40代男性が転職をするときに資格は必要なのか?

40代の転職は資格より経験・経歴 仕事・働き方
スポンサーリンク



はじめに結論を言います。40代で転職をする場合、資格は必要ありません。資格より今までの経歴の方が重要です。もちろん、横並びの場合は資格がないより、あった方が良い。ですが、そのレベルです。

だからと言って「資格を取るのがムダ」な訳ではありません。

私は40代だろうが、50代だろうが資格を取ると言うことはムダにはなりません。ただ、転職をするために資格を取る必要はありません。40代が転職で資格が必要となる場合は、今までと違う業界への転職を考えている場合のみ

反対に言うと違う業界に転職を考える場合は資格を取ることが必要

40代で転職を成功させるためには『今までの経験・経歴』が重要

私は43歳のときに転職をしました。私の転職は大成功でした。もし、あなたが40代で、転職を考えているなら、私が言えるのは「40代での転職は簡単ではない」と言うこと。私が転職に成功したのは、今までの経験や経歴がマッチしたのは、もちろんですが、運が良かった。

どうやって、私が転職を成功させたのかをお話します。

転職が成功した理由

私は新卒で就職をしてから、約20年間、システム開発会社で仕事をしていました。SE、プログラマーとして色々なシステムの開発に携わりながら経験を積みました。多くのシステム会社のように大手の大規模システムの開発に駆り出され、それこそ馬車馬のように働いたこともあります。

ただ運が良かったことに派遣されて仕事をすることより、自分で営業をして打合せ、設計、開発、納品、メンテナンスをひとりで行うことが多かった。ひとりではなく、何人かでプロジェクトを組んだりしながら、細々と稼いでいました。

特に得意だった(今でもバリバリですが?)ホームページのデザインやSEO対策をする場合、打合せやプレゼンなどの経験もたくさん積めたし、少人数でしたがマネジメントも経験しました。他のSEやプログラマーが経験しにくいことをたくさん経験でしました。これは本当に運が良いこと。

他の人と違う経験が大きい

システム開発業界を知らない人にも簡単に説明すると、ほとんどのSEやプログラマーはプログラミングやシステムの設計といって、コンピューターに何をさせるかを考えることが仕事です。どうしても仕事のスタイルが「対コンピュータ」になります。

変な話、イメージ通りネクラな印象の人たちが多い。最近は明るい人や、おしゃれな人もいますが少数派。対コンピュータの仕事が多いので、人目を気にする必要も少なく、コミュニケーションを取るのは同じ人種の人ばかり。意識しないと成長があまりない。

私はWebサイトのデザインや構築を行っていました。

バリバリのシステム屋さんからすると「ホームページなんて誰でも出来るし、単価も安いし、わざわざ仕事にする必要はない」なんて考える人が少なくありません。ホームページの仕事をする人が少ないので、私にまわってきていました。

何が良かったかと言うと「たくさんの人と打合せをしないとイケない」と言う環境。ホームページを作りたいと言うお客さんもそうだし、コンテンツを作成してくれる協力会社やデザインを手伝ってくれるデザイナー、SEOコンサル、裏で動くシステムを開発する人など、プロジェクトによって色々な人と接する機会が多かった。

みんながやらないことを経験する

システムの設計やプログラミングのスキルは、私より凄い人たちがたくさんいます。そこそこプログラミングも出来るし、システムの設計も出来るけど、そこでは私は競わない。だって、上には上がいますよ。私は、プログラミングもできるし、システムの設計もできる。そしてホームページのデザインもできるし、プロジェクトのマネジメントもできるシステムエンジニア。

基本的な立ち位置はSEですが、ホームページのデザインができるSE。プレゼンやコンサルもできるSE。など、みんながやらないことをやるシステムエンジニア。周りと違った経験、経歴が最終的に転職で大きな武器になりました。

転職後の職業

実際にサラリーマンをしていると周りと違った経験を積むと言うことは難しいですよね。システムエンジニアをしていて、システムのコンサルとか、ホームページのデザインなんてほとんど経験ができない。

私はシステム開発会社から商社へ転職をしました。経営管理部としてシステムを戦略的にどうやって作っていくかを仕事にしています。会社の顔であるホームページのデザイン、機能などのディレクション、新規で導入するシステムの要件定義、システム開発会社への発注、仕様決めが仕事です。

システムを開発する側から使う側への転職です。肩書は社内SE。やることは若干変わったかも知れませんが、職種は変わっていないつもりです。転職前の経験や経歴が大きく役に立っています

経験がないなら資格が必要

40代の転職は、テレビCMじゃないけど『即戦力』が求められます。私の場合は経歴がマッチしたから大成功しました。そんな運が良いことなんてあまりないと思います。星の数ほどある企業の中から、自分のスキル、経験を求めている会社とマッチすると言うことは、稀だと思います。

転職で失敗する原因は、会社で求められるスキル、経験と自分の経験がミスマッチなとき。

40代の転職は同じ職種の会社に転職するのが一番安全です。求められるスキルや経歴がマッチする確率が高いから。でも、転職して違う仕事をしたいという場合もありますよね。それこそ、システム開発、介護などキツいと言われる業界から別の業界への転職を希望する人も多いと思います。

ただ40代の転職は即戦力が求められます。若者であれば未経験でも採用をして教育をしてくれますが、40代だと難しいのが現状です。40代で経験がない業界に飛び込むためには、資格を取ってから転職を考えてください

経験と同等の知識があると認めてもらう

資格は知識はあるとアピールできる。40代で未経験の業界に転職を考えている場合、どうしても経験や経歴で不採用になる確率が高い。しょうがないですよね。企業もボランティアで採用をしている訳ではないので、中途採用に求めるのは『即戦力』になってしまいます。

未経験者がドコでアピールをするかと言うと『資格』しかありません。

資格とは、第三者が知識を持っていると証明。

この第三者と言うのがミソです。いくら「自分なら出来ます」と言ってもどうしても疑いを持たれてしまう。転職時は、信用されない。資格が取れたと言うことは、それなりに知識があると第三者が認めたということ。

まとめ

私は運よく、転職前に人と違う経験、経歴を積むことができました。そして転職先もたまたま私の経験、経歴に興味を持ってくれ、採用してくれました。

偶然が重なり、私の転職は大成功を収めることができました。ただ、私のように運が良く別な業界への転職が上手くいくということは多くありません。40代で転職を成功させるためには、同じ業界への転職、もしくは転職先の業種で必要な資格を取ることです。

40代の転職で必要なモノ
  • 40代で転職をする場合、資格より大事なのは経験、経歴。
  • 経験や経歴がない場合は資格が大事。

ひと昔前と違って転職の敷居は低くなってきています。だからと言ってダレもカレも転職が上手くいくことは、ありません。あなたの転職が成功するために参考になれば幸いです。

最後までお読みくださりありがとうございます。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

ひらめをフォローする
スポンサーリンク
第18研究室

コメント

タイトルとURLをコピーしました