社会人がバイクの免許を取るために必要な期間はどのくらい?

社会人がバイクの免許を取得するための期間 バイクの免許
スポンサーリンク

私は43歳のときに自動二輪の免許を取りました。サラリーマンとして平日は会社に通い、仕事をしていました。

「バイクに乗りたい!!」と思い、社会人として仕事をしながらバイクの免許を取るために教習所に通いました。意外に思うかもしれませんが、教習所に自動二輪免許を取りに来るのはアラフォーの社会人が多い

「社会人でバイクの免許を取るのって忙しいんじゃないの?」

「教習所でバイクの免許を取るには、いくら掛かるの?」

社会人でバイクの免許を取りたいと思っている方の参考になれば、幸いです。社会人の私が、普通自動二輪車の免許を取るのに掛かった日数は、約2カ月

土日の休日、たまに平日の夜に教習所に通って取得することが出来ました。会社に通いながらでも、バイクの免許は取れます!!

普通自動二輪車免許

基本的に社会人であれば、”普通自動車の免許”を持っていると思います。俗にゆう『免あり』です。免ありを前提にお話しします。

社会人で免許がない場合、教習所に通って、普通自動二輪の免許を取るのは難しい

と言うのも、免許なしだと学科教習を受ける必要があります。その学科教習は平日しか受けられない時間があります。もし、免許がない社会人がバイクの免許を取る場合は、通う教習所で相談してみてください。

最短期間は10日間

普通自動車の免許を持っていれば、バイク教習はストレートで卒検まで進めば10日間で取れます。社会人が会社に通いながら取得する場合は約1~3ヶ月を目安に予定を組みましょう。

バイクの免許を取るための教習時間数は、道路交通法によってきめられているので教習所によって時間が変わることはありません。

普通免許を持っていると学科教習のほとんどが免除され、普通自動二輪(マニュアル車)の場合は

  • 技能教習:17時間
  • 学科教習:1時間

プラス卒業検定だけ。技能教習は、第一段階で9時間、第二段階で8時間です。

第一段階では、1日最大2時間ずつ、第二段階では最大3時間がリミットでバイクに乗れます。毎日リミットマックスで技能教習を受ければ、第一段階で5日、第二段階で3日、卒業検定1日の合計9日間でバイクの免許が取れます

実際は1カ月以上かかる

バイクの免許は、計算上10日間で取れますが、希望通りに教習の予約が取れなかったり、天気が悪くてキャンセルしたり、疲れて行けなかったりします。

私は急いでなかったので、ちょっとでも雨予報であれば、躊躇なくキャンセルしていました(笑)。金曜日に飲み会があった場合も土曜日の午前中は教習を入れない。

そうすると週で1,2時間くらいしか教習を受けていない。本気を出して(?)土日に2時間ずつ、出来れば平日にも通うのであれば、1カ月でバイクの免許を取ることが可能です。

教習の予約が取りずらい

先ほどもお話ししましたが、教習所に自動二輪の免許を取りに来ている人は、アラフォーの社会人が多い。基本的に行動の時間が同じ人が多い。教習の予約を入れる時間も平日の一番遅いコマ、土日祝日の休日に教習を受けたいと言う人が多いです。

そうすると教習の予約を入れたくても、入れられない。

教習所によっては、追加料金を払って優先的に予約を入れられるプランや、入学時に予約を一括で入れられるプランを用意していることがあります。社会人で早くバイクの免許が欲しいと思う場合は、そういったプランで取得することも考えてみてください。

社会人が教習所に通う期間

実際に教習所に通ってバイクの免許を取った人に聞くと「1~2ヶ月くらい」通ったという人が一番多いようです。

私も約2ヶ月掛かりました。基本的には仕事帰りの時間と土日など会社が休みの日に教習所に通いました。ちなみに卒検が一緒だった方は、最速プランで1ヶ月でバイクの免許を取得したそうです。

バイクの免許は最短の教習時間で取れないことも多いようです。バイクの技能教習は、教習所内での運転だけで路上教習がありません。なので教習所、指導員の”気持ち次第”ではありますが、ちょっと厳しい目で観ることが多いようです。

平均すると第一段階と第二段階を合わせて2,3時間の追加教習があるようです。

色々と言われていますが、社会人がバイクの免許を取るための期間は、余裕を持って2~3ヶ月だと思っていた方が良いと感じます。

少しでも短くするために

どうせなら、追加なしでサクッと卒業したいですよね。アラフォーでバイクの免許を取った私からアドバイス。

バイクの技能教習は「教習課題のクリア」が必須です。

インターネットを検索すると「クランクが難しい」とか「急制動でタイヤがロックしてしまう」、「一本橋が渡れない」、「スラロームでタイムが出ない」などなど色々と目にすると思います。

バイクの技能教習は、この『課題』をクリアしなければハンコが貰えません。

実際に教習所で、課題の練習をしながらバイクに乗るのは、10時間ちょっと。厳しい戦いが待っています(笑)。

私も、一本橋が苦手で「ストレート合格!!」なんて息巻いていたのに、めげそうになりました(涙)。実際にバイク乗る時間が短いので少しでも先に知識を入れておくこと。youtubeやブログなどでコツを解説しています。

先にコツを知っていれば、技能教習のときは復習をするだけ、実際にやってみるだけです。

思っているより、急ぎ足で教習が進みます。乗りながら、やりながらコツを掴もうとすると難しいと思います。

バイク教習の費用

最後に教習の費用についてですが、教習費用は、教習所が自由に決めて良いそうです。

私が住んでいる地域の教習所でも約10万円~約17万円とかなりの開きがありました。以下の記事で細かくお話しています。

また、同じ教習所でも、予約を優先的に取れるプランや、追加教習費がコミコミのプランなど一概にいくら掛かるとは言えません。

出来るなら、いくつかの教習所で比較、検討をした方が良いです。

ただ、バイクの免許が欲しいと思ったなら、すぐに行動してみてください。私はバイクに興味がなかったけど、免許を取り、クロスカブで走り回っていると「早く取れば良かったな」と思います。

あなたがバイクの免許を取って、楽しめることを願っています。少しでも参考になれば、幸いです。

最後までお読みくださりありがとうございます。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

ひらめをフォローする
スポンサーリンク
第18研究室

コメント

タイトルとURLをコピーしました