子どもを自立させたい親に知って欲しい。『ヘリコプターペアレント』とは

ヘリコプターペアレントとは? 子育て
スポンサーリンク

最近、子育てについて調べていると『ヘリコプターペアレント』という言葉を良く聞くようになりました。少し前までは『モンスターペアレント』とか『毒親』なんて騒がれ、学校などに対して自己中心的に理不尽な要求をする親が問題視されていましたよね。

『モンスターペアレント』などに比べると聞きなれない言葉ですが『ヘリコプターペアレント』は子どもの自立を妨げてしまいます。そして『ヘリコプターペアレント』はその予備軍も含めれば、かなり存在しています。

子どもを自立させたい。と思うのは親心ですよね。でも、あなたも『ヘリコプターペアレント』になってしまうかもしれません。ヘリコプターペアレントとは、どのような親なのか、子どもの成長にどんな影響を与えるのかをお話します。

『ヘリコプターペアレント』とは

ヘリコプターペアレントとは、どのような親のことを呼ぶのでしょうか。

ヘリコプターがボバリングして、上空を旋回しているかのように子どもの周りに付きまとい、子どもを観察して、管理・干渉をする過保護な親を『ヘリコプターペアレント』と呼びます。

『ヘリコプターペアレント』とは、上空を旋回するヘリコプターのように子どもを監視し、管理・干渉する親。

今では言葉の発祥のアメリカだけでなく、カナダやドイツなど諸外国で社会問題になっています。子どもは、『ヘリコプターペアレント』に育てられるとトラブルを解決する能力が身につきません。結果として人生や仕事で必要な能力に問題を抱える大人に育ってしまいます。

子どもは、何をするか分かりません。

親として『子どものため』に何かをしてあげる、子どもが困ったら助けてあげるのって当たり前だと思いますよね。なので子どもと一定の距離を取りながら、何かトラブルがあったら助けてあげよう。と考えます。

子どもが困りそう、恥ずかしい思いをしそうと先回りをして手出しをしてしまう。子どもが困らないように先回りして助けてあげるような親です。気持ちは分かります。我が子が困っていたら助けたいと思うのは『親ごころ』。子どもを助けるのは、親としての任務のように感じてしまいますよね。

でも、それは過保護かもしれません。過保護は虐待と同様に、将来のいじめのリスクを高めることが分かっています。子どものために良かれと思った行動が、結果的に子どもに悪影響を及ぼすのが「過保護」です。

子育ての心理学では、愛情ベースであれば過保護でも問題ない、悪い結果にはならないという見解がありました。我が子のためという愛情ベースであれば、条件や状況によっては多少、過保護であっても良いのでは? と思われていました。しかし、最近の研究結果をみると過保護は全否定されました。

いくら愛情があっても過保護、過干渉をしてしまうと子どもの自己肯定感が育ちません。

自己肯定感を持っている人は「やればできる」、失敗しても「大丈夫、勉強になったな」と前向きに考えられます。反対に自己肯定感を持たない人は「やってもできないし」とか「やるだけムダだ」と考えてしまいます。どちらが良いかは、一目瞭然ですよね。

子育て意識が高くまじめな人は要注意

自分の子どものために最善を尽くしている、最善をつくそうと思っている子育て意識が高くまじめな人が『ヘリコプターペアレント』になりやすい傾向があります。

ヘリコプターペアレントになりやすい人の特徴を挙げます。チェックしてみてくださいね。

ヘリコプターペアレントになりやすい人
  • 自分が経験した失敗は子どもに経験させたくない
  • こどもが頼ってくる前に助けてしまうことが多い
  • 子どもが自分でできることでも「できない」と決めつけて先回りしてやってしまう
  • 危険だからと子どもが行動する前に「危ないから止めなさい」と阻止する
  • 子育て以外の楽しみがない
  • 子どもは親の言うこと聞いて当然という思いがある

子どものことを思っての愛情からであっても、ヘリコプターペアレントは、子どもの人生に良い影響を与えることはありません。過保護は子どもの将来に対して良い影響は与えません。少しでも当てはまることがあれば、子育ての方法を見直すことが必要なのではないでしょうか。

過保護をやめて、子どもの自立を促そう

子どもを自立させるためには、子どものそばを離れて、子ども自身に行動をさせることが大切です。子どもが何かに取り組んでいるとき、何かを始めようとしているときは、親は見守ることを心がけましょう。

子どもが助けを求めてくるまで手出しをしない。

どうしても、我が子が頑張っていると手出しや口出しをして失敗しないようにと思ってしまいます。しかし、その行動が子どもの自立を妨げてしまいます。子どもが助けを求めてくるまでは自分のチカラでやらせてみる。

子どもの自己肯定感を高めるために

子どもの自己肯定感を高めるためには、たくさんの成功体験が必要です。子どもが「ひとりで出来た!!」と感じるときと「お母さんに手伝ってもらった」ときの達成感は全然違います。失敗しても良いじゃない。失敗をしても、試行錯誤して考えたり、工夫したことは経験として残ります。

子どもに「失敗させたくない」と思ってしまいますが、子どものうちは失敗しても許されます。失敗をしたときに「大丈夫だよ」と声をかけてあげることで、子どもの自己肯定感が高まってきます。

子どもの自己肯定感は早い時期から育ててあげる必要があります。自己肯定感を高めるために周りの大人は見守りながら声をかけてあげましょう。

自己肯定感を高めるためのフレーズ
  • You can do it !!(君ならできるよ!!)
  • You did it !!(ほら、できた!!)

子どもに色々とチャレンジさせ、成功体験をさせてあげること、失敗しても「失敗じゃないよ。良い経験したじゃん。」と声をかけてあげられる親になりたいですよね。

詳しくは以下の記事でお話しています。ご興味があったらご覧になってください。

親として気をつけること

子どもの自立を促すために親ができることは「見守る」こと。成長に応じて適度な距離を取って見守ってあげましょう。子どもが不安になったとき、困ったときに助けを求められるように「見守る」ことが大切です。助けを求めるまでは、手出し口出しは無用です。

子どもをひとりの人間としてリスペストする。「うちの子はダメだから」と決めつけたり、親の言いつけを守ることを強要しないように気をつけましょう。子どもが気づき、自ら考え、行動できる環境を整えてあげることで子どもの自立を促すことができます。

ヘリコプターペアレントは、子どものことを心配しているように見えて、実は親自身が子どもに依存しているとも言えます。親には親の人生があり、子どもには子どもの人生があります。子どもが自分のチカラで生きていけるように自己肯定感を高めてあげましょう。

子どもを自立させるのが親の役目

子育ての目的は「子どもを自立させること」です。自立させるためには失敗をする経験も大切です。子どものうちにトラブルを回避させているとトラブルに対応する能力が身につきません。子どもの”いま”ではなく、”将来”のために子どもを自立させることが、子どもには必要なのではないでしょうか。

子どもをリスペクトし、 ひらめきや意見を尊重してあげる。

我が子を自立した子どもに育てたいと願うのであれば、子どもが自分で判断し、行動するチカラ(自己実現力)を養うこと。周りの大人が目先の結果にこだわって子どもの行動を決めたり、一方的に指示を出したり、先に答えを教えてしまったら子どもの自己実現力は育たず、自立できません

『子どものため』と思っていることが、子どもの将来に悪影響を与えてしまう可能性があります。

子どもと一定の距離を取り、子どもが、自ら考え行動できる大人になるように見守りましょう。

最後までお読みくださりありがとうございます。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

スポンサーリンク
ひらめをフォローする
第18研究室

コメント

タイトルとURLをコピーしました