普通自動二輪免許を取りに行く~社会人のおじさんが教習所で入校手続きをしてきました

バイク教習『入校手続き』 バイクの免許
スポンサーリンク

私は43歳なのですが、初めてバイクに興味を持ち、一念発起して免許を取りに行くことにしました。

私たちの年代は、バイクは不良の乗り物。1980年代のバイクの『三ない運動』(免許を取らせない、買わせない、運転させない)真っ只中でしたよね。漫画でも『湘南爆走族』や『ぶっこみの拓』とか、高校生の不良がバイクに乗っているイメージが強かったですよね。”バイク”イコール”暴走族”

バイクは危ない乗り物だし、バイクに乗っていると暴走族に絡まれる?

なんて先入観もあり、バイクに乗りたいとは思っていませんでした。でも、人生一段落(?)した40代、新しい趣味としてバイクが楽しめるのでは? と思い、教習所に通うことにしました。

免許を取って、危ないなと思ったら、バイクに乗らなければ良いしね。

ということで、本日、教習所で『入校手続き』を行ってきました。日曜日の午後で混んでいましたが、50分弱で手続きは終了しました。

バイク教習『入校手続き』

教習所に通うのは20年以上ぶりです。昔々にクルマの免許を取りに行った以来。地元、茨城で教習所に通ってクルマの免許を取ったのですが、手続きなんて覚えていない(笑)覚えているのは、感じの悪い教官(今は指導員と呼ぶそうです)だけ。

近所の教習所の教習所の”口コミ”を調べました。調べていて初めて知ったのですが、同じ地域の教習所でも、費用も違うし、用意しているプランも違います。どこでも同じだと思わずに調べてから教習所に通うことをお勧めします。

教習所での手続き

教習所までは自転車で向かいました。 本日は暑くもなく、寒くもなくちょうど良い気候です。こんな日はバイクでツーリングにでも行きたいぜっ(バイクの免許もバイクもないけど)。

年甲斐もなく、自転車のハンドルを握る手には”手汗。緊張する必要はないんだけど、うしろ姿はきっと戦場に向かう戦士のように”決意”、”覚悟”を持ったオトコに見えたハズ。

事前に教習所に電話で持ち物の確認もしているし、20年ぶりでも初めてじゃないし、緊張する必要はない。それとも緊張の原因は普段持ち歩かない大金を持っているからか? なんて5kmの距離を楽しみ(?)ながら教習所に向かいました。

バイク教習の入校に必要なもの

バイク教習の入稿時に必要なものは、事前に電話で聞いておきました。おそらく、どこの教習所に行っても同じようなモノが必要になります。事前に準備をしておきましょう。

入校時に必要なモノ
  • 住民票
  • 免許証(持っている人)
  • 印鑑(三文判でOK)
  • 写真
  • 教習費用

住民票は市役所や出張所、コンビニなどで事前に取っておく必要があります。免許を取ろうと思ったら、一番最初に用意した方が良いですよ。写真は教習所でも撮れることが多いようです。私が行った教習所でも証明写真の機械が置かれていました。

教習所のスタッフの女性に聞いたのですが、入校手続きで一番、忘れてくるのあg『印鑑』だそうです。確かに。免許は、普段から携帯していることが多いし、住民票もワザワザ取りに行っている。そして、費用は払う気満々だし、最悪カードで払えば良いですよね。印鑑は盲点。忘れやすい気がする。。。

プランの説明と書類の作成

教習所について、自転車置き場にチャリを止めていると早速、教習所のバスの運転手さんに

「おはようございますっ!!」

と挨拶されました。なんか、昔の教習所だと高圧的な人が多かったと思いますが、すごく感じが良い

ーー おぉ?! 最近の教習所はサービスが良いと聞いていたが、なかなかやりよるわ。(なぜ、上から目線?!)

「おはようございます。今日、初めてなんですが受付はどこですか?」

事務棟を教えてもらい、カウンターで入校の意思を伝えました。

笑顔で追加プランを勧められる

電話していた旨を伝えて、普通自動二輪の免許の入校手続きにきましたと伝えたところ、プランの説明、オプションの説明を受け、「プランも、オプションも後からは変えられない」と説明を受けました。

あれですね、”今だけチャンス”は卑怯ですよね。私は、今だけしか手に入らないとか、 限定〇個とか言われると、つい買っちゃおうかな。て思っちゃいます。そんなこと無いですか?

ーー出たなっ。悪代官。少しでもボッタくろうと思っておるなっ

でも、今回は心を鬼にして全て断ります。 ストレートで合格する自信がなかったので、本当は追加したかったんです。ただ、追加したくても追加できない理由があります。なせかって? ピッタリの金額しか、カミさんに貰えなかったから!!

「大丈夫です。一番安いプランで

ちょっと声を張って一番安いプランで入校手続きをしてもらいました。

入校前の検査

入校時に視力検査と身体検査?があります。コンタクトや眼鏡を忘れないようにしてください。

身体検査は屈伸運動だけ。おそらくバイクの運転ができるかの判断だと思うのですが、ちょっとジーパンがキツくてぎこちなかったと思います。ちなみに身体検査で落ちた人は今のところ、ゼロだそうです。

私は身長が173cmあるので、すんなりと入校前の検査をクリアしましたが、私が通う教習所では、背が低い女性、華奢な女性は、実際に使う教習車に跨らせて貰えるそうです。教習に使うバイクを支えられないとか、地面に足が届かない場合は、普通自動二輪の免許は諦めてもらうそうです。

ーーなんか、可哀そうだよね。。。

入校前の検査をクリアしたら、写真を撮って(600円)、教習費用を払って手続きは終了です。

バイク入校手続きは、あっけなく終了

バイク教習の入校手続きはあっけなく終了しました。正味50分くらい。

緊張していましたが(笑)大したことありませんでした。入校式のような儀式があると思っていたのですが、特に何もありませんでした。

入校手続きをしたので、最後に『予約』を入れて終わり。初めてのバイク教習は来週の日曜日。夏が来る前にバイクの免許を取ったと報告ができるように頑張ります。

最後に。

教習の予習として教習生の運転を喫煙所から観察。

ーー結構、上手くね?!(ちょっとビビッてしまいした。)

最後までお読みくださりありがとうございます。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

ひらめをフォローする
スポンサーリンク
第18研究室

コメント

タイトルとURLをコピーしました