履歴書の趣味や特技って何を書けばよいの? 採用担当が教える効果的な書き方

履歴書の趣味特技の書き方 仕事・働き方
スポンサーリンク

転職活動や就職活動をするときに提出を求められることが多い「履歴書」ですが、何を書けばよいのかを迷ってしまいますよね。連絡先、名前、学歴や職歴は簡単に書けますが、どうしても迷ってしまうのが「趣味・特技」欄です。

面接や仕事に関係ないように思える「趣味」「特技」ですが、何で履歴書に書かないといけないの? 何を書けば印象が良いの?

私は会社で採用担当として、たくさんの応募者からの履歴書を観てきました。実際、仕事に関係ないと思う趣味、特技欄を必ずチェックしています。おそらく私だけでなく、採用担当者は趣味、特技をチェックしているハズです。

履歴書の「趣味・特技」欄で採用担当者にアピールする書き方のコツをお話します。

履歴書の趣味・特技欄

採用担当者は面接の前に履歴書をチェックします。もちろん、面接時の態度や印象も大切なチェックポイントですが、面談の前に学歴、職歴、趣味や特技を含めて総合的な視点から応募者のことをチェックします。

履歴書はあなた自身をアピールすることができるツール。もちろん、履歴書だけで選考の合否が決まるわけではありませんが、履歴書は選考結果に影響を与える書類です。趣味や特技は応募者の特徴をあらわすポイントです。

採用担当者からみれば、履歴書の趣味・特技の欄は、他の応募者との違いを感じる重要な項目です。少し工夫するだけで採用担当者からのあなたへのイメージをグンと高めることができます。つまり、周りのライバルと差をつけることができるポイント。

そんな趣味・特技欄を工夫しないで「読書」や「映画鑑賞」など空白を埋めるために記入しているのは、もったいない。

面接時の会話を盛り上げる効果

採用担当者として面接をする場合、 応募者の緊張を和らげるために 最初の話題として趣味や特技を持ち出すことが良くあります。どうしても面接をすると応募者は、緊張して上手く自分のアピールができないことが多いですよね。

しかし、趣味の話であれば、応募者自身が好きな話題なので緊張をほぐして話しやすいと考えます。珍しい趣味や他の応募者と違う特技を持っている応募者は、特に会話を盛り上げることができます。

私は採用担当者として面談を行うことが多いのですが、やっぱり珍しい趣味や特技を持っている応募者に対しては質問したくなります。また、共通の趣味を持っていたりすると盛り上がってしまいますよね。趣味や特技の話題だと話を広げやすい。

趣味や特技でプラスアルファのアピール

例えば、文系の学部を出ているのにプログラムが特技であれば、パソコンの取扱いは問題なさそうだな。とか、柔道黒帯などの特技があれば、一生懸命努力することができる人なんだな。とか、自分自身のアピールができます。

希望する職種に必要なスキルが身につくような趣味を持っていれば、よりアピールになります。

就職や転職時の面接は、たくさんの応募者の中で合否を判定しなければなりません。そんなときに趣味や特技でアピールする応募者は、やはり目立ちます。それだけ採用する可能性が高くなります。

趣味・特技でアピールするポイント

採用担当者は、あなたの履歴書を読んで、採用の判断、面接での質問内容を考えます。業界や職種によって会社が求める人材は違います。なので、どんな人材を求めているかを加味した趣味・特技を書くことでアピールすることが必要です。

例えば、営業職を希望しているなら「人と接することが好きである」というポイントをアピールできる趣味であれば、採用担当者に良いイメージを与えることができます。ボランティア活動などでアピールすると良いかもしれません。

業界や職種にアピールする趣味

業界や職種から「アピールしたいポイント」を想像し、そのポイントと繋がる趣味や特技を書くことができればベストです。趣味・特技欄からスムーズに自己PRに話をつなげることができれば、一貫性が生まれ説得力がある面談ができる可能性が高い。短い面接時間で効率よく自分をアピールできるテクニックです。

