好きなことを仕事にするか、興味のない仕事で給料をもらうか。生きるための選択

仕事・働き方
スポンサーリンク

好きなことやりたいことを仕事にして稼げたらどんなに良いか。

どうせ働くなら”好きなこと”をして稼ぎたいと思いませんか?

子供の頃は色々な夢を持っていましたよね。私にもありましたが、長い人生の中で忘れたり、諦めたりしてしまいます。好きなこと、やりたいことを仕事にするなんて人生そんなに甘くない。なんて思ってしまいますよね。

好きなことを仕事にすべきか?

私はやっぱり好きなことを仕事にして稼ぎたい。その方がツラくても充実した毎日が過ごせるんじゃない?!

サラリーマンとして働くこと

仕事をする場合、大きく分けて『他人を使ってお金を稼ぐ人』、『他人に使われてお金を稼ぐ人』、『自分で仕事をしてお金を稼ぐ人』の3種類の人がいます。ザックリ分けると

  • 他人を使ってお金を稼ぐ人・・・経営者
  • 他人に使われてお金を稼ぐ人・・・サラリーマン、会社員
  • 自分で仕事をしてお金を稼ぐ人・・・自営業、フリーランス

私が、学生から社会人になった2000年頃と違って今は『自分で仕事をしてお金を稼ぐ人』が増えてきていますよね。好きなこと、やりたいことを仕事にしている人たち。特に若い人たちに多いと感じます。

私は”社会人になるイコールサラリーマンとして会社に勤めること”だと勘違いをしていたのですが、社会人として仕事をする場合は、色々な選択肢がある。その中で好きなことを仕事にしている人たちは、やっぱりカッコ良いよね。

サラリーマンとして働くのは、他人に使われてお金を稼ぐと言うこと。ある意味、他人まかせ

サラリーマンはラク

サラリーマンは基本的にラクなんですよね。仕事は会社から与えられるし、与えられた仕事をしていれば給料をもらえる。責任感を持って仕事をしていると思うのですが最終責任は会社が取ってくれるんです。大きな失敗なんかをしたら、給料を下げられたり、怒られたりはすると思いますが、命にかかわるようなことはない。

サラリーマンは会社に守られているんです。会社に守られていると言うことは、とても幸せなことですよね。

例えば、フリーランスで稼ぐ場合は、自分で仕事を探して、仕事をしてお金を稼ぐ。時間的にも自由があり、好きな仕事をして幸せそうに見えますが、大きなリスクがあるんですよね。仕事がなくなったら収入がなくなってしまうから。

でもサラリーマンとして会社に勤めていれば、最悪、社内ニートをしていても給料が貰えます。リターンは大きくないかもしれないけどリスクは小さい。

これからの不安

でもね。世の中の流れ的に、将来会社が存続する保証がありません。つまり、会社が守ってくれなくなる。気づいている人も多いと思いますが、世の中の流れをみると今と同じ環境で仕事ができる確率は、どんどん低くなってくる。

10年前とは働く環境が大きく変わってきています

この流れに乗れない会社は存続していくことが難しい。仕事を楽しんでしている社員が多い会社は、良いのですが、与えられた仕事をしているだけの社員が多い会社は生き残れないんです。

なぜなら、与えられた仕事をこなすのは、人がやることではなくてコンピュータに奪われる仕事。

会社に守ってもらう時代は、もう数年で終わってしまうかもしれません。「年功序列で毎年給料があがっていく」「終身雇用で定年まで会社で守ってくれる」ことが続けられなくなってきます。特に嫌々仕事をしている社員が多い会社は存在価値がなくなっちゃいます。

会社が潰れたら、自分のスキルで稼がなければいけなくなります

会社がなくなると言うことはサラリーマンにとったら、大きなリスク。

興味のない仕事で給料をもらうか

今、サラリーマンとして働いている人のうち、仕事に興味を持って楽しんでいる人って実際、どれだけいると思いますか?

