これだけは言っておく。女子社員に嫌われたら終わったと思え。

仕事・働き方
スポンサーリンク

会社の人間関係は複雑ですよね。会社で生き残るためにはゴマすって生きなければなりません。

上司や同僚、後輩なんかにも気を使って嫌われないようにしなければ、会社での人間関係がズタボロになってしまい、働けなくなってしまいます。

しがないサラリーマンが20年以上も社会で抹消されずに仕事が出来ているのにはコツがあります。

これは社内だけではなく、営業先や派遣先など応用がきくコツです。社会人として会社組織で上手くやっていきたいと思うのであればコレだけは忘れずに生きてください。

女子社員に嫌われたら会社にいられなくなると思え!!

マジでこれだけは押さえておいてください。上司に嫌われても大丈夫ですが、女子社員に嫌われたら人生詰んでしまいます。

女子社員に嫌われたら人生詰みます

まあ会社だけではないんですが女子に嫌われたら本当に人生詰みます。逆に女子社員が味方になってくれているなら、上司に嫌われても大丈夫。

私はどっちかと言うとモノゴトをはっきり言う方なので敵も多い。そんな私が絶対に味方につけるのは女子社員。

これは会社だけではなく、学生のクラスでも起きる現象です。どうして女性に嫌われたらダメなのか解説しますのでしっかりと習得してくださいね。

女性の集団には気をつけろ

まず、男性の人はなかなか知らないと思いますが女性はみんな裏で繋がっていると思ってください。「またまた~。」と笑っているあなた!!冗談じゃないんですよ。

特に会社や学校などの小さなコミュニティの中にいる女性のネットワークはヤバい。

女性に正論なんてぶつけてもダメです。いや、正論をぶつける必要なんてないです。どちらかと言うと共感をしてもらうコトが大事。

小さなコミュニティで生きている女子は男が思っている以上に情報社会が発展しています。そのネットワークを上手く使えるようにしないと生きてはいけません。

あなたのことを何とも思っていない女子の中で誰かが

女子社員A:「なんかあの人、生理的に無理なんだよね。」

なんて話が出てしまうと

女子社員B:「あ~、なんとなくわかるわあ。」

と女子社員全員に伝播して行ってしまうんです。何もしてなく女子の中でひとりがダメだって話が出たら、もう終わり。その対象があなただったらもう終わり。

女子社員に一度嫌われると

冗談だと思いますよね。でもコレは間違いない。そして一度嫌われるともう挽回は不可能。まず無理です。

相手にしてもらえません。もしくは表面上は笑顔でも裏では悪者になっています。本当に恐ろしいですよ。

さらに恐ろしいのは、女子たちは自分たちが生きていくために会社の上の方や学校の先輩など主要なポストとしっかりと強いパイプを持っています。

会社であれば、根回しをして辞めさせるように誘導する可能性もあります。それくらい怖い。慎重に接してください。

私は嫌われたら人生が終わることを知っているので女性の方とは仲良くさせてもらっています。

上司や同僚の男性陣に好かれなくても良いので女子社員には絶対に嫌われるな

本当に女子社員は味方につけておいてくださいね。好かれるためのコツも紹介します。

女子社員に嫌われないために

女子社員に嫌われたら生きて行けないことは理解できましたか。では嫌われないためにはどうすれば良いのでしょう。

まずは嫌われないためには、小奇麗にすることです。おじさんは特に「クサイ」「汚い」ともう終わり。

新入社員でも一緒です。まずは第一段階として「生理的にムリ」と思われないことが大切

逆効果になる危険性もあるのでカッコつける必要はないんです。ですが汚い、クサイは間違いなく嫌われます。

もう一度言いますが一度嫌われると挽回は不可能です。一度、レッテルを貼られると生きてはいけません。

笑顔であいさつ

結構、簡単なことなんですが社会人の人ってなかなかできていないですよね。あいさつ。

朝あったら、笑顔で「おはようございます!!」帰りも「お疲れさまでした!!」などあいさつをするだけで親近感が出てきますよ。

何か手伝ってもらったときも恥ずかしがらずに「ありがとう。」と伝えることが大切です。

ちょっとだけ気を遣う

女子社員の多くは、オフィスワーク中心で出張や外出がどうしても少ない人が多いですよね。逆にバリバリ外に出るようなキャリアウーマンの場合は、コミュニティに属していないことが多いので多少、嫌われても大丈夫な気がします。

