バイク教習の課題『一本橋』渡りきるための7つのコツ

バイクの免許
スポンサーリンク

バイク教習の課題で一番苦手だったのが『一本橋』でした。

自動二輪の免許を取るための試練ですよね。苦手な人も多い。でもコツさえ掴んでしまえば『一本橋』は怖くはない!!

苦手だった私が、一本橋を通過できるようになったコツをお話します。

バイク教習中で『一本橋』が苦手な人の克服するキッカケになれば、幸いです。

一本橋を渡りきるためのポイントは2つ

一本橋のポイント
  • 一本橋に乗る
  • 一本橋の上でバランスを取る

教習中にも一本橋について記事にしたのですが、良く聞かれるので一本橋のコツとしてまとめておきます。

バイク教習の課題『一本橋』

自動二輪教習の課題『一本橋』は、

長さ15m、幅30cmの橋の上をバランスを取りながら、規定タイム以上の低速で通過する。

ことが求められます。通過する時間は、取得する免許の区分で規定されています。

  • 小型二輪:5秒以上
  • 普通二輪:7秒以上
  • 大型二輪:10秒以上

一本橋の高さは5cm。一本橋に乗れないのは、一本橋の5cmの段差でバランスを崩してしまうから。

一本橋の最初の難敵『5cmの段差』

一本橋がクリアできない原因は、橋に乗るときにバランスを崩すパターンと橋に乗った後にバランスを崩すパターンのどちらかだと思います。どうですか?

私は前者で、なかなか一本橋に乗れなかった。

5cmしかない段差なのですが、何度やっても、後輪が乗る前にバランスを崩し、前輪が橋から落ちてしまいました。

一本橋に乗るまでのコツは

一本橋に乗るコツ
  1. 停止線より、少しだけ手前くらいに停車する。
  2. 一本橋に対してバイクを真っ直ぐに停車する。
  3. 勢いよく発進する。
  4. 左足はゆっくりとステップへ乗せる。

この4つのコツを掴めば、一本橋に乗ることが出来るようになります。ちょっと卑怯なコツもありますが、気にしないでください(笑)

一本橋は停止時から始まっている

教習所のレイアウトにもよりますが、前の課題が終わって一本橋チャレンジをするとき、一本橋の手前の停止線に停車しますよね。何となく停車していませんか?

一本橋をクリアするためには、停車する位置と方向が大切です。

バイクは一本橋に対して真っ直ぐに停車してください。これは5cmの段差までにハンドル操作を行わないため。斜めに侵入すると高確率でハンドルが左右に振られてしまいます。上手な人はハンドル操作で立て直せますが、苦手な人は、一本橋に乗るまではハンドルを固定しておきたい。

次にバイクを停車する位置ですが、タイヤ1/4回転分(50cm位)停止線より手前に停車。

一本橋に乗り上げるのが苦手な人は、乗り上げるときの勢いが足りないことが多い。(私もそうでした。)少しでも勢いをつけるため、一本橋の手前の距離を稼ぐ

厳密にはアウトだと思います。でも、停車している位置が多少ズレても、気にしない指導員の方が多いのではないでしょうか?

私の場合は、あまりにも一本橋に乗れないので、指導員の方に「停止線で止まらず、一本橋に乗ってみて。」と言われて徐行したまま、突入しました。あら不思議。あんなに苦手だった一本橋に簡単に乗ることが出来るではありませんか!!

ある程度、バイクにスピードがついていれば、5cmの障害物なんて簡単に乗り越えられる

スタートは坂道発進と一緒

停止線から一本橋の間の短い距離で勢いをつけることが出来れば、簡単に5cmの段差を超えることが出来ます。そのために距離を稼ぐのと勢いが大事。

後輪ブレーキを掛けながら、坂道発進のときと同じくらいエンジンの回転数をあげ、半クラッチで進みそうになるタイミングまで我慢して、後輪ブレーキを離す。

バイクの前輪と後輪が一本橋に乗るまでは、クラッチは完全につなぎます

一本橋は低速で渡らないとイケない課題です。だからといって一本橋にゆっくり侵入しようとすると5cmの段差にハンドルを取られてバランスを崩してしまいます。

タイムを稼ぐのは、バイクの前後輪が一本橋に乗ってからで十分です。勢いの方が大切です。

左足を急いで乗せるとバランスを崩す

バイクが停車しているときは、左足を地面についていますよね。発進時に急いでステップに乗せようとするとバランスを崩してしまいます。一瞬でもフラついてしまうと一本橋に乗ることが出来ません。バイクに勢いがつくまでは急に体制を変えない方が良い。

どうですか? 橋に乗れそうな気がしませんか?

