40歳を過ぎたおじさんでもバイクの免許は取れるのか?!

バイクの免許
スポンサーリンク

最近、若者のバイク離れが進みバイクが売れないらしいですね。気にしてみると原付も含めてバイクって、あまり走ってないと思いませんか?

私は現在、43歳なのですが、ゴールデンウィークから普通自動二輪の免許(いわゆる中免)を取るために教習所に通っています。ちょっと自慢気に話していますが、ビビりまくりですよ。ホントは(笑)

ビビってる話は置いておいて、バイクの免許を取りに教習所に通っている人って何歳くらいの人が多いと思いますか? 私のイメージですが、”バイク”イコール”若者の乗り物”なのでバイク教習を受けている人は10代、20代が多い。そんなイメージですよね。

実際に、教習所に通ってみると確かに若者の方が圧倒的に多い。でも、若者の多くは自動車の免許を取りに来ています。

バイクの免許を取りに教習所に通っている人は40代を中心に30~50歳が多いイメージ

私と若い子の予約を入れる時間が、ズレているからかも知れませんが、圧倒的におじさんが多い。

教習所の指導員の方と雑談をしました。「最近は、自動二輪を取りに来る若者は少ない。30代、40代が増えてきている。」とのことでした。

今、教習所に通っている40歳超のおじさんですが、世間で言われているほど難しくない。おじさんでも余裕で(じゃないかも)バイク免許が取れます。

通い始めて感じること

ネットで調べると「40代で自動二輪の免許を取るのは厳しい」とか「補習をたくさん受けた」など免許を取りに行くのに足を引っ張るような情報が多い(笑)。私もバイクの免許を取ろうと思ってから、ブログでの体験談などを検索して読んだのですが、あちこちのブログでアラフォー、アラフィフで普通二輪は難しいという記事が多い。

「ヤバいっ、絶対無理だ。。。」って思っちゃいますよね。薄々、40代でバイクの免許を取ろうなんてちょっと無茶かな?なんて思っているから、勇気づけてもらおう、ネットサーフィンをしている訳ですよ。そんなおじさんにとどめをさすようなネガティブキャンペーン(別にキャンペーンじゃないけどね)。普通だったら、免許を取るのをためらっちゃう。諦めちゃう。

でも実際に教習所に行ってみると全然、ネットで収集した情報とは違います。おそらくですが、すんなりバイクの免許を取れた人は、ブログのネタにしていない。(憶測です。)

実際に教習所に行ってみるとネットで言われている程、バイク教習は難しくない

40歳超の運動不足のおじさん(私)で、も普通二輪の免許を取れる。考えてみてください、街の中を走っているおじさんやおばさんでも、免許を取れたんです。(上からで、なんかすいません。)

アラフォーおじさんでもバイクの運転が出来るようになります!!

ギリギリかもしれないけど

バイク教習は簡単ではありません。何よりも時間が短い。第一段階なんて9時間しかバイクに乗れません。その中で課題をクリアしないと”みきわめ”が貰えません。私は、今週末に第一段階の”みきわめ”なのですが、必死です(笑)

これは、40歳だからじゃなくて、個人のスキルの問題。変な話、40歳だからって言い訳できるから良かった。20歳のときでも、同じくらい苦労したと思いますよ。年齢じゃなくてセンスですよ。

私は、おそらく”みきわめ”のOKがもらえると思っています。自動二輪教習の課題である『一本橋』がちょっと不安だけど、最短の9時限で第一段階の”みきわめ”がもらえそうな気がします。そう思い込むことにしています(笑)

もちろん、40歳超えていると色々と身体にガタもきてるし、老眼で近くが見づらい(関係ないか)。反射神経だって若者のようにいかない。でも、それを言い訳にしてたら、免許取った後、公道をバイクで走れないよ。危ないもんね。

反射スピードが遅くなっていると自覚しているなら対処できるじゃん?! 例えばスピード出さないとか、「ヤバそうだな」と先に予測しておくとかね。

40歳過ぎてバイク免許を取る方法

私も第一段階の”みきわめ”前なので、カッコ良いことは言えませんが(”みきわめ”落ちたら笑ってください)40歳でもバイクの免許は取れる。教習所の指導員だって人間、おじさんには、おじさん用に指導してくれています(笑)

出来る限り頑張れば良いんです。無理をする必要はありません。教習所に来ている人は、みんな初心者なんです。自分だけが出来ないということはありません。大事なのは自分の運転スキルを上げること。

出来なくて当たり前

バイクの運転に自信がないから教習所に通っているハズ。出来なくて当たり前なんです。出来るように努力すれば良い。時間が掛かろうが、事故を行さないように練習をしてマスターすれば良い。

