初心者が趣味として始めるプログラミング。おすすめの言語について現役エンジニアが説明します

趣味で始めるプログラミング 仕事・働き方
スポンサーリンク

これといった趣味もないし、新しく趣味として「プログラミング」でも勉強してみようかな?

プログラミングは、パソコンとネットワーク環境があれば、誰でもすぐに始めることができます。ただ、ちょっとハードルが高いと思ってしまいますよね。

参考書を買ったり、プログラミングスクールに通ったりするとコストがかかってしまいますが、今はインターネットで調べれば、大抵のことはできます。

初心者がプログラミングをはじめるならPHPでWebサービスを作ってみることをお勧めします。

  • 作るプログラムはWebサービス
  • 言語はPHP
  • データベースはMySQL

プログラミングを趣味にすることで仕事でも使えるし、あなたのアイデア次第では、独自のサービスを公開して第二の「facebook」だって夢ではありません。

趣味でプログラミングを始めたいあなたにプログラミングのプロ、SEとして始め方や勉強の仕方、プログラミング言語についてお話します。

プログラミングとは

最近、趣味としてプログラミングを始める人も増えてきました。プログラミングはどうやって始めれば良いのか分かりませんよね。そもそもプログラミングって何をすれば良いかも分かりません。

私は毎年、新人のプログラミング研修を担当してきました。新卒の中にはプログラミングを知らないで入社してくる学生もいます。研修の一番初めにプログラミングは「プログラムを作ることだよ」と説明します。

プログラムとは命令とデータのかたまり

と説明しています。プログラミングとは、これ以上でもこれ以下でもない。コンピュータに作業を行わせるための命令とデータの集まりがプログラムです。そのプログラムを作るのがプログラミング。

命令とデータを上手く使って色々とコンピュータに作業をさせる。単純なんだけど、どんな命令をどんな順番で行うか、何のデータを使うかということをロジカルに考える必要があるので奥が深い。プログラミング言語もたくさんあるしね。

プログラミングを趣味として始める場合、何をコンピュータをさせるかによってプログラミング言語を選ぶ必要があります。どんなプログラムを作りたいかを一番先に決めましょう。作りたいプログラムが決まれば、学ぶべきプログラミング言語が決まります

プログラミング言語はたくさんあり、ちょっとずつ、仕様(書き方)が違ったり、得意なプログラムが違います。ひとつのプログラミング言語を覚えてしまえば、他のプログラミング言語を学ぶのは、簡単になります。

作るプログラムを考える

プログラミングで作れるものは、パソコンにインストールして動くアプリ(WordやExcelなど)からWebサーバ上で動作するプログラム、スマホで動くプログラムやプリンターやカメラなどの中に入っているプログラムなどがあります。

そして、それぞれに向いているプログラミング言語があります。

例えばFacebookやTwitter、ホームページなどはWebサーバ上で動くプログラムで、Webアプリとか、Webサービスと呼ばれています。そんなプログラムを作りたいならRuby、PHPなどのプログラミング言語を使って作ります。

パソコンで動くアプリを作りたいと思うなら、C言語やC#、Visual Basicなどのプログラミング言語を使います。

「なんのこっちゃ」と思うかもしれませんね。でも作りたいプログラムはそれくらい大事です。趣味としてプログラミングを学ぶなら、Webサービスかスマホのアプリが良いと思います。理由は、作りやすいし、現在の開発の主流なので仕事にも直結しやすい。副業としても稼げる(笑)

プログラミングを始める準備

趣味でプログラミングを始める場合、パソコンがないとプログラミングを始めることができません。ここで注意して欲しいのは、作りたいアプリのタイプによって用意するパソコンが限定されてしまうこと

iPhone向けのアプリを作りたいと思ったら、Macを用意しなければいけません。Androidであれば、MacでもWindowsでも開発できます。WebアプリもMacでもWindowsでもプログラミングが可能です。

趣味でプログラミングをはじめるなら、断然、Webアプリがおすすめです。理由は、作りやすいのと他の人に使ってもらうことが可能だから。せっかく作ったプログラムだったら、他の人にも使ってもらった方が良いですよね。

プログラミング言語を選ぶ

プログラミング言語は、マニアックなもの、廃れてしまったものから、最新で生まれたてホヤホヤのもの、人気があるものなど、本当にたくさんあります。

Webサービスのプログラミングを行うのであれば、PHP、Rubyを学んでください。AIや統計、機械学習を勉強するのであれば、Pythonの一択。スマホアプリを開発したいのであれば、Swift、Android(Java)です。

私は最初から、JavaやC言語、C#はやらない方が良いと思います。難しい言語なので初めてのプログラミングでは挫折する確率が高い。

PHPやRubyは理解しやすいプログラミング言語なのでお勧めします。

データベースを決める

プログラムは命令とデータの集まりです。最近のプログラムはデータベースと呼ばれるデータを格納するアプリケーションを使います。命令を書くのがプログラミング言語、データを集めて保管しておくのがデータベース。

基本的には作るプログラムを学習するサイトやプログラミングの本に出てくるデータベースを使えば問題ありません。

開発環境を作る

プログラミングをするためには、開発する環境が必要です。Webサービスをつくるのであれば、Webサーバを用意しなければなりません。と言ってもレンタルサーバを借りれば、サクッと準備できますが、、、。

Webサービスを開発する場合、レンタルサーバで動くプログラム言語を選んでください。例えば、Rubyが動作するレンタルサーバは少ないです。ほとんどのレンタルサーバではPHPが動きます。

また、パソコンにも開発するためのソフトをインストールする必要があります。Visual Studioだったり、Eclipseだったり、使うプログラミング言語にあった開発するためのソフトを選んでください。

はじめは簡単に準備できる言語から

趣味としてプログラミングを始めるのであれば、参考書を一冊買ってPHPでWebサービスを作ることをお勧めします。理由は簡単に環境が作れるし、他人にも使ってもらえるプログラムを組むことができるから。

もちろん、PythonでAIとかも楽しいと思いますが、それなりに環境を整えなければなりません。PHP、MySQLであれば、インターネット上に情報もたくさん転がっています。

ただ、趣味としてプログラミングを始める場合は、自分が興味のあるプログラムを組んだ方が楽しいので続くと思います。

プログラミングを身につけると副業で稼ぐこともできます。趣味と実務を兼ねたプログラミングを始めてみましょう。

最後までお読みくださりありがとうございます。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

ひらめをフォローする
スポンサーリンク
第18研究室

コメント

タイトルとURLをコピーしました