家飲みは居酒屋で飲むより、早く酔っ払う問題

スポンサーリンク

僕は、誰も飲んでくれないときは、息子たちを相手に飲んでいます。

最近、仕事やプライベートの人間関係でストレスが溜まっているので、酒を飲まずにはいられません(笑)

飲みたいのに会社帰りに誰も付き合ってくれないときは、家で晩酌をします。通称『家飲み』とか『宅飲み』って言いますよね。

家で飲むと居酒屋で飲むより酔っ払ってしまいませんか?

ちょっと危険な家飲みについて、家飲みが酔っ払う原因を考察してみました。

家飲みとは

家族思いの父親として家に早く帰って、家族そろって晩御飯を食べることで、家族の絆が深まると言いますよね。

僕も大賛成です。やっぱり家族があっての僕なんですよね。家族のためにモーレツに働くことが父親として大切なこと。そんな父親の背中を息子たちは見て、頑張らなくちゃって思って欲しい。

そんな意識はないけれど、たまには家で飲むのも良いものですよね。

夕食のおかずを肴にお酒を飲んで、学校であったことなんかを話しながら飲む酒は、居酒屋などの外で飲む酒とは違った楽しみがあります。

僕は居酒屋で大人数でワイワイ飲むのも、ひとりでシミジミ飲むのも好きですが、家で家族に囲まれて飲むのも大好きです。(酒が飲めれば良いとも言いますが、、、)

家飲みは酔っ払う

ただ、家で飲むときって、居酒屋で飲むときより早く酔っ払ってしまいますよね。居酒屋ではビール2杯、ハイボール2杯、酎ハイやサワーは数知れず、、、。なんて数時間、飲み続けてもそこまでは酔いませんよね。

家飲みの場合は、350mlの缶ビール2本、焼酎1,2杯で、良い感じに酔いが回ってきてしまう。

サッカーの試合をテレビで見ながら飲んでいると前半(45分)で結構、酔っ払い、後半には寝てしまうことも多々あります。

家で飲む場合は、1時間も飲んでいたら、ベロンベロンになってしまいますよね。

何で家飲みの場合は、酔っ払ってしまうのでしょうか。

家飲みが酔っ払ってしまう原因は、

  • 緊張感がない
  • 大声を出す必要がない
  • ペースをつかみにくい

だと思いませんか? 他にも要因があると思いますが、リラックスして落ち着いて飲むことでアルコールの周りがはやくなってしまう。

簡単に言うと、気分、雰囲気で酔い方が変わってしまうのではないでしょうか。

緊張感がない

家飲みは、緊張感がありませんよね。気心が知れた仲間と居酒屋で飲むときより、さらに緊張感がない。

僕の経験ですが、会社の上司、初めてのお客さんなど、緊張感を持って飲みに行くと同じ量を飲んでも酔いにくい。

目上の人と飲むときは相手のグラスが空いていないか、つまみは足りているかなどなど、結構、気を使いながら飲みますよね。

そうすると酔っている暇がないと言うか、酔いにくい。

家飲みの場合は、カミさんと息子たちしかいないので、気を遣う必要もないし、リラックスしすぎているので、アルコールの廻り方が異様に早くなってしまうと感じます。

リラックスして飲めるのは家飲みのメリットでもありますよね。ストレスフリーで飲めるなんて最高ですよね。

声を張る必要がない

家飲みのときと言うか、家族の会話でテンションがMAXになるような話題って無いですよね。カミさんとは年代が近いので盛り上がるネタがあるかもしれませんが、テンションを上げて、はしゃぐことはありません。(居酒屋ではしゃいでいるオヤジもどうかと思いますが。。。)

声を張って大声で話す必要もないし、落ち着いて会話をしますよね。家で大声で声を張っていたら迷惑だしね。

どちらかと言うと、息子たちの話の聞き役、あいずちを打ちながら、子どもたちの話を引き出すことが多い、もしくは、親として話すなどテンションをMAXにして話すことはないですよね。

居酒屋だとテンションを上げる会話じゃなくても、周りがうるさいので声を張って会話することが多いですよね。

きっと大きな声を出して会話することでアルコールの分解が進むのか、エネルギーを消費しているのか分からないけど、酔わないためには大きな声で会話するって言うのは有効なのかもしれません。

考えてみれば、大人数の飲み会で、潰れてしまう人って、どちらかと言うと静かでニコニコして飲み続けている人が多いような気がしますよね。

飲むペースをつかみにくい

家飲みのときは、飲むペースもつかみにくいと思います。他人と一緒に飲んでいると自分のペースを取りやすいんですが、家飲みの場合は、オーバーペースで飲んでしまうから酔っ払うのではないでしょうか。

居酒屋でのひとり飲みと家飲みでは間違えなく、家飲みの方が酔っ払ってしまいます。

家飲みは、ペースが取りにくいので飲み方に気をつける必要がありますよね。

家飲みで酔っぱらう原因

家飲みが酔いやすい原因は、リラックスした状態で、エネルギーの発散もなく、速いペースで飲むからだと思います。

でも、家で飲んでいると帰る心配もないし、酔っ払って寝てしまっても安全ですよね。他人に迷惑をかけることも少ないし(家族には迷惑かも)家族との会話も増えます。

僕もちょっと家族のために家飲みを増やそうかな? なんて思いました。

  • 緊張感がない
  • 大声を出す必要がない
  • ペースをつかみにくい

最後までお読みくださりありがとうございます。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

ひらめをフォローする
スポンサーリンク
第18研究室

コメント

タイトルとURLをコピーしました