人柄がわかる趣味

直接、仕事につながらないような趣味でも、本人の人柄が分かるような趣味があります。例えば、スポーツ、キャンプや登山などのアウトドア系の趣味を持っていると活動的な性格であると印象を与えますよね。

趣味・特技が、将棋や囲碁などであれば、色々と考え最善の道を見つけることが得意なのかな? とか、読書やジグソーパズルなどが趣味であれば、忍耐力があり、しっかりとタスクに取り組むことが得意なのかな。と雰囲気、得意なことが伝わる趣味で人柄をアピールすることができます。

どんな趣味を書けばよい?

履歴書の趣味欄はあくまでも応募者の人柄を見ることが主な目的です。ビジネスマナーなどは基本的に存在しません。なので、一般的に趣味と呼ばれるものであれば、どんな趣味でも書いて問題ありません。(以下で印象が悪くなる趣味についてお話します)

一般的な趣味の一例を挙げますので参考にしてくださいね。

一般的な趣味
  • スポーツ
    サッカー・野球・バスケットボール・テニス・ランニング・水泳・フットサルなど(観戦でもOK)
  • アウトドア
    キャンプ・登山・ドライブ・ツーリング・天体観測・ロッククライミングなど
  • 楽器・音楽
    ギター・ピアノ・ウクレレ・エレクトーン・ハーモニカ・三味線・カラオケなど
  • 習い事
    書道・茶道・生け花・着物の着付け・日本舞踊など
  • 家庭菜園
    家庭菜園だけでなく、ガーデニングや盆栽など
  • 旅行
    国内旅行・海外旅行だけでなく、グルメツアーや温泉巡りなど目的を書いておくとベター
  • 演劇鑑賞・映画鑑賞
    好みのジャンル、好きなタイトルなども書いておくと話題になりやすい

ユニークな趣味としては、座禅やヨガ、マニアックなコレクション(クラシックカメラ)なども趣味の代表です。履歴書の趣味・特技欄は、あなたの人柄、自己PRをができる場所です。色々とアピールしてみてください。

履歴書に記載を避けた方が良い趣味や特技

基本的には趣味や特技は個人の自由ですが、履歴書においては人柄や職業適性をアピールするためのポイントです。一般的に受け入れられていない趣味や特技を履歴書に書いてしまうとマイナスの印象を与えてしまう可能性があります。

マイナスな印象を与えてしまう趣味は、履歴書に書かない方が良いと思います。

書かない方が良い趣味
  • ギャンブル系
  • 犯罪を想定させるもの
  • 政治・宗教など
  • ゲーム・アニメ・アイドル・漫画など

個人の趣味としては問題ありませんが、履歴書は仕事に応募するための書類です。そして、判断する採用担当者の中には古い考えの人もいます。なので、採用担当者に無用な警戒心、マイナスなイメージを与える趣味は避けた方が良いと思います。

嘘の趣味や特技はNG

趣味がないのでアピールするために興味がないことやあまり得意ではないことを履歴書に書くことは止めましょう。どれだけ事前に情報をインプットしても、緊張している面接で嘘を隠し通すのは難しい。

面接で嘘の趣味が採用担当者と同じだったりすると深堀されてバレます。また趣味や性格は、配属にも使われるときがあります。嘘の趣味で自分の性格に合わない環境に配属されてしまうと不幸な結果となる可能性もあります。

趣味・特技欄を活かしてアピールしましょう

履歴書の趣味・特技欄は、ただ何となく自分の好きなことを書くことがないようにしましょう。採用担当者からすると重要な情報源です。趣味・特技は、あなたの人柄をアピールして他の応募者との差別化ができるポイントです。

趣味がないとあなたの人柄をアピールする機会が減ってしまいます。些細なことでも趣味を見つけてアピールできるようにしてみてください。

最後までお読みくださりありがとうございます。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

ひらめをフォローする
スポンサーリンク
第18研究室

コメント

タイトルとURLをコピーしました