女性と会話が続かない男性必見。女性との会話が弾むトークテクニック!!

女性に嫌われないトークテクニック 生き方
スポンサーリンク

女性と仲良くしたい。仲良くならなくても嫌われたくない。と思いますよね。仲良くなりたいと思って会話をしようとするのに話せば話すほど女性に嫌われてしまっている。。。なんてことありませんか?

男同士では比較的、会話で盛り上がることができるのに女性との会話が盛り上がらない。緊張もあるけど、何を話せば盛り上がるのかが分からない。

女性と会話が盛り上がるコツがあります。男同士の会話と男女間の会話は違います。男性が楽しいと思う会話と男性が女性とする会話は別モノ。

男性は、なんだかんだと言っても女性と仲良くしたい。仲良くなるためにはコミュニケーションを取らないとなりません。でも男性の会話と女性の会話では考え方が違います。

その違いが分かれば、あなたも女性との会話で盛り上がることができますよ。

女性の会話の目的

女性同士で盛り上がっている会話を男性が聞くと意味不明に感じます。なんの脈絡もないし、話題があっちに行ったり、こっちに行ったり、同じことを繰り返したり。何について話しているか理解ができない。

男性に取って会話は目的がありますよね。伝えたいこと、聞きたいことなどの情報交換やあるコトについての議論など必ず目的がある。

仕事でも「要点は何?」とか「何が言いたいの?」なんて話をするし、飲み会でも何かについて議論することが多くありませんか?

そのスタンスで女性と話すと残念ながら女性からは、会話が楽しくない男とレッテルを貼られてしまいます。

女性が会話に求めるのは『共感』と『理解』。

別に話す目的がある訳ではありません。話すことで共感をしてもらいたい。理解してもらいたい。と言うのが女性の会話の目的です。

なので脈絡もないし、話が飛んでも彼女たちは関係ない。

共感をしてくれる人に心を開く

女性は話をして共感をしてくれる人に心を開きます。つまり好意を持つ。女性が話をして共感をしてくれる男性に対して「良き理解者」だと認識をします。簡単に言えば味方、仲間だと思います。

女性は、自分の意見や価値観、感情を理解してもらうために会話をしています。その意見や価値観を認めて欲しい。と言うのが女性の求めていることです。

聞くことが大切

例えば、あなたが飲み会などで仕事のグチを言うとき(私は仕事仲間と飲むときは良くグチを言います)何かアドバイスが欲しいと思いますか?(私がグチを聞いてもらっているときは、アドバイスより共感して欲しい)

女性は、この気持ちが男性の何倍も大きい。グチを言うときは、ただ聞いてくれるだけでスッキリするじゃないですか。あの感覚が女性は強い。

この感覚が分からないと女性との会話を盛り上げることは難しい。

女性との会話は距離感を縮めてから

女性は基本的に警戒心が男性より強いです。何故かというと男性より女性は弱い生き物だと深層心理で認識をしています。群れるのが好きなのも集団でいる方が危険が少ないから。

女性の会話は、お互いに共感できるか、信じて大丈夫かを確認することを目的にしています。まずは距離を縮めるために会話をしないといけません。

目的のある会話は、距離が縮まった後

伝えたいことは仲良くなってから、伝えてください。まずは、仲良くなるために女性に合わせた会話をすることが大切

距離感を縮めるためのトークテクニック

女性と会話で盛り上がれるようにするためには、まずは女性との距離を縮めましょう。女性とお互いの価値観や感情を共感してみてください。

女性に共感することで女性との距離感が縮まります。話の脈絡なんて必要ありません。まずは女性に「良き理解者」だと思ってもらうことが大切。

まずは女性に共感する

女性は会話で求めているのは共感です。なので否定はもってのほか。アドバイスや否定、あなたの意見は求めていません。男性は、自分の意見がない人と話すと「こいつと話しても楽しくない」と思いますが、男性と女性は会話に求めていることが違います

女性が望んでいるのは共感、肯定です。「へぇ、そうなんだぁ」と女性の言葉を受け止めてあげる。その後に一言、加えることができれば、会話は弾みます。

女性「駅でコケて、超恥ずかしかったぁ」

男性「へぇ、そうなんだぁ。でも、○○ちゃん、頑張ってるし、いつでも明るくて会社のアイドルだよ」

女性「ありがとう(この人、私を認めてくれている、嬉しい)」

まずは女性の話を受け入れる。受け入れることで少しずつ距離が縮まっていきます。「へぇ、そうなんだぁ」と女性の話を聞き入れる。そして、女性と早く仲良くなるためには、スキがあったら褒めること。

そして褒めろ

先ほどの会話は、男性からすると違和感しかありませんよね。コケたという話をしているのに、会社のアイドルって。ツッコミたくなりますよね。でもソレで良いのです。

女性は会話に脈絡なんて求めていない。そして褒めらると認めてもらってる、良き理解者だと思ってくれ、一気に距離が縮めます。

世の中のチャラい男が何故、真面目で堅実な男性より女性にモテるかというとチャラい男は、今までの経験と感で自然に話を受け入れ、すかさず褒めているから。

女性の気持ちを感じろ

常識のある男性は、女性と話すとき「この娘は何を話して(伝えて)いるんだろう?」と勝手に論点を求め、アドバイスや自分の異見を話そうとします。男同士の会話であれば、それが普通です。

でも女性と話す場合は必要ない。むしろ、頭を空っぽにして会話をした方が女性との会話は盛り上がります。

高学歴な男性は頭の回転も良く、相手の話したいことを考え、自分の異見やアドバイスを論理的に話してしまう傾向があります。でも女性に嫌われないようにするには、何も考えないで話した方が良いです。

頭を空っぽにして女性の気持ちを感じてください。

真面目な話は後からで良い

女性と距離があるときに自分の意見を伝えようと思ってもなかなか伝わりません。どうしても男性は伝えたいコトを話そうとしてします。それは男同士なら普通のこと。会話の目的だから。

でも女性からすると楽しくない。女性の会話の目的は共感、理解です。まずは他愛もない会話をして共感してもらうことが大切。

女性との会話が苦手な男性は、女性が心を開く前に話を始めてしまいます。女性は感情で動く生き物です。そして警戒心が強い。なので、人として仲間、安全な人だと認めてもらわないと、いくら正しいことを言っても話が通じません。

伝えたいときは、女性に認めてもらってからにしましょう。

女性に嫌われないトークテクニック

男性との会話と女性との会話は使い分けなければいけません。男性と女性では、会話に求める目的が違います。男性は伝えるため、意見を求めることが多いですが、女性は共感をしてもらいたい。この違いをいつでも気にすることで女性との会話が弾むようになります。

女性と会話を弾ませるには、女性の言葉を否定しない。「へぇ、そうなんだぁ」と肯定する。そして早く距離を縮めたい場合、隙さえあれば褒める。共感をすることで女性との距離が縮まります。

女性との距離が縮まれば、ラクに話をすることができるようになります。初めは、なかなか難しいですが、経験を積むことで徐々に身につけることが可能です。

ついつい、おじさんになるとアドバイスをしたい。とか、自分の意見を伝えたいと思いますが、女性の話に共感をしていないと、ウザいおじさん認定をされてしまいます。女性に一度嫌われると元の関係に戻るのは難しい。

是非、この記事を参考にして、女性に嫌われないトークテクニックを身につけてください。

最後までお読みくださりありがとうございます。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

ひらめをフォローする
スポンサーリンク
第18研究室

コメント

タイトルとURLをコピーしました