楽しく生きるためには合理性より失敗だよ。失敗するから人生楽しい。

人生に合理性を求めたらつまらない 仕事・働き方
スポンサーリンク

最近よく思うのですが

人生に合理性を求めたら、生きていることがつまらなくなってしまう。」

会社でもそうだし、自己啓発本なんかを読むと

「行動の動機を明確にする」とか「行動の目的」とか「理由は?」なんて「合理的・効率的」に物事を進めることが良いこと。

なんて、考え方が正解みたいな感じですが。そうすると人生が一気に楽しくなってしまう気がするんですよね。もちろん、目標を決めて目標を達成するために最短ルートを突き進むためには良いこと。なんですが、人生に合理性を求めると、なんかつまらなくなってしまうような気がする。たまには無駄にバカ騒ぎするのも、人生には必要なのではないでしょうか?

人生は楽しい

私はどちらかと言うと人生を楽しんでいる方だと思います。学生時代も謳歌していたし、社会人になってからも、好きなことをしながら、ある程度稼げています。結婚しても、子どもが生まれても比較的、好きなことをしてきました(笑)

なんか、嫌なヤツですよね。好き勝手に生きているのに生きて行けている。多分、妬まれる原因です。

私は40代半ばの通称「ロスジェネ世代」なので、学生時代はバブルが弾けた後で、先輩たちのように派手にお金を使って遊んだ訳でもないし、就職活動のときも氷河期で大変だったと思う。でも、それ程、苦にもなりませんでした。

効率は悪いと思う

私の人生は効率的ではないし、合理的でもない(笑)。だから人生が楽しいんだと思う。

例えば、「お金を稼ぐためには、こうしなければならない」とか「父親として、こうあるべきだ」なんて言われたら、私は不適合者だと思う。

多分、常識にとらわれていないし、他人に期待もしていない。そもそも何か行動をするのに理由なんていらないよね? フィーリングってのが理由なんじゃないかな?

合理的に生きていたら楽しくない

合理的、効率的になんて考えるのは仕事だけで良いと思いませんか?

私は多趣味でオタクなので色々と深追いをしていますが、技術の発展で面白味が無くなってきていると感じることが多い。特に趣味でやっていることなんて合理的なことばかりじゃなくて、不便なことがあるから面白いんだと思います。

例えば、クルマだって自動運転や運転アシストなんてついていると便利だけど、運転すること自体の楽しさが減ってしまいます。不便だから楽しいってこと多いじゃないですか?

写真だってフィルムカメラでピントを合わせるとか、露出を合わせるとか不便だから趣味として面白いんだと思います。ただ記録として写真を撮るだけならスマホで簡単にきれいな写真が撮れます。合理的に生活するならスマホで良い。でも、趣味として楽しむなら不便が必要

すべてが合理的だったら生きているだけ

すべてを合理的に生きようと考えたら、変な話、家からも出なくて良いし、友達も作る必要がない。今の世の中なら技術的に可能です。ネットで稼いで、買い物もAmazonや楽天ですれば、その日のうちに届けてくれる。

すごく合理的な生活ですよね。でも、私はそんな生活は楽しくない。失敗するし、遠回りもする。その方が人間として血がかよっているって感じます。

合理性を求めるのは仕事だけ

仕事は合理性、効率化を求める必要があります。何故なら遊ぶ時間が欲しいから(笑)

こう見えても、私は仕事の評価が高い。合理的にバサバサと無駄を省くから。だって、無駄なことばかりしている時間がもったいないですよね。ぶっちゃけ、無駄なことを省くと敵も多いですよ。無駄なことをしてお金を貰っている人も多いからね。

同じことを繰り返すなんてシステムにやらせれば良い。その分、人生を楽しむ時間を作ろうよ。

私もハマりました

今でこそ、こんな話をしていますが、30代でバリバリ仕事をしていたときはプライベートも仕事中も合理性を求めていました。2,3年だけだけど目的のない行動はしたくないなんて考えていました。でも何も楽しくなかった。

余計なこと、自分を高められないことは絶対にやらない。意識高い系。でも、今考えると人生に余裕がない。つまらない男でしたね。

余裕を持って生きることの大切さ

ストイックに生きることも楽しいのですが、疲れるんですよね。何に対しても目的があると考えるとどうしてもチカラが抜けない。もちろん、頑張っただけ成長はしますよ。今考えても30代でストイックに生きるのは、その後の人生で役に立ちます。

大事なのは自分の気持ちに素直に生きること。

私のように好き勝手生きていると嫉妬されるけど、きっと私のことを嫉妬する人たちは、できないことをやっている、理想の生き方をしている私が羨ましいんだろう。

人生、楽しんだもの勝ちですよ。チカラを抜いて無駄なこともたくさん経験した方が、味のある人間になれるのではないでしょうか。

最後までお読みくださりありがとうございます。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

スポンサーリンク
ひらめをフォローする
第18研究室

コメント

タイトルとURLをコピーしました