一緒に教習を受けた人と比べても意味がありません。マスターするスピードは人それぞれ。得意な課題も苦手な課題もみんな違います。どうせなら過去に自分と比べてみてください。絶対、昨日より上手くなっています。

どうしても上手くいかなかったら、指導員に聞けばコツを教えてくれますよ。聞くのが恥ずかしかったらYoutubeやネットでコツを調べれば、コツを掴むことができます。

ブログとかでバイク教習は難しいとか、大変だと言っている方たちも、みんなバイク免許を取っていますよね。最悪、補習をガンガン受けても良いじゃない(金銭的には厳しいですが。。。)

できるだけ予約を詰める

バイクの運転は”慣れ”が一番だと思います。感覚を掴むまでは連続して運転することが一番だと思います。例えば”半クラ”。まだ、8時間しかバイクに乗っていないので、私は”半クラ”に感覚がつかめていません。なので技能教習が1週間空くとエンストしそうになってしまいます。

この辺の感覚は、身につけるまでは一気に練習してマスターしちゃう方がラクだと思います。一回、感覚を掴んでしまえば忘れることはない(と思う)。そのためにも短期間でたくさん乗れるように予約を詰めて入れた方が簡単なような気がします。

忘れないように予習、復習

なんか、小学生や中学生みたいですが、バイク教習の技能教習は、駆け足で進んでいきます。第一段階でバイクに乗るのはたったの8時間。その場で覚えるには時間が足りない。なのでネットやブログで課題について予習しておく。技能教習ではコツを掴むことに集中するくらいの気持ちで挑むと良いんじゃないかな。

私も苦手な『一本橋』については、1週間、動画を見てイメージトレーニングをしました。教習時はイメージと実際の動きをすり合わせる作業です。毎回走るウォーニングアップ走行時にも『一本橋』をイメージした発進の練習をしたり、低速走行でバランスを取る練習をしたり、予習復習をしています。

先にコツをインプットしておき、技能教習のときは課題をクリアすることに集中する。意識してできたことは、結構、身体が覚えてくれています。知識は別で入れて、教習中は上手くいく方法を確認すると上手くいきます

バイクの運転を楽しもう

モチベーションを上げるにも楽しみましょう!! バイク免許って別に取らなくても良いのに、わざわざ取りに教習所に通っているんです。楽しみましょうよ。

課題が上手くいかないと、どうしても苦手意識を抱いてしまいます。私も『一本橋』は苦手でした。でもね、クリアできた時はテンションMAXになれます(笑)

バイクを始めてスタートさせたとき、とても嬉しかったと思いませんか?

できなかったことが、できるようになると楽しい。「今日こそ、できるようになるぞ」って頑張りましょう。

焦らずじっくりと

最短でバイクの免許を取ることが目的ではないハズ。あくまでも、目的はバイクの免許を取ってバイクが運電できるようになること。時間とお金は勿体ないけど、できないなら、できるようになるまで教習所で教えてもらった方が良いです。”みきわめ”のとき、偶然できても、第二段階になったら、できないのでは意味がありません。

卒検のために技能教習をしているのではなくて、免許を取った後、事故を起こさずにバイクが運転できるように技能教習を受けています。ちょっと恥ずかしい想いをするかもしれませんが、将来、事故を起こすリスクがなくなるのであれば、恥ずかしさを我慢できますよ。

私が通っている教習所にも50歳過ぎたの女性の方が、普通二輪の免許を取りに通っています。第一段階で補習を4時間しているそうですが、まだ半クラが苦手でスタート時にエンストをしています。でも、楽しそうに教習していますよ。

40歳過ぎてもバイクの免許は取れる!!

私が、実際に教習所に通って感じたのは「40歳過ぎてもバイクの免許は取れる!!」ってこと。

40代ってそこそこ、お金も時間も余裕が出てくると思います。仕事も慣れて若いときみたいにガムシャラにやらなくても結果が出る頃じゃありませんか?

30代は仕事もプライベートも色々とあって時間的にもお金にも余裕がない生活を送っていたかもしれません。40歳を過ぎてその両方に余裕が出てきて「バイクに乗りたい。」と新しいチャレンジをするなんて素晴らしいではないですか!!

チャレンジしないで、後から後悔するよりは取りに行った方が良いですよ。

私も、すんなりと取れないかもしれませんがあまり気にしていません。だって、失敗したら、このブログのネタになるしね。

最後までお読みくださりありがとうございます。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

スポンサーリンク
ひらめをフォローする
第18研究室

コメント

タイトルとURLをコピーしました