サラリーマンを辞める理由。できる人ほど損をするのが会社員

仕事・働き方
スポンサーリンク

昔は右肩上がりで経済が発展していたので、会社でサラリーマンをするメリットが大きかったと思うのですが、現在はサラリーマンを続けるメリットは小さくなってきました。

経済が発展していたので会社の業績も右肩上がり。年功序列や終身雇用が当たり前の時代でした。その時代であればサラリーマンとして会社にいるメリットは大きかったと思います。でも今の世の中では、会社の倒産やリストラなど大手企業の企業でもニュースを賑わせています。会社が成長を続ける時代は終わりました。

会社が成長しないと言うことは、定年まで会社で働くことが難しくなってきます。年功序列や終身雇用など今まで当たり前だったサラリーマンのメリットが得られなくなるのです。

今は、仕事ができるようになったら独立した方が良い時代。仕事ができる人は会社にいれば損をする時代

なぜ、損をするかと言うと会社にいるメリットを作り出しているのは”仕事ができる人“だから。

サラリーマンのうち、恩恵を得られるのは、仕事をしない、もしくはできない人なんです。仕事ができるサラリーマンは損をしていく時代に変わりつつあります。

一昔前の常識は当たり前じゃない

古い会社の経営陣の人たちが若い頃は、高度経済成長期で日本の未来は明るいと言われていた時代です。会社は存続をしていれば発展し、その従業員の給料も当たり前のように上がっていました。

その時代のサラリーマンの常識で今の世の中を見ていることが間違っています。新入社員が仕事を覚えて活躍し始めるのは、だいたい30歳前後。その30代の年収が10年前より200万円も下がっていのです。

今の30代の人たちは、給料が下がっているのではなく、上がっていないんですね。だから文句を言わないんです。気づかない。

「不景気だから」と言われ続けてマヒしてしまっているのかもしれませんが、昔のように給料は上がらないのです。

30代の話をしましたが、全ての年齢でも同じ現象が起きていると思います。自分の年収が前年と比べて多くなっていると感じますか?

会社が成長していない、現状維持をしているので従業員の給料も上がらない。いつまで経っても同じ給料しか貰えないなんてことも可能性的にはあるのです。

誰がみんなの給料分の売上を上げているか

仕事ができなくても、会社にいればお給料がもらえる。コレってサラリーマンのメリットですよね。会社に自分の時間を売ってお金を稼ぐことがサラリーマンの本質じゃないでしょうか?

でもその分、誰が売上を上げているのです。それは仕事ができる人たちですよね。変な話ですが、給料以上に売上を上げることが出来ている人たちがいるからサボっていても給料が貰えるんです。

どうせ頑張っても給料が上がらないのであれば、人は頑張りません。サラリーマンは頑張らなくても給料が貰えるのが大きなメリット。

でも会社の売上がなければ、給料を払えません。仕事ができるサラリーマンはその人たちの分を稼いでいるのです。

仕事ができるサラリーマンは損をする

「会社のために」と頑張るサラリーマンが会社を支えています。頑張って仕事をこなし売上を上げる人たちの売上をみんなで分配しているのが会社です。

仕事ができる人は自分で商売をした方が稼げるんです。だってサボっている人や生産性の低い人たちの分も稼いでいるんですよ。その分の儲けは会社のために消えてしまうのです。

仕事ができるサラリーマンこそ、会社を辞めるベキ

一昔前みたいに会社の業績が右肩上がりで伸びていれば、将来、元を取り返すことができたかもしれませんが、この不景気の中では、元を取り返すことは不可能でしょう

それでもサラリーマンを続けるなら

先程もお話したようにサラリーマンである恩恵を得られるのは、仕事ができない、しない人だけです。仕事をしなくても毎日同じ給料を貰えるのはメリットが大きいですよね。

サラリーマンとしてのメリットを貰わない手はありません。サラリーマンを続けるのであれば、仕事をしなくてもお金を貰う側になれば良いのです。自分のタスク以上のことはやらない。自分のタスクが終わるのなら残業はしない。有給休暇を取るなど少しでも自分の時間を取り戻しましょう。

今の時代、会社が潰れない保証はありません。空いた時間を使って自分で稼ぐ仕組みを今から作っておくことが必要です。

仕事ができるサラリーマンは辞める時代

これからは、仕事ができるサラリーマンは会社を辞める時代になってきます。終身雇用などに頼らず、自分のスキルで仕事を選ぶことが簡単になってきています。
「転職を繰り返すことは良くない」「ひとつの会社で一生働くベキだ」といった発言は、今の世の中では時代錯誤な発言ととらえられてしまいます。

仕事ができるサラリーマンはヘッドハンティングやスカウトによってより良い条件の会社へ転職をしていきます。そうなると会社に残るのは仕事ができない、仕事をしない人たちばかりです。

そうなると会社はどうなるでしょうか?

サラリーマンのうちに稼ぐ仕組みを作る

何度も言いますが、サラリーマンのうちに稼ぐ仕組みを作る必要があります。最近ではテレビやインターネットでもよう聞くようになった『副業』や『週末起業』。

サラリーマンとして固定収入があるからできるチャレンジもあります。サラリーマンを辞めてからではリスクが大き過ぎますよね。

会社員として働いているうちに自分で稼ぐ仕組みを持っていれば、会社が嫌なら辞めるというオプションを持つことになります。

一生、会社のグチや文句を言いながら働く人生で良いですか? 出来るだけ早い時期に準備をしておかいた方が良いと思いませんか?

最後までお読みくださりありがとうございます。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

ひらめをフォローする
スポンサーリンク
第18研究室

コメント

タイトルとURLをコピーしました