アラフォー親父のおしゃれ。嫌われない清潔感を身に付けよう

アラフォーおじさんのおしゃれ 仕事・働き方
スポンサーリンク

「おじさんが40歳過ぎて、おしゃれする理由ってあるの?!」

私は結婚もしているし、今更、女の子にモテたいなんて思いません。そんなアラフォーおじさんは、おしゃれをする必要なんてない。と思いますよね。

でも、会社はもちろん、子供の友達の母親など女性に嫌われない程度のおしゃれをする必要があるんです。

何故かと言うと組織で「女性に嫌われたら終わり」なんです。

モテる必要はないけど、嫌われないくらいに「おしゃれ」しておいた方が、ラクに生きていけます(笑)

私は、会社に行くのも「ビジカジ」って言われるビジネス・カジュアルですし、普段、土日もそれなりに服装に気を付けています。今のところ、おねえ様がた(おば様がた?)に服装で嫌われないで、可愛がってもらっています。

女性陣に嫌われない服装は、ずばり清潔感。

何に気を付ければ、アラフォーのおじさんが女性に嫌われない服装ができるかをお話します。

※ あくまでも、おじさんがモテるための「おしゃれ」ではなく、アラフォー、40歳を超えたおじさんが「嫌われないため」の服装について、個人的な見解です。「モテたい」と思う場合は、「おしゃれ」は奥が深いと思います。あくまでも、嫌われないために参考程度に読んでくださいね。

歳相応のおしゃれ

今、アラフォーのおじさんだって昔は、ワカモノだったハズです。

腰パンしてダボダボの服を着ていたかもしれませんし、先の尖ったブーツを履いていたり、腰からチェーンをぶら下げていたかもしれませんよね。

そこまで流行に流されていなくても、それなりにおしゃれをしていたハズ。それこそ、「女の子にモテたい」という不埒な思いや、好きな服を着ていたと思います。

それがいつしか、平日はスーツ。休日は、ジーンズにスエット、あまりファッションに興味を持たなくなったり、昔から好きで来ていた服をそのまま着続けたりしていませんか?

「もう5年くらい、服なんて買っていない」

なんて人も。。。

ワカモノとの違い

なんだかんだと言っている私もそうですが、若い時に似合っていた服が、似合わなくなってきます。これはしょうがないですよね。体格が変わってくるし、肌のハリもなくなるし、髪の毛の量だって変わってきます。

もう、おじさんなんで、ソコはしょうがないんです。髪の毛の量でワカモノと張り合ってもしょうがない(笑)

私も40歳を過ぎたくらいから、丸首の服がに合わなくなってきました。昔はジーンズにスエット、Tシャツでソコソコ、イケていたのに、今、同じ格好をすると貧乏くさく見えてしまいます。

私だけじゃないんです。あなたも一緒ですよっ。きっと。

おじさんには、おじさんのおしゃれが必要です。

おじさんに必要なのは「フォーマル感」

話がズレてしまいました。おじさんが女性に嫌われないためには「小ぎれい」にしなくてはいけません。

なんだかんだと言って女性は、不潔なのが嫌いです。嫌われないためにはキレイな服装に見えるように心がけてください。

自分は若いと思っていても、周りからしたら良い歳のおじさんです。カジュアル過ぎる服装だと、だらしなく見えるし、子どもっぽく見える。だからって休日もスーツ着ているなんてあり得ませんよね。

私の場合、平日もスーツを着てビシッとしていることはありません。

Tシャツ、ジーパンのときもあります。カジュアルなアイテムですが、だらしなく見られないように気を使っています。どうすれば良いか。シルエットに気を付ける

フォーマル感を出すために

「フォーマル感を出せ!!」って言われても、どうすれば良いの?

フォーマル感を出すコツは三つ。私が伝授しましょう!!(別におしゃれなおじさんではありませんが。。。)

フォーマル感を出すコツ
  • 白・黒・紺
  • 固めの素材
  • タイトなシルエット

白黒のモノトーンでタイトな服装をしていれば、フォーマル感がバッチリ出ます。

でも、派手な色の服を着たいときもあるさダボっとした服を着てリラックスしたいときもあるさ。そんな時はどうするのよ?

フォーマル感を出すコツ

気合を入れておしゃれをする場合を除いて、普段「小きれい感」を出すためには、フォーマル感を出す三つのコツを全てクリアすることはありません。

難しく考えずに、三つのコツのうち、ひとつでもクリアすれば、小ぎれい感がでます

例えば、カジュアルファッションの代表であるジーンズだって、タイトなシルエットにすれば、グッと小ぎれいに見えるようになります。スエットでも一緒です。

派手な色のTシャツでもタイトであれば、イタイ感じにはなりません。

ダボダボのジーンズでも白や黒を選ぶとか、トップスをタイトにするとかで、小ぎれいに見えます。

流行りを追っても、しょうがない

服装、ファッションは、流行りがありますよね。流行りを取り入れようと頑張るとイタイ感じになってしまいます。だって、おじさんなんだもん。

「流行っているアイテム=おしゃれ」ってのは、若者の特権です。

ただ、私も流行りを入れたりしますよ。でも基本はフォーマル感を出すことに意識をしています。

値段が高くても大事なのはシルエット

フォーマル感を出すのに一番簡単なのは、シルエットをタイトにすることです。例え、ユニクロやGUでもサイズに気を付ければ、高見えするし、小ぎれいに見えます。

「ラクに着たいから」とワンサイズ大きめにしてしまうことが多くありませんか?

私は、ジーンズが好きで良く履いています。昔は、ワンサイズどころか、3サイズくらい大きなサイズのジーンズを履いていました。まだ履けるんですけど、履いていません。

若者が履けばおしゃれでも、おじさんが履くと汚く見えてしまうんです。

なので最近は、A.P.Cなんておしゃれなショップのジーンズが多いです。色落ちしてもシルエットがキレイなので、小ぎれいに見えますよ。仕事のときに履いていても、あまり文句も言われません(笑)

大事なのはシルエット

女性に嫌われないように

女性にモテたいから、おしゃれをする。のではなくて、女性に嫌われたくないからおしゃれに気をつける。

40歳超えたおじさんでも、おしゃれは大事ですよ。ヒトは見た目が8割。良い歳なので、気張る必要はありません。大事なのは、女性に嫌われないくらいの「おしゃれ」

そのためには、フォーマル感を出すことをイメージしてみてください。

フォーマル感を出すコツ
  • 白・黒・紺
  • 固めの素材
  • タイトなシルエット

ほんのちょっとのことで「おしゃれ」にみられますよ。

最後までお読みくださりありがとうございます。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

ひらめをフォローする
スポンサーリンク
第18研究室

コメント

タイトルとURLをコピーしました