会社を辞めるリスクはほとんどない。退職しても生きていける

仕事・働き方
スポンサーリンク

会社を辞めることにリスクがあると言っている人のほとんどは”会社を辞めた経験がない人”だと思います。私は新卒で入社した一部上場の大手企業を退職して、今は中小企業で仕事をしています。

会社を辞めことを周囲の人に相談すると必ず

会社を辞めるにはリスクがあるから止めた方が良い

と言いますよね。私は転職経験がありますが退職や転職にそんなにリスクがあるとは感じません。同じ会社に勤め続けている人が想像で言っているだけなんじゃないでしょうか?

退職をすること、会社を辞めることにどんなリスクがあるか考えてみようと思います。

会社を辞めて転職するのはリスクが高い?

ブラックな企業に入社して心も身体もズタボロになって転職を考える人、会社を辞めて起業し、独立しようと考えて退職する人など、会社を辞める人は増えています。日本政府も働き方改革などという良くわからない政策を打ち出し「働きやすい環境を整えましょう」と言っています。

世間の流れは、ドンドン起業をしやすくなり、ブラックな会社は淘汰されていくと考えられます。そうすると今より、もっと会社を辞める人は増えます。

本当に会社を辞めることはリスクが高いのでしょうか?

転職先なら腐るほどある

私は現在、43歳で妻と息子が2人います。

10年前に買ったマンションの住宅ローンが、後25年残っています。

私は新卒で就職してからIT業界でシステム開発を行い、最近ではWebの仕事をメインで行っていますので、転職をするにしても、独立して起業するにしてもWebやシステム開発を軸にビジネスをするつもりです。

試しにインターネットの転職サイトへ登録してみましたが、毎日、10件以上のスカウトメールが来ます。私の場合は開発からマネジメント、営業などひと通り、仕事として経験をしているので特殊かもしれませんが、40歳を過ぎても良い条件の転職先はたくさんあります。

家族を養いながら、ローンの返済をするくらいであれば、すぐに転職先はみつかります。

会社にいる方がリスクが高い

逆に、同じ会社にいる方がリスクが高いと思います。

同じ会社に勤めていると自身の成長が見込めないから。

5年同じ作業をしていれば、嫌でも必要なスキルは身につきます。そこからは惰性で仕事をこなせてしまいます。いくら眠かろうが、だるかろうが会社に行って時間を潰すことが出来てしまうのです。「今日の作業が遅れても、明日取り戻せる」と考えたりしませんか。

長い間、同じ会社に勤めている人で、毎日、100%のやる気とモチベーションで仕事をしている人は私が知っている人の中では皆無です。

同じ会社にいると「こんなもんで良いや」とか「頑張ったって給料かわらないし」とチカラを抜いて仕事をすることが当たり前になってくるのです。新しいコトをするなどの刺激が少なくなり、仕事も覚えているので何も考えなくてもこなせてしまう。

でも、その仕事は他の会社に行ったら通用しないと思ってください

現在は、大手企業でも倒産してもおかしくないし、リストラで会社をクビになるかもしれません。そんなときに同じ会社で同じ仕事をしているだけでは、他社では対応ができなくなります。

特に中小企業は、いつ倒産するかわかりません。倒産したときのリスクの方が高い。

会社を辞めることにたいしたリスクはない

「会社を辞めるにはリスクがあるから止めた方が良い」と言う人たちは、実際に会社を辞めた経験がない人たちです。実際に私は会社を辞めたことがありますが大きなリスクはありませんでした。

新しいコトを始めるメリットの方が私には大きかったと思います。出来ることしかやらない選択肢もアリだと思いますが私には向いていません。

後ろ向きに会社を辞めた経験はないのですが、自分の成長のため、もっと良い給料をもらいたいといった前向きな理由で会社を辞めることにリスクはありません。

会社を辞めるリスクとは?

会社を辞めるデメリットはたくさんありますがリスクはほとんどありません。

次の職場が見つからないリスクがあると考えると思いますが、そんなことはありません。

普通にある程度、真面目にサラリーマンをしていたのであれば、転職をして世の中の平均年収を稼ぐ仕事は、いくらでもあります。

起業して独立することだって可能です。起業して失敗したら、就職をすれば良いのです。

”何もしない”よりはリスクが小さい

転職はすぐにできる

思い切って転職をすることで色々な問題が解決する可能性があります。今はドコの会社も人手不足なので中途採用にチカラを入れています。

私も中小企業で採用の担当を兼任していますが、余程ダメな人でなければ採用します。その位、転職は簡単にできます。

転職や退職をすることにリスクがあるのであれば、今の仕事を続けることも同じくらいのリスクがあります。

私の個人的な意見を言うと、中小企業に頼っている方が将来的なリスクが高い。もちろん、将来性のある中小企業もたくさんあります。それならば、そういった会社に転職をすれば良いんです。

転職経験のない人は知らないことが多すぎる

さらに言ってしまえば、会社を辞めることが怖くなくなってしまえば、将来性のある会社への転職や企業のチャンスを得られることに繋がるのです。

会社を辞めるリスクについて話している人は転職経験がないので会社を辞めると再就職が出来ないと思っているだけなんです。

ひと昔前のように「転職を繰り返している人は採用しない」なんて考えている会社には行かなければ良いんです。あまり将来性がある会社だとは思いません。これから働く人材が減っていくのが目に見えているのに即戦力の中途採用を取らない会社に将来性があると思いますか?

平均年収くらいならどうにでもなる

ある程度、社会経験を積んだサラリーマンであれば、未経験の職種でも採用をしている会社もあります。もし技術を持っているならば、今の給料より多い収入を得ることも可能です。

会社を辞めるときの年収を保証してくれる企業も多数、存在しています。

余程、ブラックな会社でなければ、現在の給料より大幅に減少することはありません。年齢の平均年収くらいはどの会社でも出してくれます。そうでないと人が集まらないからね。

リスクがあっても問題ない

普通にサラリーマンをして社会を経験している人であれば、社会の基本的なことを理解できているハズなので問題なく、リスク回避ができます。

何より私が言いたいのは「安定を求めて楽しい?」って話です。

多少のリスクを負わなければ、リターンを得ることはありません。守りに入って現状維持では、移り変わりの早い現代では、おいて行かれてしまいます。

変化を求めるにはリスクがつきもの。そのリスクを怖がっていては、何も変わらないどころか、マイナスですよね。

会社を辞めるリスクがあると思っている人は、ドンドン衰退していくだけ。退職して新しいことを始められる人だけが生き残っていけるのではないでしょうか?

最後までお読みくださりありがとうございます。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

ひらめをフォローする
スポンサーリンク
第18研究室

コメント

タイトルとURLをコピーしました