プログラミング教育が始まる。うちの子供でも理解できる?!

2020年の学習指導要領で小学校からプログラミングが必修化されることが決まりました。

学習指導要領の総則では

情報活用能力の育成を図るため、各学校において、コンピュータや情報通信ネットワークなどの情報手段を活用するために必要な環境を整え、これらを適切に活用した学習活動の充実を図ること。

あわせて、各教科などの特質に応じて、次の学習活動を計画的に実施すること。

ア 自動がコンピュータで文字を入力するなどの学習の基盤として必要となる情報手段の基本的な操作を習得するための学習活動

イ 自動がプログラミングを体験しながら、コンピュータに意図した処理を行わせるために必要な論理的思考力を身に付けるための学習活動

引用:文部科学省

とプログラミング教育について記載されています。

テル
テル

よく分からん。。。

ひらめ
ひらめ

お役所言葉だもんね。簡単にまとめると

  • 学校でもプログラミングに触れる機会を増やそう
  • パソコンを使えるように教育をしていこう
  • 『プログラミング的思考』を教育していこう

つまり、小学生のうちからプログラミングを作ることを目的にしているのではなく、コンピュータに対する苦手意識をなくそう。

そして、プログラミング的思考を身につけ、論理的に問題を解決できるようにしよう。

なお
なお

訳のわからない英語を打ち込んだりする訳ではないんだね。

ひらめ
ひらめ

プログラマーの育成が目的ではないよ

プログラミング教育が必修化されると言っても『プログラミング』を作れるようなスキルを身につけると言うことありません

難しく考える必要はありません。

プログラミング教育は何のため?

プログラミング教育は小学校から必修化されました。

そもそも小学生からプログラミング教育を行う目的は何なのでしょうか?

文部科学省の、学習要領の総則では

小学校においては、自動がプログラミングを体験しながら、コンピュータに意図下処理を行わせるために必要な論理的思考力を身につけるための学習活動を計画的に実施することととしている。その際、小学校段階において学習活動としてプログラミングに取り組む狙いは、プログラミング言語を覚えたり、プログラミングの技能を習得したりといったことではなく、論理的思考力を育むとともに、プログラムの働きやよさ、情報社会がコンピュータをはじめとする情報技術によって支えられていることなどに気付き、身近な問題の解決に主体的に取り込む態度やコンピュータなどを上手に活用してよりよい社会を築いていこうとする態度などを育むこと、さらに、教科等で学ぶ知識及び技能等をより確実に身に付けさせることにある。

引用:文部科学省

プログラミングとは、簡単に言うと「コンピュータが動くための『マニュアル』

そのコンピュータは、パソコンやスマホだけではなく、家電や自動車をはじめ、身近なものに入っています。

コンピュータをより効果的に使うためには、コンピュータが『動く仕組み』を理解することが大切です。

でもプログラミングを学ぶのは、IT業界の人だけで、普通の人は。。。

なお
なお

プログラミングと聞くと難しそうで避けたくなっちゃう

テル
テル

コンピュータが、どうやって動くかなんて気にしてない。。。

ひらめ
ひらめ

コンピュータは便利な『道具』なのに、難しそうなんて思って理解しようとしてないじゃん。。。

子供たちの世代はコンピュータがあることが当たり前の世の中になってきます。そんな子供たちには、不可欠な知識や考え方を学ぶために小学校からプログラミング教育を受けることになりました。

さらにプログラミング的思考(論理的思考)を育成することを目的にしています。

プログラミング的思考については別記事で詳しく解説します

プログラミングが教科にはならない

国語や算数、理科、社会、体育のようにプログラミングという時限が増える訳ではありません。

学習指導要領を読むと算数、理科、総合的な学習の時間の中で、プログラミングを体験しながら、論理的思考力(プログラミング的思考力)を身につけるための学習活動を取り上げるように例が上がっています。

つまり、算数の授業中にプログラミングを学ぶ、理科や総合的な学習の授業の一環としてプログラミングに触れるというのを推奨しているようです。

なお
なお

プログラミングの授業がある訳じゃないんだね

ひらめ
ひらめ

小学校では考え方、中学校で実際のプログラミングを学ばせたいような感じだね

小学生では、プログラミングは体験、考え方を身につけ、中学校、高校の学習につなげていくことを目的にしています。

ちなみに有識者会議「議論の取りまとめ」では次のように年代が上がるにつれて、本格的なプログラミング教育を行うことを目的にしています。

  • 小学校
    身近な生活でコンピュータが活用されていることや、問題の解決には必要な手順があることに気付くこと。
  • 中学校
    社会におけるコンピュータの役割や影響を理解するとともに、簡単なプログラムを作成できるようにすること。
  • 高校
    コンピュータの働きを科学的に理解するとともに、実際の問題解決にコンピュータを活用できるようにすること。

プログラミングに触れる機会

小学校のプログラミング教育は、プログラマーの育成が目的ではありません。

そのため、コード(プログラミング言語)を覚えるような授業もありませんし、プログラミング言語のテストもありません。

小学校からプログラミング教育を始めることによって

  • コンピュータに対する『苦手意識をなくそう
  • プログラミング的思考を身につけ、問題解決力をあげよう

学習指導要領や、小学校のプログラミングの手引きを読んだ限りでは、難しいプログラミングを噛み砕き、苦手意識を取り除くことを目的にしているようです。

プログラミングを知らなくても、全然問題はありません

子供たちの柔らかい頭なら、すぐに馴染むような授業内容になりそうです。

テル
テル

親にプログラミングを聞くことは無いな。ひと安心。

ひらめ
ひらめ

プログラミング的思考』と呼ばれる論理的な考え方の基本は聞かれるかもよ。

テル
テル

そうなのか?!

ひらめ
ひらめ

日本人が苦手としてることだからね。勉強しておいた方が良いかも。。。

小学校のプログラミング教育は、コンピュータを快適に使うための初歩です。どんな子供でも馴染めるように指導をされるハズです。

心配はいりません。

ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました