二日酔いに効くサプリの成分は何?!つらい二日酔いを軽くしたい

生き方
スポンサーリンク

お酒を飲む前、飲んでいるときに、いくら二日酔い対策をしても飲み過ぎて、次の日に襲ってくる、つらい二日酔い。

頭痛や吐き気で

今日、いちにち使い物にならないな

なんて経験は誰にでもありますよね。僕も良く経験しています(笑)

二日酔いにならないように気をつけて飲むのが一番良いと分かっているんだけど、お酒を飲み始めるとノンストップで突っ走ってしまいます。

つらい二日酔いを解消する方法ってないの?

これだけ科学や医療が発展しているんだから、二日酔いになってしまった後に解消するサプリだってあるハズですよね。

二日酔いになる原因は、翌日に分解されないアルコールやアセトアルデヒドが体内に残っているからです。

二日酔いに効くサプリメントは

二日酔いに効くサプリメント
  • 肝臓の機能をサポートする成分
  • アルコール(アセトアルデヒド)を分解する成分

二日酔いを軽くする方法

二日酔いの原因はアルコールとアルコールが分解された物質のアセトアルデヒド。アルコールやアセトアルデヒドが体内の残っていることで頭痛や吐き気といった二日酔いの症状を引き起こします。

二日酔いになってしまったときは、体内にあるアルコールとアセトアルデヒドの分解を促進すること、そして体外に排出することが大切になります。

そのアルコールやアセトアルデヒドは肝臓で100%分解されます。また、体内のアンモニアや毒素を尿として排出するのも肝臓の役割です。

普段生活をしているだけでも働いている肝臓は、お酒を飲むことで大きな負担を強いられてしまいます。二日酔いのときは肝臓の働きを助ける必要があるんですね。

肝臓の機能を高めるために

肝臓は重要な働きをしています。アミノ酸から身体を構成するタンパク質を合成したり、アンモニア、アルコール、アセトアルデヒドなどの有害物質を分解して無毒化するなどなど忙しい臓器です。

体内に入ったアルコールは、肝臓で分解されます。肝臓がアルコールを代謝できる能力は体重が60~70kgの人で約5~9gと言われています。ちょっと少ないですよね。

なので、二日酔い対策としては肝臓の機能をサポートする必要があります。

肝臓の機能を高めるとされるウコン、タウリン(しじみ)、ヘパリーゼなどは肝臓の働きをサポートするので理にかなっていますよね。

肝臓機能を助ける成分

肝臓機能を助ける成分と言われているのは

オルニチン・タウリン・必須アミノ酸・ミネラル・セサミン・クルクミン・ビタミン類

二日酔いのベテランは、聞いたことがある成分もありますよね。

各成分についてまとめてみます。

【オルニチン】
オルニチンはアミノ酸の一種です。筋肉の合成を高めたり、疲労の軽減、肌の新陳代謝やアルコール代謝の促進を行う成分です。人間が生命活動を維持するために欠かせない成分です。
オルニチンが多く含まれる食品は、シジミ、だだちゃ豆、シメジなどがあります。
【タウリン】
タウリンはアミノ酸の一種です。ホメオスタシス作用という身体の恒常性維持に大切な作用を持っています。肝臓の解毒機能を強化し、アルコール障害にも効果的です。幹細胞の再生促進効果もあります。
【必須アミノ酸】
必須アミノ酸とは人間を構成するタンパク質を構成するアミノ酸のうち、体内で充分な量を合成できないアミノ酸です。必須アミノ酸は、トリプトファン、リシン、メチオニン、フェニルアラニン、トレオニン、バリン、ロイシン、イソロイシン(ヒスチジン)の8(9)種類があります。
【ミネラル】
ミネラルは体調の維持や調整に欠かせない栄養素です。日本では13元素(亜鉛・カリウム・カルシウム・クロム・セレン・鉄・銅・ナトリウム・マグネシウム・マンガン・モリブデン・ヨウ素・リン)が健康増進法に基づく食事摂取基準の対象として厚生労働省により定められています。
【セサミン】
セサミンはゴマに多く含まれます。人間が活動した時に発生する活性酸素の除去に効果的な成分です。活性酸素は細胞を傷つけたり、老化の原因にもなる物質です。セサミンは肝臓の機能を高め、肝臓を保護する働きがあります。また、肝臓の活性酸素を除去する働きもあります。
【クルクミン】
クルクミンはウコンなどに含まれるポリフェノールの一種です。クルクミンには二日酔いの原因となるアセトアルデヒドを分解する働きがあります。漢方の原料として昔から使われていて、肝機能の強化や解毒作用を高める働きもあります。
【ビタミン類】
ビタミンCは二日酔いの原因となるアセトアルデヒドを分解する効果があります。アルコールが肝臓で分解されるときにはビタミンB1が大量に消費されます。また、ビタミンC、B群には肝臓の代謝を助けてアルコール分解を促進する働きがあります。

二日酔いに効くサプリメントは、このような成分が多く含まれているものが望ましいです。

二日酔いに効くサプリ

シジミやヘパリーゼは、肝臓の機能をサポートするサプリです。そして、ウコン系のサプリはアルコールやアセトアルデヒドの分解する成分を含んでいるサプリになります。

二日酔いがつらいときは

二日酔いに効くサプリメント
  • 肝臓の機能をサポートする成分
  • アルコール(アセトアルデヒド)を分解する成分

の二種類を飲むのが良いのではないでしょうか。

水分とブドウ糖も大切

サプリで肝臓機能をサポートをすることで、つらい二日酔いを軽減ができますが、二日酔いのときは、アルコールの利尿作用によって体内の水分が不足しています。

水分を補給することで、血中アルコール濃度を下げることも期待できます。

また肝臓がアルコールの分解を行っているときは糖新生機能が働きにくくなるます。二日酔いの朝に頭をシャキッとするためにも、ブドウ糖を補給しましょう。

ブドウ糖の補給には「森永ラムネ」がおすすめです。

できるなら二日酔いにならない飲み方を身につけたいですよね。二日酔いになると毎回、反省しています。

飲む機会が多くなると二日酔いになる確率が高くなってしまいますが、出来るだけ症状が重症にならないように気をつけましょう。

お酒を飲む機会が増えそうなときは、サプリを飲んで体調を整えておくことも重要です。僕はウコン系のサプリより、しじみ系のサプリの方がカラダに合うので「しじみん」が良いと思います。

ウコン系サプリがカラダに合うかもしれないし、シジミ系のサプリがカラダに合うかもしれませんが、どちらのサプリも飲み続けることで体調がよくなるようですよ。

最後までお読みくださりありがとうございます。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

ひらめをフォローする
スポンサーリンク
第18研究室

コメント

タイトルとURLをコピーしました