会社を辞めるなら早い方が良い理由。「とりあえず3年働け」は必要ない!!

仕事・働き方
スポンサーリンク

学生から社会人になるときに多くの人は、サラリーマンとして会社に就職します。

でも、その就職した会社や選んだ職業に向いているか、向いていないかなんて実際にやってみないと分からない。

就職する前から意識高く、業界研究や企業研究をしてマッチングして入社するなんて極少数の人だと思います。大抵の人は、就職して働いてみてやっと「ヤバい。向いていないかも」と感じます。

そんなとき、会社の上司や先輩、親などに相談すると「せっかく就職したんだから、3年は頑張れよ」とか「とりあえず3年働いてみなよ、何か変わるよ」なんてアドバイスを受けると思います。「向いていないかも」と思ったら早く軌道修正をした方が自分のためになると思いませんか?

「とりあえず3年働け」とは、その会社、業界の文化に慣れろと言うこと。文化に慣れれば、今はツラくても苦痛ではなくなります。その文化に慣れるまでに3年くらい掛かると言うことを大人は経験して知っているから”とりあえず3年”と言うのです。

もし「向いていない」と思ったら、出来るだけ早く辞めるための行動を取った方が良い。”とりあえず3年”と言う言葉に騙され「そのうち、出来るようになるよ」とか「しばらくしたら慣れるよ」なんて言われ続け、頑張ってしまい、心が折れ、辞めていく若い子たちをみていると「早く気づけよ」と思わずにはいられません

「とりあえず3年働け」に惑わされず、会社を辞める方が良い理由を解説します。

会社を辞めるなら早い方が良い理由

会社を辞めるなら”とりあえず3年”は必要ありません。会社や業界の雰囲気なんて少し働けば分かりますよね。早い人だったら1ヶ月もすれば、自分に向いているかどうか分かると思います。

自分に向いていないと思い、会社を辞めるなら早い方が良い

なぜなら、1回でも本気で「会社を辞めたい。」と思ったら高確率で辞めることになるから

誰かに相談して「とりあえず3年働いてみなよ」と説得されて会社に残ることを決め、働いたとしても辞めたくなります。

例えるなら、生理的にムリな異性と付き合うようなモノです。できれば相思相愛の恋人と一緒にいたいですよね? 嫌いな人と一緒にいたら何も楽しくない。でも「3年一緒に生活していたら、空気みたいに感じるから」なんて言われて付き合うことが出来ますか? きっと別れると思いますよね。それなら新しい恋人を探した方が良いですよね。

会社も一緒です。ムリして勤める必要なんてない。少しでも早く会社を辞めて、新しく自分が続けられる仕事を見つける方が後悔しないんじゃないかな。

「とりあえず、3年働け」の意味

”石の上にも三年”なんて言葉もありますが「なぜ3年働け」と大人は言うのでしょうか? 理由は3年も同じ環境にいると慣れるから。それを大人は経験して知っているのです。

「辞めたい」と話をしたら、両親や上司、先輩は「とりあえず、3年続けてみよう」って言いますよね。

3年も同じところで同じ作業(仕事)をしているとその文化に慣れます。そうするとラクになる。環境に慣れるから10年でも20年でもいれるようになります。大人は、みんな経験して知っているんです。

例えブラックな会社でも3年続けたら人間、慣れます。その環境が普通になる。特に会社は閉鎖された環境の中にあるので他の会社の情報が入りにくい。そうすると会社の文化が普通だと思ってしまいます。

そして、先のことなんか考えず3年頑張れば、ほとんどの仕事ができるようになります。仕事ができるようになるとラクになり、会社に大きな変化がない限り続けられるようになる。

働いたところで

どんなに向いていないと思っても、働き続けるとその会社、業界で仕事をこなすことが身につきます。

何に対しても疑問を持たなくなってしまうんです。「こういうものなのね。」と感覚になるんです。そうすると「辞めたい」と思っていたのに仕事に追われ、いつの間にか何も思わなくなってしまいます。

そんな生活をその後何十年も続けていて楽しいと思いますか? 「仕事に楽しみなんかない」と割り切って仕事をするのもアリだと思います。いつの間にか、歳をとって子どもが産まれて責任を取らないといけない歳になってしまいます。そうすると色々とチャレンジすることが難しくなってしまいます。

自分の成長が望めない、仕事が楽しくないのなら早めに行動をしないと30年、40年ソコで働くことになってしまいますよ。

人として生きるか社畜になるか

すごく良い会社であれば「辞めたい」なんて思わないですよね。でも、本気で辞めたいと思うってことは何かがあるハズ。

残業が多いのか、作業がつまらないのか、人間関係が悪いのかなど。

3年経っても10年経っても不満に思ったことはミラクルが起こらなければ、改善されない。
その会社や業界の文化って簡単には変わらない、変えられない。

IT業界がブラックなのは昔からで改善なんてされていない。私もIT業界に片足を突っ込んでいるんですが社畜が多い。「よく働いているな。」と思う悪環境でも仕事をしています。

人として普通の生活を送りたいと思うなら、向いてないと思ったら早めに手を打たないと感覚がマヒして「立派な社畜」になってしまいますよ。

会社を辞める理由は人それぞれ

会社を辞めたいというときは必ず、前向きに辞めましょう。真面目な人ほど心が折れるまで頑張ってしまいます。

「自分が成長するために」「自分が楽しむために」「たくさん稼ぐために」「自分がラクをするために(?)」など「向いてない」と思う会社だったら、早めに逃げないと大変なことになりますよ。

これからは会社にいるだけで昇給する時代ではありません。会社に頼らない生き方を探しても面白いのではないでしょうか?

最後までお読みくださりありがとうございます。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

スポンサーリンク
ひらめをフォローする
第18研究室

コメント

タイトルとURLをコピーしました