二日酔い予防にはタコやイカを食おう『タウリン』が良いらしい

知識
スポンサーリンク

コンビニやドラッグストアで売られている栄養ドリンクで、お馴染みの『タウリン』なので耳にしたことがあるかもしれませんね。

タウリンとは、アミノ酸の一種で体内でも合成されているほど安全な成分です。

そのタウリンが、二日酔いに効果的だと言うことを知っていましたか?

タウリンは、タコやイカに多く含まれている成分です。居酒屋でも比較的簡単に食べることができる海産物に多く含まれています。タウリンは、お酒を飲むときに一緒に摂ると二日酔いの予防に効果的です。

お酒が好きでも二日酔いや悪酔いになりたくないなら、知っていて損はない知識です。タウリンが二日酔いに効く理由、そして、タウリンを多く含んでいる食材についてお話します。

二日酔い対策に『タウリン』

タウリンには、アルコールの解毒を助ける働きをはじめ、アルコールから肝臓や脳を守る働きがあります。なのでアルコール依存症を予防するなど、お酒を飲む上で効果的な成分です。

タウリンとは、硫黄を含むアミノ酸の一種で、人間の身体に最も多く存在しているアミノ酸。

タウリンにはお酒の分解を助け、二日酔いや悪酔いを防いでくれる効果があります。

二日酔いの原因は、アルコールが分解されてできるアセトアルデヒドという物質です。アセトアルデヒドによって二日酔いの頭痛、動悸などが引き起こされます。そのアセトアルデヒドの分解を助けてくれるのがタウリン。

昔から、お酒を飲んだ後に「しじみの味噌汁」が良いと言われるのは、しじみなどの貝類に多くのタウリンが含まれているからなんですね。

肝臓の働きとアルコールの影響

肝臓は、栄養分などを取り込んで身体に必要な成分をつくる『代謝』の働きをもった臓器です。

飲酒で口から入ったアルコールは胃と小腸から吸収され、血中に溶け込み、肝臓の運ばれます。肝臓内のアルコールはアルコール脱水素酵素などにより、二日酔いの原因となるアセトアルデヒドになります。

さらにアセトアルデヒドは肝臓内のアルデヒド脱水素酵素により、酢酸へと分解されます。この酢酸は体内で水と二酸化炭素に分解され、体外に排出されます。

タウリンが二日酔いに効果的なのは、肝臓の酵素の働きを助けてアセトアルデヒドの分解を早めるからなんです。

さらに最近の研究では、タウリンがアセトアルデヒドの分解で生成される酢酸と結合して尿として排泄しやすくなるという新しい作用が発見されました。

ちょっと難しい話になってしまいましたが、タウリンは二日酔いの原因物質の分解を助けるので、二日酔いに効くと言うことです。

お酒と一緒に『タウリン』

タウリンは、二日酔いの原因となるアセトアルデヒドの分解を促進するだけではなく、アルコールから肝臓や脳みそを守る働きもあります。アルコール依存症を予防するなど酒飲みが重宝する成分。

そんな肝機能を助けるタウリンですが、二日酔い対策として、どんなタイミングで摂るのが良いのでしょうか。

お酒を飲み始めたときから、肝臓はアルコール、アセトアルデヒドの分解を始めます。なので、少しでも早く分解の手助けを始めた王が良いと思います。

なので、タウリンはお酒を飲みながら摂ることが一番です。

つまみには海鮮が良い

タウリンは海産物に多く含まれています。

牡蠣やハマグリ、アサリ、しじみ、タコやイカ。マグロやサバの血合いなどにもタウリンが多く含まれています。

タウリンは熱や調理法によって変化はしにくい成分です。刺身はもちろん、揚げ物、焼き物など何でも摂取することが可能です。

居酒屋では「タコわさ」や「イカの一夜干し」、ハマグリや牡蠣などを中心に食べることで肝臓に良いタウリンが取れます。

ひとつ気をつけて欲しいのは、タウリンは水溶性であるということ。

寒くなってくると鍋料理などを楽しむ機会も増えてきますよね。そんなときは煮汁やスープなども一緒に味わいましょう。タウリンが溶け込んでいます。

タウリンと同時にタンパク質も摂取するようにしましょう。タンパク質はアセトアルデヒドを分解するために必要な酵素を活性化させるため作用があるためです。

二日酔いだけじゃない

タウリンは、アセトアルデヒドの分解を早めるだけではなく、酒飲みに一番大事な臓器、肝臓の働きを活発にする機能があります。

また、タウリンは血中のコレステロールや中性脂肪を減らしたり、脳や網膜にも良いそうです。さらに運動後に生じる筋肉痛もタウリンによって軽減させる効果が認められています。

二日酔いの軽減のために

もちろん、タウリンを摂取していれば二日酔い対策としてバッチリという訳ではありません。

二日酔いの原因は体内に残ったアセトアルデヒドです。アセトアルデヒドの分解を早めるためにタウリンは有効ですが、万能薬ではありません。

いくらタウリンを摂取しても、肝臓の分解能力を超える量のアルコールを飲んでしまえば、どうしても二日酔いになってしまいます。

楽しい飲み会だと飲み過ぎてしまいますよね。でも、お酒を飲む大人としての自覚を持ち、適量のお酒で止めておくことが、一番の二日酔い対策ではないでしょうか。

ではでは。

最後までお読みくださりありがとうございます。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

ひらめをフォローする
スポンサーリンク
第18研究室

コメント

タイトルとURLをコピーしました