仕事は「報連相」から?!ソレってもう古いかもよ。

仕事・働き方
スポンサーリンク

会社に入るとまず「報連相(ほうれんそう)」って言葉を聞きますよね。報連相とは「報告」「連絡」「相談」。

報連相の目的は会社や組織の中で情報を自分だけで抱えるのではなく、共有して組織の生産性を向上させること。

会社に入って一番大事だと教えられる「報連相」。今でも新入社員の研修などでも話をされると思います。でも、報連相ってそんなに大事?

私は会社で中堅よりちょっと上の立場になってきて「報連相」をされるとメンドクサイ(笑)。本当に「報連相」で仕事の効率は良くなるのでしょうか?

会社で必要な「報連相」とは

「報連相」を知っている人は読み飛ばしてください。良く理解していない人に「報連相」を説明しますね。

報連相とは「報告」「連絡」「相談」。その頭文字を取ってHRS。もとい「報連相」。

報告とは
基本的には上司から部下への命令に対して部下が作業の進捗や経過を報告すること。
逐一(ちくいち)報告することで作業に対して上司から作業へのアドバイスや次の作業の指示を貰います。

連絡とは
上司や関係者に対して客観的に作業情報を報告すること。あくまでも自分の意見や憶測は入れず事実を伝えることが必要です。

相談とは
自分の判断することが難しいときに上司に相談して考えや意見を聞くこと。困ったことについて相談することで解決策やアドバイスを貰うことです。

ザックリしていますが、報連相とは上司と部下の間のコミュニケーションツールなんです。

上司からすると「アイツ何してんだ?」を解決するため、部下からすると「仕事してますよ」のアピールのために必要なんです。会社で出世したいと思うなら「報連相」をしっかりと行った方が良いですよ。

報連相のタイミング

私が報連相を受けるのがメンドクサイと思う理由は、おそらくタイミングが悪いんですよ(笑)。

ちょっと上司目線で話しますが勘弁してくださいね。

別に作業毎に報告なんて欲しくないんです。ウザいしね。報告して欲しいのは

  • 指示された作業がおわったとき(報告)
  • ミスったとき(報告)
  • 自分で解決できなくなったとき(相談)
  • 作業が遅れそうなとき(相談)
  • なんか変化があったとき(連絡)

今、パッと浮かぶ報連相のタイミングは、こんくらいですね。後は帰るときに声かけてもらえれば、それで良い(笑)。私も仕事しているので逐一、報連相を入れられてもメンドクサイ。

簡潔かつ迅速に

私に何をして欲しいのかを教えてくれるとありがたい。とりあえず何をして欲しいかを考えてから報連相して欲しい。

まあ連絡なら「了解。」で終わるから良いんだけど、報告なのか相談なのか解らない感じで話しかけられると本当にメンドクサイ。

  • 現状どうなっているのか
  • なんでそうなったのか
  • どうして欲しいのか

実際、これだけ教えてくれれば対応しますよ。わからなかったら聞くし。

なので報告する人の意見や感想なんかはいらない。客観的に現象を教えてくれれば良いんです。

そもそも「報連相」って必要?!

そもそも論になっちゃうんだけで「報連相」って必要なの。って思いませんか。なんか報連相をしっかりしている人って「仕事やってるぜ!!」アピールが強い。ウザい。。。

そして報連相を良くしている人からの相談って基本的に「どうすれば良いですか?」「次、何すれば良い?」ってのが多いような気がします。

「こうしたいんだけど、どうですか?」なんて相談をしてくれればパーフェクト

報連相はもう古い?!

最近は上司と部下の関係で仕事をしていないので気にしていなかったんですが、会社に入ると必ず「報連相」をしましょうと言われます。

普段から上司と部下でコミュニケーションが取れていれば、報連相なんて必要ないんじゃないでしょうか。

日報や週報なども「報連相」のツールですよね。必要かなあ?って思っちゃうんです。書くのも読むのもメンドクサイですよね(小声)。

私も新卒で就職したときは「報連相」は大事だよと教えられました。でも報連相をする上司も忙しそうだし、特に問題も起きてないしと報連相を意識的に行った記憶がありません。

ただ私の場合は何をやっても大騒ぎになるので上司も同僚も、みんな私の作業や進捗を知っていたってのがあるのですが、、、。

あれっ?今も変わっていない・・・。

最後までお読みくださりありがとうございます。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

ひらめをフォローする
スポンサーリンク
第18研究室

コメント

タイトルとURLをコピーしました