初めての台湾。仕事ですが。。。

生き方
スポンサーリンク

初めて台湾に行ってきました!!

第一印象ですが、台湾は元気!!

台湾の新竹と言う街に滞在したのですが、街に活気があり、とても良い印象でした。

私は、言葉が何にも分かりませんでしたが(笑)結構、日本語とインチキな英語でどうにか滞在中は誤魔化せましたよ!!

今回は、仕事関係での渡航でしたが、今度は観光で来たいですね。

台湾の歴史

台湾は、中国本土に統治されていたり、オランダやスペインの植民地だったりしたそうです。18世紀になると中国こら漢人の入植が始まり、多くの漢人が住むようになりました。

元々、台湾には10余の民族が住んでいたそうですが、中国の福建省から多くの人が引っ越してきたため、中国語が、公用語として普及したと言う背景があるようです。

今では、中国語と異なり、台湾語として発展していますが、やはり漢字を用いる文化です。なので、私たち、日本人が知っている漢字で筆談をすれば、なんとなく理解して貰えます。

日本統治時代

19世紀末になると日清戦争で勝利した日本が台湾を植民地として50年近く、統治していたそうです。

今でこそ、台湾の人たちは、親日家が多いのですが、植民地時代は、日本も虐待などをしていたのではないでしょうか。何となく引け目を感じますよね。

日本が統治していた頃は、インフラの整備なども行なっていたそうです。せめてもの救いですよね。

1911年

現在の台湾のルーツとなる中華民国が1911年に中国大陸で成立ました。今の台湾でも、この1911年を元年とする中華民国暦が使われています。

そして太平洋戦争で敗戦した日本から中国(中華民国)に領有権が移され、中華民国の台湾統治が始まりました。当時の中華民国は蒋介石(しょうかいせき)が率いる国民党が代表政権でしたが、毛沢東率いる共産党との内戦になりました。

毛沢東が率いる共産党との内戦で大陸を逃げながら国民党は、台湾に辿り着いたそうです。

その後、中華民国は国連からも離脱し、中国本土は中華人民共和国として国際社会に認められることになりました。台湾は国として認められず、中国の一部として国際社会から認識されるようになります。

現在の台湾

台湾は複雑な過去がある土地のようです。私も今回、台湾に行かなければ残念ながら知ることはなかったと思います。

詳しい台湾の歴史については、これから勉強するとして現在の台湾の印象についてお話したいと思います。

台湾の印象ですが、本当に元気です。

新しい技術と古い技術が混在し、「オールウェイズ~三丁目の夕日」の頃の日本のような雰囲気もあり、スマホなどの現代の技術も駆使している雰囲気もあり、とても良い印象を持ちました。

ちょっと偏った見方ですが、現在の台湾についての印象をご紹介します。

バイク(スクーター)が多い

私が滞在していた新竹という街は、駐車場が少ないと言う事情もあるのでしょうが、スクーターの数が多いです。朝の通勤時間にホテル前で観察していると幼稚園の送り迎えもスクーターで行なっているようです。

子供と二人乗り、三人乗りで雨の中、カッパを着てスクーターに乗っている姿を何台も見かけました。

因みに自動車も多く走っています。

トヨタや三菱、ホンダ、マツダの日本車やBMW、メルセデス、アウディもたくさん走ってしました。イメージ的に日本車、ドイツ車が多いようです。

ヒュンダイなどもチラホラ走っていますが、日本車、ドイツ車が8割を占めているのではないでしょうか。

信号の変わるタイミングを表示

交通事情ばかりで申し訳ないんですが、台湾では信号の変わるタイミングをカウントダウンで表示しています。

コレって便利ですよね。残り何秒で赤になるか一目瞭然。

セブンイレブンやファミリーマートもある

日本と同じようにセブンイレブンやファミリーマートが街の中にあります。

見慣れた看板を見るとホッとしますよね。

ホテルの近くにもセブンイレブンがあり、空き時間に偵察してきましたが、日本のコンビニと変わらない。もちろん、台湾語での対応でしたが、置いてある商品も日本とほとんど変わりありませんでした。

オシャレなヘルメット屋

台湾はバイクが多く、調べてみた結果、人口の1.8人に対して1台と言う驚異の普及率だそうです。

なので街の中にヘルメット専門店があります。子供用から大人用まで沢山のヘルメットがディスプレイされています。

私が日本で買ったヘルメットは、台湾のヘルメットに比べて地味ですねえ。若い子たちは、男の子も女の子達もオシャレなヘルメットを被っています。

一応、交通ルール的には3人乗りは違反のようですが、幼稚園の送り迎えはスクーターの足置き場に子供を乗せて走っているバイクを何台も見ました。

良いか悪いかは、別として子供達もバイクに触れる機会が多いんですね。

足ツボマッサージ

台湾と言えば、足ツボマッサージ。と言うことで行ってきました。

足湯をしながら上半身のマッサージを受け、その後足ツボマッサージをしてもらいました。長旅で足がむくんでいたのか、マッサージが終わった後、靴が緩くなった感じを受けました。

2泊3日の短い滞在でしたが、色々と勉強になりました。

仕事仲間の李さんにあちこち、連れて行ってもらいましたが、何を食べても美味しいし、日本文化との違い、台湾の歴史なんかも教えてもらいました。

また、台湾に行きたいですね。今度はゆっくりと観光が出来ると良いと思います。

台湾からヘルメットを持って帰ってくることが出来るなら、おしゃれなヘルメットが欲しいなあ。

最後までお読みくださりありがとうございます。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

ひらめをフォローする
スポンサーリンク
第18研究室

コメント

タイトルとURLをコピーしました