に向かう電車に乗りたくなっちゃう(笑)

そんな満員電車で迷惑な輩(やから)っていますよね。混んでいてみんなイライラしてんだから「余計なことしてんじゃねーよっ

満員電車は地獄

平日の朝、都心へ向かう路線は毎日が地獄。ラッシュのど真ん中の時間は、ドン引きするくらい混んでいる。混みすぎていて笑っちゃうくらい。

僕なんて仕事に行きたくないから、朝から憂鬱(ゆううつ)になっているんですよ。スーパーローテンション。能面(のうめん)みたいな無表情だと思う。

ウキウキして会社に向かうヒトなんていません。ちょっとしたことでイライラするんです。これが可愛い娘とのデートに向かうなど『幸せモード』だったら許せることでも我慢ができない。

ある意味、みんな戦闘モード。

そんなタイミングなのに迷惑なヒトがいる。マジで「他人に迷惑をかけるな」って幼稚園や小学校で習わなかったんですかねえ?

降りるヒトを優先しようよ

満員電車で良いポジションが取れたのは分かる。分かるけどドアが開いたら一回降りてあげようよ。ってヒトいませんか?

やっと乗れた電車なのかも知れない。でも、駅に着いたら降りるヒトだっているよ。

ドア近くだったら一回降りて、降りるヒトを通してあげようよ。なんか、必死に降りるのを拒むヒトっているじゃん? 数歩だよ? どうして降りてあげないのか、僕には理解できません。

どう言う神経をしているんだろうね。「降ります」って言っているヒトがいるのに意地悪しているとしか思えない。

降りるヒトがまだいるのに乗り込もうとするヒトもいるよね。必死に電車に乗ろうとするヒト。降りるのを待つのって数秒だよ。長くても数十秒、1分以内、それを我慢できないの? どれだけ、早漏なんじゃ〜。

電車は降りる人が優先です。ドア付近に立っている場合は、一度ホームに降りて、降りるヒトを通してあげましょう。また、電車に乗るときは降りる人がいなくなったのを確認してから乗り込みましょう。

反対に、無言で暴れながら降りようとするヒトもいる。そんな輩も、マジでイラつく(笑)

一言「降ります」って声をかければ良いじゃん?

電車の奥から無理矢理、他人をかき分けて降りようとする必要あんのかな〜。

もちろん、必死に自分のポジションを守ろうとする迷惑な輩もいるよ。でも、大半のヒトは降ろしてくれるって。なのに、押しのけ、かき分け降りようとする。

なんか、そんな輩だと意地悪したくなっちゃいますよね。反対に降ろしたくない(笑)

乗れる訳ないじゃん

「いや〜、おっさん。どう考えても無理だろ?」

混んでる電車に乗ろうとするヒトも迷惑ですよね。ホームにいるヒトも、電車の中のヒトたちが白い目で見ていている。それでもお構いなし。

その電車に乗らないと会社に間に合わなのかも知れないので、なんとも言えませんが、本当に必死になって乗るんですよね。マジで迷惑だから、やめて欲しい。

「お前のせいで電車が遅れるっ」

電車が駅に着いた時点で車内がパンパンなんですよ。ドアが開いた時点で電車の中から、ヒトがこぼれ落ちるくらい乗っている。乗車率MAX

ドアが開いた瞬間、押し出されるサラリーマンたち。そのヒトたちは必死に戻ろうとする。

「こんなトコロで降ろされる訳にはいかない。まだまだ俺は旅の途中だっ」

まだ分かる。

元々詰め込まれていた餃子の餡なので、戻る隙間はきっとある。がんばれっ

どう考えても電車の中は、サラリーマンで飽和状態。すし詰め状態。と言うか、もうはみ出てるじゃん?

ドアが閉まっています。無理なご乗車は避け、次の電車をご利用ください

なんて、アナウンスが流れてもドアが閉まらない。

手(ドアの上のヘリにつかまっている)しか、車内に入っていない。身体の98%以上はドアよりこっち、電車の外。片足もホームについてるし。

それって、乗れてないじゃん・・・。次の電車に乗ろうよ・・・。

電車に乗るのに他人のチカラを借りる。駅員さんに押して乗らせてもらう。駅員さんも必死ですよ。電車を定刻通りに発車させたいしね。

ドアが閉まっています。無理なご乗車は避け、次の電車をご利用ください

無理だと思っていたのに押し込むと入る。すげ〜。

乗っていてもキツい

僕は電車に乗ってスマホが、いじれるスペースがないと乗り込もうとは思わない。

若い娘と密着するなら良いけど(実際に若い女性だと緊張して避ける、小心者です)おじさま達と密着するプレイは気持ち悪いし、僕も中年親父なので相手も嫌だと思う。お互い様だよね。

なので、触れる程度くらいまでの混み具合までが許容範囲です。でも電車が遅延なんてしていると電車の乗車率は一気に上がる。

一番ひどいときは、乗車人数が多すぎて駅に着いてもドアが開かない(笑)マジで笑うしかないよね。電車内からの圧力(?)でドアが自動で開かない。駅員さんが必死に手で開けていた。

そんな車内にいると踏ん張れない、踏ん張れないどころか足が浮いている。座っているヒトの上で『壁ドン』している状態。あり得ない。

みんな必死に頑張っているんだね。

昼間のパパはちょっと違う。昼間のパパは光ってる。昼間のパパはいい汗かいてる。昼間のパパは男だぜ。

なんて、清志郎の歌がリフレインしちゃうよ。

必死なサラリーマン

僕はそんな満員電車が嫌い。まあ、好きなヒトはいないと思うけど。

どうして必死になって、すし詰め電車に乗るんですかね。混んでたら、次の電車に乗れば良いじゃんね。電車に乗ることに必死だから、周りのことが見えずに自分勝手になって迷惑をかける。

余裕がないヒトが多すぎるんだよ。僕が女子だったら余裕をかましているオトコの方が良いと思うよ。

なんか必死すぎて怖い

おそらく、そんなヒトは仕事も必死なんだろうな。効率を求めると言うより、ガムシャラに突き進む、猪突猛進タイプ。スマートに仕事をしてはいないと思う。

僕は、周りの迷惑を考えられるくらい余裕を持って生活をしようと思う。

必死なのって、なんかカッコ悪い。

最後までお読みくださりありがとうございます。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

ひらめをフォローする
スポンサーリンク
第18研究室

コメント

タイトルとURLをコピーしました