副業で生活できるしたい。サラリーマンを辞めて起業するためにも副業は大事。

仕事・働き方
スポンサーリンク

「会社を辞めたい」

切実な願いですよね。

社畜としてこのまま、会社にこき使われて後、何十年も働くのか、それとも起業して自由気ままに生きていくのか?

最近の私の大きな悩みは「会社を辞めた後、どうするのか」

残念ながら私には「会社のために」働くと言う気持ちがコレぽっちも残っていません

働くことが嫌なのではなくて、好きでもないことをしないといけないのが嫌なのです。

元々、会社人にはなれない、社会不適合者の私ですが、40歳を過ぎて残り人生の半分をやりたくもないことをしないといけないと思うと気が滅入ってしまいます。

かと言って今すぐに収入がなくなるとカミさんと二人の息子が路頭に迷ってしまいます。どうしたものか。

会社にいるうちに出来るだけ、おいしい蜜を吸い、出来るだけ早く生活が出来るくらい稼げる手段を見つけなければなりません。

そのためにはどうするか?

少しでも早く副業を初めて自分で稼ぐ方法を身につける。それしか方法はない。

サラリーマンとしての本業

私は、IT業界でサラリーマンをしています。

クソの役にも立たない仕事なんかも、会社の命令でやらなければなりません。

面白くもない仕事でも給料のためにやらなければいけないのは、サラリーマンとしてしょうがないことなのかもしれません。

でもね。それって必要?

私も家族がいなければ、やりたくないことなんて全部お断りして自由気ままに好きなことをしてお金を稼ぎたいと思うんですよ。

ただ、一家の大黒柱として家族が待っている給料のためだけに、貴重な時間を会社に売っている

本業への不満

私は、サラリーマン時代に(今もですが)ソコソコ頑張っていたので、自分で言うのもなんですが、それなりの技術もあるし、知識もあります。

ホームページのデザインや制作、SEOを考えたコンテンツの制作なんかも得意です。

私がやりたい仕事は、やっぱりWebでのマーケティングやWebのデザインなんです。

私のつとめている会社はSES契約で、SEやプログラマーを派遣して1人月いくらの派遣業がメインの事業です。

そうすると私のやりたい仕事ではない仕事を振られることが多い。

副業で稼ぐ

私は好きなことをさせてもらえるうちは、会社に所属をしていても問題ないと思っています。

ただ、やりたくないことはやりたくないんですよね。

そして社会不適合者の私には「会社のために」働くなんて気はサラサラありません(笑)

私の目的と会社の目的が一致したときは、頑張って仕事をしますが、そうじゃなければ、残念ながら働きたくはありません。

私は今、会社に内緒で稼いでいますが、まだまだ本業を越える程、稼げていません。

将来的には、今行っている副業一本で家族を養えるようにならなければ、会社を辞めることは不可能かと思います。

なので、小遣い稼ぎの副業と言うよりは、本気で副業にチカラを入れています。

副業は起業するための準備

現在進行形で行っている副業は、ブログを含めて4つ。

このブログもお金を稼ぐために始めると宣言していた割には、方向が定まらず、雑記ブログとしてPVを集めている状態です。

色々と試行錯誤できるのも魏業する前の準備としての副業だからだと思います。

ダメだったら違うことをすれば良いし、ダメであればダメなりの経験を積むことが出来るからです。

本気で副業で稼ぐと思い始めて約半年ですが、小遣い程度の収入にしかなっていません。

今年中に起業の方向性を決める

私の中では、今年いっぱいを起業のタイムリミットと決めて生活できるくらいの収入を確保できるようにしたいと思っています。

ブログだけでなく、アフィリエイトサイトの制作も含めて、ある程度の方向性が見えてきました。

後は、私のブランディングを行い、ホームページデザインや制作、SEOコンサルなんて言うのもアリかとも考えています。

副業はサラリーマンが起業する前に実験の場

若い人たちの副業と違って、中年サラリーマンが行う副業は家族の生活も掛かってきます。

夏の間は、ちょっと本業が忙しくてなかなか副業の方にチカラが入れられませんでしたが、起業までのタイムリミットを切り、もっと真剣に副業にチカラを入れていきたいと思います。

副業で稼げないのであれば、サラリーマンとして生きていくしかありません。

自分の実力はそんなものだったと諦め、会社にこき使われて一生を過ごすことになります。

本気で起業をしたいのであれば、本気で副業を行い、結果を出さなければならない。

厳しい戦いになりますが、少しずつ結果が出始めているので頑張っていこうと思います。

もし、私のようにサラリーマンを辞めたいと思い、副業をはじめるのであれば、それなりの覚悟が必要だと思いますよ。

サラリーマンを辞めても稼げるように頑張っていきましょう!!

最後までお読みくださりありがとうございます。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

ひらめをフォローする
スポンサーリンク
第18研究室

コメント

タイトルとURLをコピーしました