会社で生き抜くためには、社内などでルーティンワークや事務処理をしている女子社員を味方いつける必要があるんです。社内で仕事をしている女子社員はあまりストレスが発散できないから。なので少しだけ気を使ってください。

例えば、出張に行ったときにお土産を買ってくる。差し入れとしてお菓子などを配るなど。休憩中に話相手になってあげるだけでも良いと思います。

この気遣いが出来るかどうかで生き抜くことが出来るようになります。

リスペクトする

どうせ女子社員は大した仕事していない。なんて思っていると間違いなく、しっぺ返しを受けます。

「あなたがいなければ仕事が回らない」くらいの気持ちでリスペクトしてください。リスペクトされて嫌な気持ちになる人なんていません。

後はどうでも良い会話でポイントを抑えることも重要です。家族の話や趣味など聞いたことを抑える。次の会話などで使えるネタを多くかき集めておく。

ちょっとしたときに「そう言えば(女子社員)さん、この間行った旅行どうでした?」など気を遣った会話が出来るようになれば完璧です。

ちょっとした心構え

女子社員に媚びろと言っているわけではありません。女性に気持ちよく仕事をしてもらいましょう、喜んで貰いましょう。

私が新卒で就職した会社での話なんですが、実際に私よりバリバリ仕事ができて上司にも好かれている同期がいたのですが女子社員に総スカンをくらって地方へ飛ばされてしまいました。

当時、私はちょっと変わった学卒だったので女子社員の先輩たちに気に掛けてもらっていました。上司には嫌われていたんですが。。。

そのとき学んだんですが、女子社員が味方になってくれると上司に嫌われても大丈夫ですよ。その上と女子社員は繋がっているので。

いくら、直属の上司に嫌われてもその上司は私の味方です。女子社員の方々が味方についているから。

気を付けて欲しいこと

女子社員が喜んでくれたら仕事もやり易いし、困ったことがあると女子はみんなで助けてくれます。

ただ気をつけて欲しいのは、自然に出来るようにすること。これをワザとやったりすると間違いなく嫌われます。そうならないためにも「喜んで貰いたい。」と思う気遣いが大切です。

相手が男性でも女性でも、日本の男性は相手より上に立とうとしますよね。女性はソコにすぐ気づくんですよ。そうすると嫌われます。

「計算してるな、コイツ。」って思われたらもうダメです。

社会で生き抜くために

私は上司と女子社員のどちらに嫌われたくないかと言ったら間違いなく女子社員。

私は女子社員の人たちのスゴさを知っているので絶対、味方になって欲しい。積極的に仲良くなりに行っちゃいます。

ひとりでも味方がいれば嫌われるコトはないんです。その仲の良いひとりが味方についてくれます。

会社などの小さなコミュニティで生きて行くためには、誰にも嫌われないように波風立てずに生きて行った方が良いと思います。

私はひとりで営業に出たり、客先に行くことが多いのですが、ドコに行っても主要な女子社員と仲良くさせてもらっているので問題が少ないですよ。

変な意味ではなく、女子社員と仲良くなることで全てが上手くいくような気がします。

変な風に仲良くなろうとするとセクハラになったり、ストーカーと間違えられるかもしれませんので注意してくださいね。

以下の記事で嫌われないための”おしゃれ”について、まとめています。気になる方はチェックしてくださいね。

どうしても嫌われてしまう男性は、トークがマズいのかもしれません。以下の記事で女性とのトークテクニックについてまとめています。男性と女性では、会話に求めている目的が違います。その違いを知れば、嫌われないような会話ができるようになります。以下の記事をチェック!!

最後までお読みくださりありがとうございます。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

ひらめをフォローする
スポンサーリンク
第18研究室

コメント

タイトルとURLをコピーしました