黒千代香(ぢょか)で飲む本格焼酎。前割りで焼酎が美味くなる

知識
スポンサーリンク

寒い時期になってくると焼酎のお湯割りや日本酒の熱燗が美味しくなってきますよね。

鍋を囲みながら冷たいビールも良いですが、僕は寒い時期は暖かいお酒が恋しい。

本格芋焼酎を前割りして黒ジョカで燗をして飲むと最高です。水割りやお湯割りじゃなくて前割りで飲む焼酎って知っていますか?

焼酎の水割りやお湯割りじゃなくて前割り。芋焼酎を飲む前にひと手間加えるとマジで美味しく焼酎が飲めます。芋焼酎が好きなら前割りをして黒ジョカで燗をしてみてください。

本当に知らないともったいない、焼酎を美味しく飲む方法です。

前割りは簡単だけど、焼酎がまろやかになって美味しいんだな、コレが。角がなくなると言うか、まろやかな前割り焼酎を飲んだら、ハマりますよ!!

前割り焼酎とは

前割り焼酎とは、焼酎の本場、九州の飲み方。僕が前割り焼酎を知ったのは、鹿児島に出張に行ったとき。

鹿児島と言えば、芋焼酎!!と張り切って飲みに行ったのですが、水割りとお湯割り、そして「前割り」と言うものが置いてありました。

安い焼酎でも前割りをすると美味しくなるそう。

前割り焼酎とは、焼酎をあらかじめ水で割って数日間寝かせる飲み方。九州ではスタンダードな飲み方でだそうです。

焼酎って飲むときに水で割ったり、お湯で割ったりしますよね。そうじゃなくて、1週間前に焼酎を水で割って寝かせておく。寝かせておくと焼酎のアルコール分子の周りに水の分子が馴染み、口当たりがまろやかになるそうです。

時間を掛けて寝かせるとよりまろやかになるそうです。

前割り焼酎の作り方

前割り焼酎の作り方は、超簡単です。お好みの焼酎を買ってきて、水で割って置いておくだけ。

割合は、6:4(焼酎:水)を基本にして、自分好みの割合を探しましょう。僕は5:5が多い。と言うか、面倒くさいので適当ですね(笑)

焼酎のアルコール度数は25度くらいのモノが多いですよね。5:5の割合で前割りをすると12~13度くらいで日本酒やワインくらいのアルコール度数ですよね。

飲みやすいですよ。

僕の場合、前割りの焼酎を温めるときは、5:5で作るのですが、冷やして飲むときは1:2(焼酎:水)くらいの薄めの前割りを作ります。1:2の薄めの前割りも冷蔵庫で冷やして飲むのも美味しいですよ。

割合は適当ですが、水はペットボトルの水を使っています。前割には日本の水(軟水)が良いそうなので、天然水のペットボトルにしています。

水道水でもOKだと思うんですが、美味しく飲みたいのでちょっとだけ気にしています。

ちなみに僕はアマゾンで天然水を買っています。おすすめなのが、このラベルレスの天然水。ゴミも少なくてエコですよね(笑)

容器は何でもOK

前割り焼酎は本格的に作ろうとしたら、焼酎甕などで熟成させた方が美味しいと思いますが、家では無理ですよね。でも安心してください。容器なんて何でも大丈夫ですよ。

焼酎の香りより強い香りがなければ、水のPETボトルだって良いし、焼酎の空き瓶だって大丈夫。

焼酎サーバーがあると簡単に前割りが出来るんだけど、それなりに広いリビングじゃないと焼酎サーバーなんて置いておけないですよね。

僕も一時期、焼酎サーバーで前割りをしていたのですが、家族から「邪魔」と言われ、1シーズン限りでしたね。行きつけの居酒屋に献上しました(笑)

おすすめなのが、ラジウムボトル。焼酎の空き瓶で作るより、まろやかになるのが早いような気がします。

本当はラジウムボトル2本体制で回したいのですが、今はラジウムボトルと焼酎の空き瓶で2本で前割りをしています。

保管場所は冷蔵庫がおすすめ

僕は前割りをしたら、台所の下に隠して(?)いるので、常温でも腐ったりはしませんが、冷蔵庫で保管した方が衛生的だと思います。

前割りをしたら、1日でもまろやかに感じると思います。僕は3日は我慢するようにしています。3日を過ぎるとグッとまろやかに感じます。

前割りを仕込んで3日後から(他にも飲む酒が多いので)約2週間をかけて飲んでいますが、だんだんとまろやかになってくるので面白いですよ。

前割りにする焼酎

前割り焼酎は焼酎であれば、甲類(キンミヤとか安い焼酎)でも麦焼酎でも出来ますが、おすすめは芋焼酎

できるだけ、香りの強い焼酎の方が美味しくなると思います。ここ数年、前割りで飲む焼酎で、一番美味しいと思っているのが『さつま木挽』。

最近、青い木挽も売られていますが、黒の木挽が最高です。

もちろん、黒霧島の前割りも美味しいのですが、木挽の方が安くて美味しいのでおすすめです。

ちなみに木挽は前割りをしなくても美味しく頂けますよ。

黒ぢょかでさらに美味しく

前割り焼酎は、冷やして飲んでも、常温でも美味しいのですが、温めるなら黒千代香(ぢょか、じょか)を使って温めて飲んでみてください。

前割り焼酎を黒ぢょかという陶器にいれて、人肌(約40度)に温めて飲むと絶品です!!

黒ぢょかでゆっくりと温めた前割り焼酎は、まろやかな味と香りが口から鼻にかけて広がります。

僕の黒ぢょかは、4年物なので良い感じに育ってきています。黒ぢょかは基本的に洗いません

黒ぢょかを使うたびに陶器に焼酎の香りが染みつき、前割り焼酎をさらに際立たせると言われています。

黒ぢょかから注いで、おちょこでチビチビ飲んでいると前割り焼酎2合(焼酎は1合)くらいで良い感じに酔えます。

黒ぢょかの良いところは直火にかけられることです。(製品によっては直火がダメなものもあるので注意してください)

いちいち、お燗をする必要がないし、洗わなくても良いのでラクですしね。

寒い時期は、温かい家で飲むと幸せを感じます。寒い中、酔っ払って歩く必要もないしね。

家飲みだからこそ、ひと手間をかけて美味しいお酒を飲みましょう。

最後までお読みくださりありがとうございます。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

ひらめをフォローする
スポンサーリンク
第18研究室

コメント

タイトルとURLをコピーしました