お酒は楽しく飲むもの。仕事の話は止めようよ

仕事・働き方
スポンサーリンク

僕は40歳超えたオヤジです。

中年オヤジの楽しみのひとつに『飲み会』がありますよね。

僕は飲みに誘われれば、出来るだけ参加しています。結構、頑張っているんですよ(お酒が好きだからかもしれないけど)

気心が知れた仲間で飲むのが、一番楽しいですが、仕事で飲むことも結構あります。

お客さんとの食事会と言う名の飲み会や打ち上げやキックオフ、忘年会、歓送迎会などなど何かと理由をつけて飲み会が開催されますよね。

僕の場合、出欠を取られたことがないくらい飲み会メンバーの初期値に入っています。これが野球の打率だったら、イチローもビックリの打率9割越えです。

お酒をみんなで飲むのは、コミュニケーションを深めるためには必要です。でもさ、飲みの席で仕事の話は止めようよ。

「誰も得しないよ」って話。

仕事の話をする心理

会社の飲み会で仕事の話をする人って一定人数いますよね。

僕は声を大にして言いたい。

仕事の話をする人がいるとお酒がまずくなる

飲みの席で仕事の話をするのは、大体、中年以上。たまに若い奴でもいますが。。。

言っちゃ悪いけど老害ですよ。特に、若者がいると仕事のことで絡んだりするじゃん?

マジでウザい。

仕事の話をするおじさんってどんな心理なのか、想像してみます。

酒が入って気持ちが大きくなる?

お酒が入ると気分が良くなり、気持ちが大きくなりますよね。

普段、言えないことが言える気がする。分かる。

僕も若いときに良く、お酒のチカラを借りて告白(恥ずかしいっすね)したりしてました。

酒飲んで告白して、撃沈。その後、友達を呼んでやけ酒。

ーーー

こうやって考えると僕の人生にお酒は欠かせないですね。

でもさ、よい歳のオヤジが酒のチカラを借りないと仕事の話が出来ないなんて恥ずかしいぜっ。

普段溜まっていたものが爆発?

これはあるかもしれない。溜まっていた『うっぷん』が酒を飲んで爆発しているのかもしれないですよね。

でも、うっぷんが溜まるのって、老害のおじさんじゃなくて、若者の方だよね。おっさんの仕事のやり方が古かったり、効率が悪いと思ってうっぷんが溜まっているのは若者。

まあ、お酒を飲むのはストレス発散の意味もあるから、溜まっている『うっぷん』を吐き出すのは良いと思う。

でも、おっさんが、若者のうっぷんを発散させるのであって、目上の人が発散するのはなしだよね。

話題がない

じゃじゃーん、核心をつきます。

実は、この記事を書くときから核心は知っていました(笑)

飲み会で仕事の話をするおじさんは、話すネタがない

仕事の話をするおじさんは、飲み会で話す話題がないんです。これは若者で仕事の話しか、しない奴も一緒。

みんなと話をしないといけないと思っても、共通の話題がない。と言うか、共通の話題が見つけられないから仕事、会社、社員の話ばかりするんです。。

僕みたいにバカな話ばかりをしていると若者にナメられるしね。

若者よ!! おじさんの話は、憐み(あわれみ)の目で見ながら聞いてあげて。

もう、神目線で良いので「こいつ、可愛そうだな」って見てあげてください。

飲み会の席で仕事の話をする奴が悪いんだから、聞いてなくても良いと思うよ。

聞いているふりをしてあげてください

お酒は楽しく飲むもの

そして、仕事の話をするおじさんに言いたい。

酒の席で仕事の話をしても、楽しくないんじゃ!!

って言うか、聞いてないし、聞いていても忘れるよ。だって酒飲んでるんだもん。

仕事の話は、シラフのときにしようよ。話題がないなら、聞き役に回って頂戴。

本当にしらけるんだよね。気づいていないかもしれないから、こっそり教えてあげるね。

飲みの席で仕事の話をするおじさんは嫌われているよ

お酒を飲みながら、仕事をしても楽しいと思う人なんていないんですよ。僕なんて露骨に顔に出ていると思いますよ。

仕事の話ばかりになってしまう中年のおじさんは、何か話題になるネタを用意するようにしましょう。

そうすれば、もっと有意義な楽しい飲み会になりますよ。

最後までお読みくださりありがとうございます。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

ひらめをフォローする
スポンサーリンク
第18研究室

コメント

タイトルとURLをコピーしました