趣味がないなら見つけよう。趣味の時間が仕事を忘れさせる

趣味を見つけよう 趣味
スポンサーリンク

平日は会社と家の往復、休みの日は家でダラダラとテレビ。。。

あなたは、そんなサラリーマン生活を送っていませんか?

今は仕事が忙しいし、子育てもあるし、趣味にかける時間もお金もない。

趣味がないことが悪い訳ではありません。でも、趣味を持つことで今より充実した生活が送れるとしたら、あなたはどうしますか。

趣味を持つと新しい価値観だったり、交友関係が広がります。趣味に没頭することでプライベートも充実し、頭をリセットして平日の仕事にも良い影響を与えます。

趣味がないなら、新しい趣味を見つけましょう。きっと楽しく充実した生活を送ることができますよ。

趣味を見つけるためのヒント

趣味がない人が新しい趣味を見つけるのは大変ですよね。

私も今でこそ、偉そうに「趣味を持とう!」なんて言ってますが社会人になって10年間は無趣味で生活をしていました。

当時は仕事が忙しくて残業で終電、休日は家でゴロゴロと寝ていました。そして結婚、育児とプライベートもそれなりに充実していたし、趣味にかける時間もお金もなかった。

でも、ひとつの趣味を見つけてからは、あれもやりたい、これもやりたいと新しい趣味が、どんどんと増えてきます(笑)

趣味がないときは、何をするにも消極的でした。

趣味を持つと活動的になります。ダラダラと時間を潰すのが、もったいなく感じます。

趣味とは

そもそも、どんなことを趣味と呼ぶのでしょうか。

趣味とは、自分が無条件で楽しめること

自分が楽しめれば何でも良いのが趣味です。映画をみることでも良いし、散歩でも、読書でも自分が楽しめるのであれば趣味。

趣味がないと思っていたけど実は、趣味があったなんて人もいます。上手くなくても良いのが趣味です。

趣味はスキルがなくても楽しめる

趣味と特技は違います。趣味は自分が楽しめれば、ヘタクソでも何も知識がなくてもOK。特技にするためには、それなりの練習や努力が必要ですが、趣味は楽しければ問題ありません。

趣味として楽しんで没頭していると、だんだんとスキルや知識が身についてきます。楽しければ、もっと上手くなりたい、もっと知りたいと思いますよね。そうすると趣味が特技になってきます。まずは、楽しむこと。

趣味がない場合は、楽しめることや興味を持てることを探してみましょう。

私の趣味のひとつに『クラシックカメラ』があります。当時、無趣味だった私ですが、子どもが生まれたことで『クラシックカメラ』に興味を持ちました。

デジカメ全盛期にフィルムで写真を撮るという行為が、楽しかったので知識ゼロ、経験ゼロから試行錯誤して写真が撮れるようになり、今では立派な趣味のひとつです。

趣味をもつと時間とお金の使い方を考える

趣味にはお金がかかりますよね。でも趣味にかける時間とお金はどうにかなります(笑)お金がかからない趣味もあるし、新しい趣味を始めるときに必要な道具や機器を揃えるのも楽しい。

私もサラリーマンでお小遣いをもらって生活をしているので、お金がない、時間がないと躊躇するのも分かります。でも、趣味のためなら、お金も時間もどうにか用意できてしまいます。

例えば「新しいカメラが欲しい」と思ったときに、探すだけでも楽しめます。例え、買うことができなくてもネット上でスペックや状態を調べるだけでも楽しめる。(クラシックカメラは中古がメインなので状態で値段が違います。)

欲しいカメラがあると頑張って稼ごうという意欲にもなるしね。

仕事が趣味でも問題ない

趣味がないことは悪いことではありません。例えば、仕事が楽しくてしょうがないなら、仕事を趣味にしても問題ありません。仕事が楽しいと感じるほど天職に就職ができたのなら、仕事が趣味でも問題ありません。

仕事が趣味であれば、仕事をするために必要な資格を取る、仕事に必要な情報をたくさんインプットするなど充実した時間を過ごすことができます。わざわざ、趣味を見つける必要はありません。

趣味をみつける方法

趣味がない人が趣味をみつけようと思っても、なかなか難しいですよね。私のような偶然のきっかけがあれば、新しい趣味として楽しむことができますが、そんなチャンスは、あまりないですよね。

趣味とは自分が無条件で楽しめるもの。趣味をみつけようと思っていても、自分に向いている趣味は何なのか、何に興味があるのかが分からないなど悩んでしまっていませんか?

まずは始めてみよう

趣味がない人にとって趣味をみつけることは大変ですよね。大切なのは行動してみること。興味があるのか分からなくても、とりあえずやってみる。体験することで新しい趣味になる可能性があります。

興味があるかなんて、やってみないと分かりません。やってみると楽しいと感じたり、またやってみたいと思うことが見つかります。趣味がないという人でも、やってみるとハマってしまうなんてことも多い。キッカケがあれば、新しい趣味を見つけることができます。

他人の趣味に付き合う

一番簡単なキッカケは、誰かの趣味に付き合ってみることです。友達、会社の同僚、奥さんや子どもの趣味に付き合い、一緒に体験してみる。初めのキッカケは何でも良い。とりあえずやってみることが大切です。

他人が楽しんでいる趣味を経験することで、楽しいと感じ趣味になるかもしれません。例え、趣味にならないとしても、その経験から新しいことに興味をもつ可能性もあります。

まずは行動すること

興味があったことをやってみる

趣味がない人は、昔、興味があったことをやってみると新しい趣味になるかもしれません。例えば、高校生のときは運動部だったけどギターを弾いていた友達がカッコ良かったなと思ったなら、ギターを始めてみる。

「いまさら」なんてことはありません

趣味は、自分が楽しめれば良い。高校生や大学生から始めている人と比べるとスキルがないかもしれないけど、今すぐプロとして稼ぐ訳ではありません。趣味として没頭すれば楽しいし、ゆっくりでもスキルが身についてきます。

趣味として何かを始めれば、できないことも楽しんで、できるように頑張れますよ。

趣味がないなら見つけよう

趣味がないなら見つければ良い。趣味を見つけることで充実した生活が送れるようになります。

新しいことをするときは、誰だって不安です。でも一歩を踏みだすと「あれっ? 何であんなに不安だったんだろう?」と思える日が絶対にきます。

まずは、やってみること。やってみて、楽しめないと思ったら、別の趣味をみつければ良いのです。

もし、趣味がないと悩んでいるなら、何でも良いのでチャレンジしてみてください。趣味をみつけることで人生が楽しくなりますよ!!

最後までお読みくださりありがとうございます。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

ひらめをフォローする
スポンサーリンク
第18研究室

コメント

タイトルとURLをコピーしました