仕事を楽しんでいるのは10人中2人くらい。もしかしたら、もっと少ないかもしれません。残りの8割の人は会社に与えられた仕事をこなしているだけ。会社に行き、仕事をすれば給料が貰えるから我慢して働いている人が多いんです。サラリーマンで仕事に生き甲斐をもっている人なんて2割いるか、いないか。

我慢してするような仕事はコンピュータに奪われてしまって良い仕事なんです。

しばらくは今の体制で会社は存続すると思います。でも会社が変わり、仕事の仕方を変えなければならない時期になってきています。その時のために会社がリスクを認識しているか。

好きなことを仕事にするのは夢物語?!

好きなことを仕事にすることは夢物語なのでしょうか?

そんなことないですよね。『他人を使ってお金を稼ぐ人』や『自分で仕事をしてお金を稼ぐ人』はどちらかと言うと好きなことを仕事にしている人たち。割合は少ないかもしれないけど好きなことを仕事にしている人たちはいるんです。

会社に勤めているサラリーマンの中にも少ないですが「仕事が楽しい」「好きなことを仕事にしている」人がいるのです。

仕事だけじゃなく、何をするにしても「楽しいから、好き」なんですよね。楽しめなければ、好きにならない。ただ今、サラリーマンとして与えられた仕事をしていると楽しい仕事なんてほとんど出来ないと思います。なので仕事は楽しくないと思っているのではないでしょうか。

好きなことを仕事にするためには、他人を使ってお金を稼ぐ経営者になるか、自分で仕事をしてお金を稼ぐフリーランスや自営業をする。もしくは楽しい仕事ができる会社に勤めるしか、方法はありません。

ラクな道のりではないけど

経営者として起業するのも、フリーランスとして働くのもラクな道のりではありません。当たり前ですよね。

「サッカーが好きだから、プロサッカー選手になる」

って小学生が言っているなら可愛いモノですが、中年のおじさんが言ってたらバカじゃないの? って思ってしまいますよね。それと同じことです。

でも会社に残ってサラリーマンをしていても同じくらいリスクがあるんです。起業するのも、フリーランスで働くのも、サラリーマンを続けるのも同じ程度のリスクがあるとしたらどうでしょうか?

サラリーマンを続けるより、好きなことで起業したり、好きなことを仕事にしてフリーランスで働くことの方が頑張れるような気がしませんか?

頑張って出世して、たくさんの給料を貰おうなんて思っていても会社がなくなってしまったら、その頑張りはムダになります。それならば、好きなことを仕事にして頑張って稼いだ方が良い。だって頑張りは自分にかえってきます。

例え、失敗しても『どうすれば、失敗するか』を学べます。その後の人生に取ってプラスになりますよね。

まずは『始めること』

好きなことを仕事にしたいのであれば、まず始めることが大事です。

成功する人は、何事も始めるのが早い。普通の人は結果を気にしてなかなか始められなかったり、リスクとリターンを考えて実行するのを躊躇ったりしてしまします。

何かを始めたいと思っている人の75%以上は始めないんです。始めなければ失敗もしないし、成功もしないんです。成功をするためには

まず、始めること

始めの一歩を踏み出してしまえば、後はどうにかなるモノ。

良い結果を求めるだけではなくて、そのプロセスが面白かったら良しと思えるか。

始めて続けることで成功確率は高くなります。好きなことを仕事にするのはムリな話ではありません。好きなことで成功するために何かを始めませんか?

好きなことを仕事にするために始めること

好きなことを仕事にするために『会社を辞める』と言うことではありません

会社での仕事と好きなこと、やりたいことがマッチできないかを探ってみてください。全然、関係ないと思うことでも何か融合できることがあるかもしれません。仕事と好きなことがマッチするのであれば会社に掛け合って新しい事業として立ち上げさせてもらえば良いんです。

もし、会社が反対をしたり、会社の仕事と好きなことがマッチしないのであれば、副業として始めるという方法もあります。いきなり会社を辞めて起業するよりは副業として初めて軌道に乗ってきたら会社を辞める方がリスクは少ない。

好きなことを仕事にしたいのであれば、何かを始めなければ変わりません。これから先も人に使われて興味のない仕事で稼ぐのか、好きなことを仕事にするために頑張るのか、大きな人生の選択をしてください。

最後までお読みくださりありがとうございます。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

ひらめをフォローする
スポンサーリンク
第18研究室

コメント

タイトルとURLをコピーしました