若者の〇〇離れ。最近、若者の飲み会が少なくなってきたんじゃない?

生き方
スポンサーリンク

僕は昭和50年生まれのオヤジです。

僕も中年なのでちょっと言ってみたいことがあります。

「最近の若者は〜」なんてリアルの世界でも、あんまり言わないけど、ちょっとだけ言わせて。

最近の若者は、あんまり飲みに行かないよね?

いやっ行っているのかも知れないですよね。僕が避けられているのかも知れなくて、実は毎晩、ドンチャン騒ぎをしているのかも知れない。

それなら、まだ日本の未来は明るい。なんて思うんだけど、居酒屋に行っても若者が少なく感じます。

そんなことないのかなあ?

飲み以外にも忙しい

僕らの年代、今40〜50歳くらいの年代の人たちが若者だった頃、1990年代とか2000年代は、何かと飲んでいたような気がします。(そんなことないですか?)

僕が田舎から大学進学のために神奈川に出てきた頃は、大学の新入生歓迎コンパとか、いきなりお酒の洗礼を受けたような気がします。

よくよく考えると金がないなりにいつも飲んでいたような気がします。

バイト仲間、学校の仲間、バンド仲間、サークルの先輩や後輩との飲み会や、当時流行っていたクラブなんかに行ってもシラフなんて考えられませんでした。

そのまま、社会人になっても同期や先輩、上司との飲み会、デート(懐かしい響きですね)でもお酒がないデートなんて無かったような気がします。

よくよく考えてみるとデートはシラフだったことも多かったですね。休日のデートは車を出すことが多かったので、シラフでしたね。

ただ、当時と違って今の若者は、飲み会以外にも色々と忙しいんだろうな。

やることが多い若者

僕らが若かったときって、携帯電話はあったけど(学生時代はピッチ、PHS)今みたいにスマホなんて無かったし、家で一人でいるのが寂しい感じだったんですよね。

それこそ、家にいるとテレビを見るくらいしか、やることがなかった。

今ほど時間を有効活用出来なかったんですよね。なので、みんなで街に繰り出して飲む。

合コンだのなんだの理由をつけて飲む。

女の子と知り合うきっかけなんて飲み会、合コンくらいしかなかったんですよね。

そして、その飲み会が一番の楽しみでした。

今考えると何か他のことに時間とお金を使えば良かったと思うけど、当時は、それがカッコ良いと思っていたんですよね。きっと。

今の若者なんて他にも楽しいことがたくさんあるし、別に無理してみんなで集まって飲む必要もないですよね。

いつでもLINEとかSNSで仲間と繋がっているし、時間とお金をかけて飲みに行く必要もない。

収入も多くないし、僕らの世代を見て悪いことは真似しないようにしているのかも知れない。

でもね、一緒に酒を飲んでバカ話をする無駄も人生には必要なんだよ。

若者の居酒屋離れ

若者の居酒屋離れには色々な理由があると思います。僕らのオヤジ世代からすると分からないかも知れません。

それこそ、お酒を飲むより楽しいことがたくさんあるしね。

でもアナログなオヤジとしては、一緒に飲みに行って朝までバカ話をしたい。

と言うか、若者にお願いしたい。

冷めてないで熱くなろうぜっ。

他人との繋がりと言うか人間関係って、もっと熱くて良いと思う。飲んで嫌われることなんて無いよ。無いハズ。無いと思う。無ければ良いなあ。

やっぱり若者が元気じゃ無いと世間が明るくない。オヤジじゃなくて若者が頑張らないとね。

ほろ酔いオヤジの戯言でした。

最後までお読みくださりありがとうございます。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

ひらめをフォローする
スポンサーリンク
第18研究室

コメント

タイトルとURLをコピーしました