一本橋に乗るためには5cmの段差に負けないスピードが必要。勢いをつけるためには、ちょっと手前で停車、勢いよく発進。そしてハンドル操作をなくすために真っ直ぐ停車すること。

本橋のコツは「目線を遠くに」なんて聞きますが、橋に乗るまでは目線なんて段差で良いですよ。憎っくき5cmの段差を睨んで頑張ってください(笑)

幅『30cm』の綱渡り

一本橋上にバイクの前後輪が乗ってしまえば、後はバランス。バランスを取るためには、真っ直ぐバイクに乗る必要があります。

低速でバランスを取るコツは

一本橋に乗るコツ
  1. 頭を動かさない。
  2. ニーグリップ。
  3. ハンドルはプルプル動かす。

バランスを取るために必要なのは、自動二輪教習でうるさく(?)言われているニーグリップ。

重心がズレるとバイクは曲がる

バイクの左右中心に重心を乗せておけばバイクは安定します。そのためにニーグリップが大切です。そして頭を動かさない。

30cmしかな橋の上を走っていると前輪がドコを通っているのか気になります。すごく分かります。見たいですよね。でも頭を動かして下を見ると間違いなくバランス崩します。

一本橋のコツで「目線を遠くに」というのは遠くを見ていると頭が動かないから

でも、気になるんです。前輪が橋のドコを走っているのか。

分かります。私もそうでした(笑)橋から落ちないか気になりますよね。そんなときは、頭は動かさず目玉だけで下を確認します。

大きく軌道修正をするとバランスを崩す

ずっと真っ直ぐ走れれば問題ないのですが、どうしても少しずつ軌道がズレて橋から落ちそうになってしまいます。そうならないためにも目玉だけでタイヤの軌道を確認して修正をする必要があります。

軌道を修正するためにハンドルを操作します。そのハンドル操作はなるべく小さく行います。ハンドルを大きく切らなくても良いように、少しでも軌道がズレたら修正していきます。右にハンドルを切ったら少しだけ左に。微妙に小さくハンドルを操作して軌道修正をしてください。

ハンドルをどちらかに大きく切ってしまうとバランスが崩れてしまいます。なので橋に乗ったら真ん中を走っていても少しずつ、早く切って軌道修正をしてください。プルプルしている感じ。

私はウォーニングアップ走行で、前に教習車が詰まっているときなどに練習をしていました

時間を稼ぐのは余裕があったらでOK

卒業検定で『一本橋』は落ちたら検定中止になります。規定時間より1秒短いごとに5点の減点。

まずは『一本橋』に乗る、落ちないことの方が大切

一本橋は長さが15mもあるので、ちょっと早いスピードで走り抜けても6秒くらいかかります。バイクの前後輪が一本橋に乗った時点で後輪ブレーキを軽くかけてバランスを取りながら渡り切れば、問題なくクリアできると思います。大型二輪は頑張らないと難しいかも。。。

無理する必要はありません。

リラックスして挑む

苦手意識があると緊張して失敗してしまいます。落ち着いてチャレンジすれば、きっとクリアできます。

どうしてミスをしたのかを考えながら、成功するまで回数をこなすことだと思います。教習所の指導員の方もコツを教えてくれますし、他のブログ、Youtubeなどでも一本橋のコツが紹介されています。

言い回しや感覚は人それぞれです。色々なコツを聞いて実践すると、ハマって上手くいきます。

頑張って、一本橋を克服してください!!

最後までお読みくださりありがとうございます。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

ひらめをフォローする
スポンサーリンク
第18研究室

コメント

タイトルとURLをコピーしました